屋根が雨漏りをする原因は何?原因別の対処方法を詳しく伝授します!


屋根の雨漏りは、日常生活に支障が出るだけではありません。
そのままで放置することは、家が傷む原因になることでしょう。

  1. 雨漏りの原因には何がある?
  2. 雨漏りの応急処置や修復方法を紹介!
  3. 雨漏りを放置するリスクを知ろう
  4. まとめ

今回の記事は、屋根の雨漏りの原因と対処法について詳しく解説をした記事です。
屋根の雨漏りの原因や対処法について知りたい人は、ぜひ読んでください。

1.雨漏りの原因には何がある?

雨漏りの原因は、ひとつだけではありません。
では、雨漏りが発生する原因にはどんなものがあるのかを学んでいきましょう。

1-1.漆喰(しっくい)が傷んでいる

屋根の瓦(かわら)を固定している漆喰(しっくい)が傷むことは、雨漏りの大きな原因となるでしょう。
漆喰(しっくい)が傷むと、ひび割れや隙間(すきま)ができます。
屋根の漆喰(しっくい)のひび割れや隙間(すきま)から、雨水が染み込むと雨漏りの原因に。
漆喰(しっくい)は、数年に1回の割合でやり直すことを検討してください。

1-2.瓦(かわら)やスレートのひび割れ

何らかの原因で、屋根の瓦(かわら)やスレートがひび割れていると雨漏りしやすいでしょう。
たとえば、配線工事を行うときに、屋根に上がって踏んだり経年(けいねん)変化による材質が劣化したりなどが原因でひび割れてしまうのです。
しかし、瓦(かわら)やスレートが割れていても、住んでいる人は気が付きにくいでしょう。
雨漏り防止のためにも、瓦(かわら)やスレートの点検は大切です。

1-3.以前修理した部分からの雨漏り

今までに雨漏りの修理をしたことがある場合は、雨漏りの修理をした部分が再度問題が発生していることもあります。
理由は、修理の方法が不十分なことや雨風による変化などでしょう。
以前と同じような場所から雨漏りがしている場合は、修理した部分が傷んでいる可能性も高いですね。

1-4. 雨樋(あまどい)が詰まっている

雨樋(あまどい)には、雨水を地面に流す道としての役割があります。
しかし、長期に亘(わた)って雨樋(あまどい)の掃除をしていないと詰まっていることでしょう。
雨樋(あまどい)が詰まることは、思わぬ方向に雨水があふれて雨漏りの原因になります。
雨樋(あまどい)の掃除やずれが無いかどうかのチェックは、定期的に行ってください。

2.雨漏りの応急処置や修復方法を紹介!

では、雨漏りの応急処置や修復方法を紹介しましょう。
雨漏りがあった場合は、適切な応急処置や修復が大切ですよ。

2-1.バケツなどで家の雨水を受け止める

天井からぽたぽたと落ちてくる雨水は、バケツなどの容器で受け止めましょう。
そのまま放置すると、天井だけでなく床や畳にまで被害が広がってしまいます。
特に雨のひどいときには、容器からあふれるぐらいの雨漏りがあることも考えられるでしょう。
バケツなどの容器を置いたから大丈夫などと安心しないことが、大切です。
容器から雨水があふれていないかどうかも、チェックしてくださいね。

2-2.天井や壁などの雨水は拭(ふ)く

天井から雨水が落ちてくるほどの雨漏りでなくても、天井にしみ出る雨水はいらない布で拭(ふ)き取っておきましょう。
壁に染み込んだ雨水も、同様に処置してください。
天井や壁に染み込んだ雨水は、クーラーの除湿機能を使うことで早く乾燥を進めることができます。
とにかく、濡(ぬ)れたまま放置しないことが大切でしょう。

2-3.防水テープで処置する

ほかにも、雨漏りをしている部分を防水テープでの処置もあります。
ピンポイントで雨漏りが発生した場合には、防水テープを使うとその場をしのぐことができるでしょう。
ただし、防水テープを使用することでほかの部分に雨漏りが移動することもあります。
また、防水テープは耐久性に疑問が残る点からも応急処置のひとつとして考えてくださいね。

2-4.屋根をブルーシートで覆(おお)う

雨漏りがひどくて広範囲にある場合は、屋根をブルーシートで覆(おお)う方法が良いでしょう。
きちんとブルーシートで覆(おお)うことができれば、雨漏りの応急処置となります。
ただし、風が強すぎるときにはブルーシートが飛んでしまうことも考えられるでしょう。
屋根をブルーシートで覆(おお)う方法は、あくまでも応急処置として覚えておいてください。

3.雨漏りを放置するリスクを知ろう

雨漏りを放置することは、さまざまなリスクがあります。
どんなリスクがあるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

3-1.家の強度が弱くなる

雨漏りを放置すると、柱などの家の内部が腐食します。
すると、家の強度を十分に保つことが難しくなるでしょう。
家の強度が弱くなることは、地震などの自然災害が起きたときなどに大きく家が崩れてしまう原因になるので危険です。
雨漏りを放置することは、家の寿命を短くしてしまうことになるでしょう。
家の寿命を短くしないためにも、雨漏り対策はきちんと行ってください。

3-2.カビが発生しやすくなる

雨漏りを放置すると、家の中が常に湿っている状態になります。
すると、カビが発生しやすくなるでしょう。
カビが発生すると、ただ見た目が悪いだけではありません。
カビ独特の異臭を感じたり、場合によってはカビアレルギーを発症したりすることもあります。
カビは、人体にとって悪影響を与える存在です。
家にカビが発生することは、健康な生活を送るためには大きなリスクとなるでしょう。

3-3.シロアリなどの害虫被害に遭(あ)いやすくなる

雨漏りを放置すると、腐食が進んだりカビが発生したりするだけではありません。
シロアリなどの害虫被害に遭(あ)いやすくなることも、覚えておいてください。
シロアリなどの害虫は、適度に湿気を含んだ暖かい環境を好みます。
雨漏りで腐食が進んだ家は、害虫たちにとって良い住みかとなるでしょう。
害虫は、腐食した部分の柱を食べることで家の強度を弱くします。
また、糞(ふん)などによる健康被害も心配になるでしょうね。
いずれにしても、雨漏りが害虫発生につながることは多いことを認識しておいてください。

4.まとめ

屋根の雨漏りについて、原因と対処法・放置するリスクを学びました。
それでは、今までのポイントをまとめておきましょう。

  • 雨漏りの原因を正しく理解する
  • 雨漏りの応急処置や修復方法を学ぶ
  • 雨漏りを放置するリスクを理解する

屋根の雨漏りは、放置してはいけません。
正しい知識を学んだ後は、プロの業者に依頼して早急に対応してくださいね。