屋根が雨漏りする原因が判明! 正しい対処法と予防策も紹介します!


屋根から雨漏りがしているのは、一体何が原因なのでしょうか。雨漏りがひどくなるほど、どんどん不安な気持ちが大きくなりますよね。何とか対処したくても、どのようにすればいいのか分からない方が多いはずです。まずは、屋根から雨漏りが起きている原因を突き止める必要があります。原因がつかめれば、正しい対処法と予防策も立てられるのです。本記事では、屋根の雨漏り原因や対処法などを解説します。

  1. 屋根の雨漏り原因は?
  2. 屋根の雨漏りが起こったらすべきこと
  3. 屋根の雨漏り修理と費用は?
  4. 屋根の雨漏りに関してよくある質問

この記事を読むことで、屋根の雨漏りが起きたときの正しい対処法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.屋根の雨漏り原因は?

屋根の雨漏りを正しく修繕するためには、原因を把握することが大切です。なぜ屋根から雨漏りが発生するのでしょうか。

1-1.屋根本体の経年劣化

1番に考えられる原因は、屋根本体の経年劣化です。屋根剤や塗料には種類ごとにそれぞれ寿命があります。具体的な寿命は異なりますが、だいたい10~20年です。また、メンテナンスを怠っていると寿命よりも早く劣化を迎えてしまい、屋根から雨漏りが発生する可能性が高くなります。屋根は雨や雪の影響を受けやすいところなので、建物の中でも劣化スピードが速いでしょう。

1-2.ルーフィング(防水シート)からの雨漏り

屋根本体や板金の下に敷きこむ防水シートのことをルーフィングと言います。現在はアスファルトが主成分の化学製品が使われていますが、従来は薄い木の板でできていました。ルーフィングは屋根材や板金から漏れた雨水を防ぐ役割を担っていますが、機能が正常に働かなくなるとそこから雨水が浸入し雨漏りが発生します。一般的に、ルーフィングは20~30年が耐久年数と言われているため、20年以上経過している場合はルーフィングの機能が低下していると考えていいでしょう。この場合は、ルーフィングを新しくすることで雨漏りが解決できます。

1-3.雨仕舞(あまじまい)板金の経年劣化

建物内部に雨水が入り込まないための防水施工を、雨仕舞と言います。この雨仕舞に使われている板金の経年劣化によって、屋根から雨漏りが発生することがあるのです。経年劣化がすすむと、板金がサビてへこんだり、穴が開いたりしてしまいます。近年は、耐久性の高いガルバリウム鋼板などが使われていますが、古い建物はほとんどがトタンです。トタンの耐久性は低いので10年程度で穴があく可能性があります。また、屋根の最頂部にある棟板金(むねばんきん)は、強い風や雨による影響を受けやすいのが特徴です。そのため、屋根本体の劣化よりも、板金の劣化で雨漏りが起きるケースが多い傾向にあります。

1-4.施工不良が原因になることも

経年劣化よりも可能性は低いのですが、屋根工事業者の手抜きや施工不良による雨漏りも原因の1つです。たとえば、屋根と外壁部の納まりが悪くなると、そこにすき間が生まれ雨水が浸入します。また、屋根瓦の場合、屋根の内部に入り込んだ雨水を出すためにわざと屋根瓦と屋根瓦の間にすき間を作るのですが、これを勘違いしシーリングなどで埋めてしまう人がいるのです。その結果、入り込んだ雨水が排出されず、室内に雨漏りとして出てきてしまいます。工事を行う者の知識と経験不足で雨漏りが発生することもあるのです。

2.屋根の雨漏りが起こったらすべきこと

屋根の雨漏りが起こったとき、まずチェックしてほしいことと応急処置の方法などについて解説します。

2-1.雨漏りの発生箇所を把握する

できる範囲で構いませんので、まずは雨漏りが発生している場所を把握しましょう。どこから水がポタポタ落ちてきているのか、大まかな場所を把握することで水の浸入経路が判明しやすくなります。発生箇所を確認すると同時に、別の場所でも雨漏りが起きていないか一緒にチェックしてください。雨漏りを発見した場合、すでに違う場所で同じ現象が起きている可能性があるからです。ただし、原因を突き止めるのは素人では難しいため、詳しい点検はプロの業者にお願いしましょう。

