快適な住宅は太陽光にあり?日当たりが悪い部屋の対策をしよう!


日当たりは、住宅の快適性を高める大切な要素です。

日当たりの悪く暗い部屋を明るくすることは、住環境を快適なものにします。

暗い部屋や日当たりの悪い家の採光を改善するためには、照明や窓を追加するなどの方法があるのです。

日当たりが悪いと悩んでいる方のために、太陽光を有効活用して住宅を快適にする工夫や対策法をご紹介しましょう。

  1. 日当たりの悪い部屋の影響とは?
  2. 日当たりの悪い家の対策とは?
  3. リフォームで日当たりの良い部屋を手に入れよう!
    まとめ

1.日当たりの悪い部屋の影響とは?

1-1.住宅の日当たりをチェックしよう!

日当たりの改善を考える前に、住宅や部屋の状況を確認してみましょう。

【昼間に電気をつけないと部屋が暗い】

天気の良い昼間でも、電気をつけないと部屋が暗いというのは日当たりの悪い部屋の特徴です。

昼間にカーテンを開けても部屋が暗いというのは、日当たりの悪い証拠なので採光対策などが必要な住宅・部屋といえるでしょう。

【冬場に部屋が暗くなる】

夏場と冬場では日光の角度が大きく異なります。

日の高い夏場は日当たりが良いものの、冬場に日当たりが悪くなるというのはよくあることです。

住宅の日当たりをチェックする場合には、冬場の日当たりを基準にチェックしましょう。

1-2.日当たりの悪い家のデメリット

日当たりを改善するために、日当たりが悪い住宅のデメリットとはどのようなものかを知ることも大切です。

日当たりの悪い住宅・部屋のデメリットを具体的にご紹介しましょう。

【冬に暖房費用がかかる】

太陽光は部屋を暖める効果があります。

日当たりの悪い部屋は“冬場に部屋が冷える”という特徴があるのです。

部屋の日当たりは、冬場の暖房費用に直接影響のある要素になります。

日当たりを改善することで、冬の暖房費用を抑える効果もあるのです。

「日当たりが悪く部屋が寒い」という状況を改善して暖房費用を節約するのも一つの方法といえるでしょう。

【照明のための電気代がかかる】

暗い住宅や部屋では、照明を長時使用します。

電気消費の少ない照明も長時間使用することで、大きな負担になってしまうのです。

日当たりは、光熱費の負担を増やすデメリットがあります。

住宅な部屋の日当たりを改善して、光熱費の節約を考えてみましょう。

1-3.日当たりの良い家のメリット

“日当たり”は不動産取り引きでも重要になる情報です。

日当たりの良い家のメリットについてご紹介しましょう。

【太陽光によるリフレッシュ効果】

太陽光を浴びることは、気分のリフレッシュやうつ病の予防などに効果があります。

日当たりの良い部屋は、多くの人によって住み心地の良い場所なのです。

【部屋の湿気が少ない】

日当たりの良い部屋は“風通しの良い部屋”であるといえるでしょう。

風通しの良い部屋は、湿気がたまりにくく湿気によるカビの発生を防ぐ効果もあります。

住宅の日当たりは、気分だけではなく健康にも大きな影響を与える大切な住環境といえるでしょう。

2.日当たりの悪い家の対策とは?

