え、ここはやっちゃダメ!? マンションをリフォームする際の注意点とは?


マンションも一戸建てと同じように老朽化したらリフォームを行う必要があります。
しかし、マンションには独特のリフォームの制約があるのです。
そこで今回はマンションのリフォームを行う際の注意点をご紹介しましょう。
マンションのリフォームを考えている方はぜひ一読してみてください。

マンションで個人がリフォームできる場所とできない場所とは?

マンションは集合住宅の一種ですので、ひとつの建物の中に専有部分と共有部分があります。
専有部分とは持ち主が自由にして良い部分です。
具体的にいうと部屋の中すべて。
つまり、水回りや壁紙・フローリングなどは持ち主が自由にリフォームすることが可能なのですね。
逆に共有部分とは、マンションの住人全体で使う場所です。
エントランスや玄関・階段・エレベーター。
そして部屋のバルコニーとドアも共有部分に当たるのです。
ですから、バルコニーや鍵を除くドアを勝手にリフォームすることはできないのですね。
その他にもマンションによっては部屋の中の梁や柱の一部・窓のサッシなども共有部分に指定されていることがあります。
自分のマンションの共有部分がよくわからないという方はマンションの利用規約を読んだり、管理人に教えてもらいましょう。
バルコニーや玄関のドアなど共有部分が破損したり、老朽化した場合は一度管理人に届け出て、マンションの指定の会社で自費で修理を行うという形をとります。

専用部分をリフォームするときでも届け出は必要

専用部分をリフォームする場合でも、勝手に行ってはトラブルのもとになります。
専用部分をリフォームするときは以下のような手順を踏みましょう。

  1. 管理人にリフォームを行うことを届け出る。
  2. 必要によってはマンションの掲示板等に工事の告知を出してもらいます。また、工事用車両の駐車場所なども話し合っておきましょう。
  3. 当日、必要ならば管理人立会いの下で共有部分を汚さないように養生します 。
  4. 両隣、上下の部屋の方にリフォームを行う旨を業者と共に報告します。
  5. リフォームスタート。

マンションリフォームの注意点 まとめ

いかがでしたでしょうか。
面倒なことも多いですが、たくさんの方が暮らすマンションだからこそ、一戸建てのリフォームよりも気を配る必要があるのですね。
これはあくまでも一例であり、マンションによっては独自の決まりごともあるかもしれません。
リフォーム前に必ずマンションを管理している会社に確認するようにしましょう。