知っておきたいオープンキッチンのメリット・デメリットについて


22803C85-FCA6-42D7-8C26-990D02BFB4C0

今は台所もオシャレにしたいという気持ちから、オープンキッチンに憧れを抱く人は多いでしょう。見た目もオシャレで使い勝手も良さそうなオープンキッチンですが、どんなものにもメリットがあればデメリットもつきものです。そこで、ここではオープンキッチンのメリット・デメリットをご紹介していきます。これからオープンキッチンの設置を考えている方、リフォームを考えている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オープンキッチンのメリット
  2. オープンキッチンのデメリット
  3. 業者選びのポイント

1.オープンキッチンのメリット

ダイニングとリビングとが1つにつながってオシャレな雰囲気あふれるオープンキッチン。そんなオープンキッチンのメリットについて、ご紹介していきましょう。

1-1.家族とのコミュニケーションが増える

オープンキッチンの最大のメリットといえば、台所で作業をしながらリビングにいる家族たちの様子を見ていられることでしょう。隔離されている台所と違って家族たちとの距離も近く、会話を楽しみながら台所での作業を行えます。こうして、台所での作業中も家族とかかわることでコミュニケーションが増え、より絆(きずな)の深い家庭を築くことができるでしょう。

1-2.小さい子どもでもお手伝いしやすい作り

オープンキッチンは全体的に壁や扉などの障害物もなく、広々とした作りになっています。そのため、複数人がキッチンに立っていても、狭く感じることはなく、子どもたちにお手伝いをさせやすい作りになっているといえるでしょう。子どもも気軽にお手伝いできるため、料理への関心を持たせることができます。

1-3.開放的だから快適に料理できる

隔離されているタイプの台所だと、熱がこもりすぎてしまったり狭苦しさを感じてしまったりするため、料理の時間が苦痛になる人も少なくありません。オープンキッチンの場合、隔離されたキッチンのように、閉鎖的ではないため快適な空間で料理を楽しむことができるでしょう。

1-4.障害物が少なく、移動しやすい

オープンキッチンは余分な壁や扉が設置されていません。そのため、料理を運んだり、リビングとキッチンとを行ったり来たりするときでも快適に移動しやすいのです。特に、扉や壁があると子どもや妊婦さんの出入りが大変だったり、場合によっては思いがけない事故につながったりする可能性もあります。そのような心配がないため、安心して作業を行うことができるでしょう。

2.オープンキッチンのデメリット

オシャレで最近多くの人が憧れているオープンキッチンですが、メリットばかりというわけではありません。どんなものにも、必ずメリットがあればデメリットがあるものです。そこで、ここではオープンキッチンのデメリットをご紹介していきます。

2-1.ニオイがリビングに広がりやすい

隔離されているキッチンであれば、料理しているときのニオイなどがリビングに広がりすぎることもありません。しかし、オープンキッチンの場合は障害物がない分、リビング全体にニオイが広がってしまいがちになるのです。料理を作っているときの良いニオイなら特に問題はないでしょう。しかし、生ゴミなど不快なニオイの元となるゴミの管理を怠っていると、そうした不快なニオイもリビングに広がってしまうため、注意が必要です。

2-2.主婦にとってプレッシャーがかかりやすい

オープンキッチンはオシャレなものですが、それは常にキレイにしてあってこそです。リビングから丸見えな状態となるため、お客さんが来たときでも目につきやすく、汚くなっていると一気にオシャレさが失われてしまいます。そのため、こまめな掃除が必要不可欠です。このため、主婦にとっては「汚くならないように維持しなければならない」というプレッシャーがかかりやすいといえます。

2-3.来客が落ち着けないことも…

友達やご近所さん、親戚が来たとき、リビングで待機しているお客さんからはおもてなしの準備をしているキッチンの様子が丸見えになります。人によっては、相手がせっせと作業している中で自分だけ何もしないのは申し訳ない…と考えてしまう人もいるため、注意が必要です。かえって気を使わせてしまう可能性もあるでしょう。

2-4.こまめに風通しをよくする必要がある

特に天ぷらなど、油で揚げる料理をするときの換気を怠っていると、リビングの窓やインテリアが油でベトベトになってしまいます。油を大量に使う料理をするときはもちろんのこと、こまめに換気をして油が部屋にこもりすぎないように気を付けていきましょう。

3.業者選びのポイント

もともと隔離されたキッチンになっているのを、オープンキッチンにリフォームしたいと考えている人もいらっしゃるでしょう。そこで、ここではそんなときに役立つ業者選びのポイントをご紹介します。

3-1.無料で相談にのってくれる業者がおすすめ

初心者にとっては具体的にどんなリフォームをすればいいのか、どのくらいのお金がかかってくるのか…など、知らないことだらけなものです。その状態のまま業者に頼んでリフォームを始めるのは、不安がありますね。そこで、気軽に無料相談できるような業者を選ぶようにしましょう。このような業者を選べば、不安な思いを抱いたままリフォームを行うこともありません。

3-2.所在地と電話番号を確認する

業者を選ぶときは、必ずその業者のホームページなどを確認し、所在地や電話番号の記載があるかを確認しましょう。所在地の記載がなかったり、電話番号が携帯電話だったりするような業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。そのような悪徳業者だと、何かしらトラブルが起こったときに、逃げられてしまう場合もあります。注意しましょう。

3-3.スタッフの資格なども確認しよう

優良業者には、しっかり建築の資格を習得したスタッフがいます。資格を持ったスタッフがいない業者は悪徳業者である可能性が高いので、できれば資格を習得しているスタッフがいるかどうかも確認するようにしましょう。

まとめ

オープンキッチンのメリット・デメリットに加えて、リフォームを考えたときの業者選びのポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? それでは、今回ご紹介したことをおさらいしてみましょう。

  • オープンキッチンのメリット
  • オープンキッチンのデメリット
  • 業者選びのポイント

オープンキッチンはオシャレで快適なものですが、やはりデメリットも少なからずあるものです。そうしたデメリットも把握した上で、実際に設置するかどうかを検討していくと良いでしょう。また、業者に相談することで、より明確にどうするべきかを判断していくことができるはずです。オープンキッチンの設置を考えている人は、とりあえず業者に相談してみることをおすすめします。