2-1.日当たりの悪い原因を特定しよう

住宅や部屋の日当たりを改善するにあたり、原因を特定することが大切です。

日当たりが悪くなる原因と対策についてご紹介しましょう。

【外構に原因がある】

壁や塀はプライバシーを守るために大切なエクステリアなのですが、日当たりを悪くする原因になります。

エクステリアによって悪化してしまった日当たりは、リフォームによって改善可能です。

【周囲の住宅による遮光】

住宅密集地では周囲の住宅の影響によって日当たりが悪くなるということがあります。

日当たりが悪い住宅のほとんどは、周囲の環境による影響といえるでしょう。

周囲の住宅による日当たり対策は“窓の追加”“照明の追加”などが有効な対策です。

2-2.エクステリアリフォームで日当たりを改善する

エクステリアによって悪化してしまった日当たりは、エクステリアのリフォームによって改善可能です。

最近では、プライバシー機能を維持したうえで光を効果的に住宅に取り込むエクステリアなども多くあります。

住宅の状況によって最適なエクステリアを選ぶことは、快適な住宅作りでは非常に重要です。

壁や塀によって日当たりが悪い場合には、エクステリアリフォームを検討してみましょう。

2-3.窓や照明の追加で部屋を明るくする

住宅の周辺が原因で日当たりが悪い場合には、あまり多くの対策をおこなうことができません。

効果的な対策としては、“明かり取り用の窓を追加する”“照明を追加する”などです。

【採光窓を追加する】

窓は換気・通気などの効果に加えて、光を取り入れる目的があります。

明かり取り用の窓である“採光窓”を追加するのは、日当たりの悪い住宅に太陽光を取り入れる効果的な方法です。

採光窓の追加は、住宅の耐震強度などにも影響を与えるため、施工はリフォーム経験の豊富な業者に依頼しましょう。

【照明を追加する】

部屋が暗いことによる対策の一つとして、足りない光を照明で補うというのも大切です。

不自然な光にならないように、間接照明を使うことで自然に近い光が再現できます。

照明の追加には取り付け工事や電気工事が必要になるので注意が必要です。

追加する照明は、リフォーム業者と相談をして最適な照明を選びましょう。

3.リフォームで日当たりの良い部屋を手に入れよう!

3-1.部屋の間取りを変えて光を取り入れよう

部屋によって日当たりが異なるというのは、部屋の間取りに問題があります。

リフォームによって間取りを変えることで日光を効率よく部屋に取り入れることができるのです。

住宅の各部屋にバランス良く太陽光を取り入れるためにも、リフォーム計画をしっかりと立てるようにしましょう。

間取りの変更は専門的な工事などが必要となるので、トータルリフォームのできる業者に依頼することが大切です。

3-2.エクステリアで部屋に太陽光を取り入れよう!

日当たりの良さとプライバシーの確保は非常にバランスが難しいものです。

住宅に合わせて最適なエクステリアを作ることで、効率的に太陽光を部屋に取り入れることができます。

太陽光を取り入れることのできるエクステリアについてご紹介しましょう。

【ウッドデッキ】

ウッドデッキでは太陽光の反射によって室内を明るくする効果にほかにも、リビングの解放感を高めることで間接的に部屋を明るくする効果があります。

目隠し効果の高いウッドデッキもあるため、部屋の明るさと解放感が欲しいという方におすすめのエクステリアです。

【ガーデンルーム】

ウッドデッキよりもさらに太陽を利用したい場合に便利なのが、ガーデンルームです。

ガーデンルームでリビングの空間を拡張して、リビングを整理することで効率的に太陽光を部屋に取り入れることができます。

リビングを拡張して、部屋を明るくしたいという場合にはガーデンルームがおすすめの日当たり対策です。

3-3.部屋を明るい色にリフォームする

明るい色は多くの日光を反射します。

床・壁紙・家具などに暗い色を使用してしまうことで部屋が暗くなってしまうということもよくあることです。

明るいイメージを高めるためにも、部屋を明るい色にリフォームするというのも重要な対策になります。

日当たりの悪い家でも、工夫しだいで部屋が明るくなるのです。

太陽光を取り入れるようにリフォームするというのは、専門的な知識や技術が必要になります。

経験の豊富なリフォーム業者に相談しながら、住宅に最適なプランを立てて快適な住宅を手に入れましょう!

まとめ

住宅の日当たりは非常に重要な住環境の一つです。

日当たりを改善することで、住宅は非常に快適な住環境を実現できます。

太陽光を効率的に部屋に取り入れるためには“採光窓”の取り付けや“エクステリアリフォーム”などが効果的な方法です。

立地的に日当たりの悪い住宅・部屋であっても工夫しだいで十分なり光を取り入れることができます。

住宅の日当たりを改善するためには、リフォーム計画が大切なのでリフォーム業者としっかり相談するようにしましょう。