2-2.天井に雨染みができていないか確認する

実際に雨漏りが発生していなくても、天井に雨染みが発生することがあります。天井の雨染みは雨漏りと同等です。天井に雨染みができている場合は、屋根からの雨漏りの可能性が非常に高いと言えるでしょう。主な原因は、屋根と屋根がぶつかる場所に穴があいたことです。雨水が集まってくる場所なので、板金で水が流れるように作られていますが、雨水が集まる場所ということは雨漏りしやすい部位となります。

2-3.自分でできる雨漏りチェックポイント

自分で簡単にできる雨漏りのチェックポイントを以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 屋根の裏側、屋根と天井との間にできる空間(小屋裏)をチェックする
  • 壁紙が浸水していないか、カビが生えていないか
  • 外壁に小さなヒビ割れが起きていないか
  • 雨樋(あまどい)にゴミが詰まっていないか
  • 屋根材のヒビ割れやズレが起きていないか
  • 棟板金や釘(くぎ)が浮いていないか
  • 漆喰(しっくい)が崩れていないか
  • コーキング部分が剝がれていないか
  • スレートの塗装やトタン屋根などが経年劣化していないか

屋根に上るのはとても危険なので、自分でできる範囲でチェックすることが大切です。ケガ防止のために、無理はしないようにしてください。

2-4.バケツ、ぞうきん、新聞紙などで応急処置

天井から雨漏りが発生し室内が水でぬれた場合、バケツ、ぞうきん、新聞紙などで応急処置をしましょう。まず、床がぬれないように新聞紙やぞうきんを敷き、その上にバケツを置きます。直接床にバケツを置くこともできますが、新聞紙やぞうきんを先に敷いたほうが、たまった水がはねて飛び散る際の予防になるのです。

2-5.放置するほど建物が劣化する

雨漏りの放置は絶対にNGです。建物内部に水が浸入しているため、木材や下地などがどんどん水を含み、建物全体の耐久性が下がってしまいます。水分が含まれるとカビが発生しやすく、害虫の原因にもなるのです。屋根の雨漏りは早期発見・早期解決が大切なポイントとなります。少しでも異変を感じた際は、すぐに業者に相談しましょう。

3.屋根の雨漏り修理と費用は?

それでは、屋根の雨漏り修理方法と費用について解説します。

3-1.状況や原因にあわせた修理方法

基本的に、屋根の修理を始める前に、どこが雨漏りをしているのか、何が原因なのか屋根に上り具体的な調査を行います。見る・触るが調査の基本となりますが、雨漏り箇所が見つけられない場合は赤外線サーモグラフィカメラを用いることもあるでしょう。そして、状況や原因にあわせた方法で修理を行います。たとえば、瓦のズレを直したり、ヒビ割れ箇所をコーキングで埋めたりなどです。屋根材の経年劣化が原因の場合は、全体的に屋根材を新しいものに交換しなければなりません。

3-2.業者に説明を受けてから修理方法を選ぶ

「自分では理解できないから」と、業者にすべて任せるのはNGです。調査が行われた後、雨漏りの原因や対処法など、今後の対策について説明を受けてください。きちんと理解した上で、業者と話し合いながら修理方法を選ぶことが大切です。優良業者は、できるだけ詳しく分かりやすく説明してくれます。後ほど、業者選びのポイントを解説しますが、スタッフが丁寧に説明してくれるかは、とても大きなポイントです。

3-3.悪徳業者と優良業者の見極め方ポイント

悪徳業者に引っかかってしまうと、再度、修繕工事をしなければならない状況になってしまいます。そのため、優良業者と悪徳業者を見極めるポイントを把握し、それぞれチェックした上で信用できる業者を選ぶことが大切です。特に、業者選びでチェックしておきたいポイントは以下のとおりとなります。

  • 現場をしっかりと確認してくれるか(調査を行っているか)
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 雨漏りの原因や修理箇所など、詳しく説明してくれるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも分かりやすく答えてくれるか
  • リフォームや修繕の実績があるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか

静岡市を中心にリフォームを行っている藤ノ家は、住宅診断や無料見積もり・無料相談を受けつけています。悩んでいる方は、ぜひ1度ご相談ください。

3-4.雨漏りの修理工事期間は約1~2週間、費用は約5万~30万円

雨漏りの修理工事期間は、原因や範囲などで大きく異なります。だいたいの目安は約1~2週間ですが、天候にも左右されるため、もっと長くかかる可能性もあるでしょう。また、修理費用の相場は約5万~30万円と幅広いのも特徴です。棟板金の修理だけであれば約10万円、雨樋の修理は約3,000円~可能なケースもあります。

3-5.早めに修理することが節約につながる

できるだけ費用を抑えたい方は、早めにリフォーム業者等に相談してください。前述したように、対応が遅れるほど雨漏りによる被害が大きくなり、修理箇所も広がってしまいます。症状が悪化すると修理費用も高くなるため、早めの対応が1番の節約になるのです。

4.屋根の雨漏りに関してよくある質問

屋根の雨漏りに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.雨漏りを予防する方法は?
A.定期的なメンテナンスを行うことです。屋根材は種類ごとにメンテナンス時期が決まっています。屋根材が劣化していないか、ヒビ割れが起きていないかなど、状態を確認し、異変があればすぐに対処することが大切です。定期的なメンテナンスは屋根の雨漏りを防ぐのはもちろんのこと、早期発見・早期対処につながるので修理費用の節約にもなります。

Q.室外でできる応急処置は?
A.被害箇所がトタン屋根または陸屋根で雨漏り箇所が特定できる場合、防水テープを使用した応急処置が可能です。防水テープがない場合は、粘着テープでも対応できますが効果は劣ります。被害箇所をキレイに掃除した後、雨水の流れる方向を考えてテープを貼るだけでOKです。水の流れに逆らうように被害箇所だけに貼ってください。そのほかにも、ブルーシートを使う方法とコーキング材でヒビ割れ部分を埋める方法などがあります。しかし、これらはあくまで一時的な処置に過ぎません。応急処置をした後は、なるべく早めに業者に調査を依頼してください。

Q.屋根の雨漏りが発生しやすい部位は?
A.屋根の雨漏りで最も多いのは、屋根と屋根がぶつかる部分です。続いて、屋根本体の経年劣化、下屋根と外壁との取り合い板金となります。板金は瓦よりも劣化スピードが速く、台風や激しい雨の影響を受けやすい特徴があるのです。

Q.屋根の防水工事はしたほうがいいの?
A.雨漏りを防ぐために、防水加工は必要です。防水工事は、主に、ウレタン防水・塩ビシート防水・FRP防水・アスファルト防水などがあります。それぞれ耐用年数と費用が異なるため、業者と相談しながら決めたほうがいいでしょう。定期的にメンテナンスを行いながら防水工事も適宜に施したほうが、屋根の防水効果がアップします。

Q.板金からの雨漏り対策は?
A.板金は劣化しやすい箇所なので、できるだけ耐久性の高い素材を使いましょう。サビにくく穴があきにくい高耐久製品なら、通常のタイプよりも雨漏りを未然に防ぐことができます。また、板金に用いられる素材の耐久性は、強度が高い順にステンレス→SGL→ガルバリウムです。さらに、ルーフィング(防水シート)にも、高耐久製品を使用しましょう。節約のために安価なものを使用すると、再び雨漏りしやすくなってしまうので予算とのバランスを調整することが大切です。

まとめ

屋根の雨漏りは、屋根材の板金部分から雨水が入り込み、そこから漏れているのが主な原因です。ほかにもさまざまな原因があるため、まずはどこから雨漏りが発生しているのか確認しなければなりません。自分では対処できない問題なので、修繕を行っているリフォーム業者に相談しましょう。きちんと調査を行ってくれる業者なら、正しい対処をしスピーディーに解決できます。適切な処置ができるかは、業者の腕にかかっているので慎重に選びましょう。