【失敗ゼロ】快適なお風呂・浴室のリフォームで知っておくべきこと!


1日の疲れを取るためには、何と言っても風呂が最適です。ゆっくりと湯船に浸(つ)かると、体の中から温まって気持ち良く感じることでしょう。快適な風呂・浴室があることは、何よりのことなのです。今回は、自宅の風呂・浴室のリフォームを考えている人のために、必要な知識をわかりやすく解説しました。

  1. 風呂の種類について学ぼう
  2. 風呂のリフォームについて解説
  3. 風呂・浴室リフォームの種類
  4. 風呂のリフォームに必要な費用について
  5. 風呂のリフォームの工事について学ぼう
  6. 風呂のリフォームを依頼するための業者選びについて
  7. 風呂・浴室のリフォームでよくある質問に答えます!

風呂・浴室のリフォームで満足したい人は、記事を読んでください。後日、リフォームをして良かったと思うことができる仕上がりを手に入れることができますよ。

1.風呂の種類について学ぼう

まずは、風呂の種類には何があるかについて学びましょう。風呂の種類に詳しくなることは、理想のリフォームを実現するためにも大切なことです。

1-1.家庭用の風呂設備の種類いろいろ

家庭用の風呂設備には、さまざまな種類があります。風呂設備は、年々多機能・高性能になる傾向があることを学びましょう。

1-1-1.ユニットバス

ユニットバスとは、マンションなど集合住宅に向くタイプの風呂で、前もって工場で天井・バスタブ・床・壁を成形したものを組み立てる方式のものです。メリットは、比較的工事期間が短く済むことと費用が安く済むことと覚えておきましょう。また、シンプルな浴室を好む人にも適しています。浴室の広さを十分に取ることができない場合でも、ユニットバスなら対応できることもありますから検討してみてください。

1-1-2.在来工法バス

在来工法では、コンクリートで床や壁の基礎を作った後、タイルを貼り付けて作ります。在来工法の長所は自分の好みを反映した浴室に仕上げることができる点で、短所はタイル割れやカビ発生・水漏(も)れがしやすい点だと覚えてください。在来工法でのリフォームは、浴室に自分のこだわりを反映したい人に向いていると言えます。

1-1-3.システムバス

システムバスとは、戸建て住宅に設置することを考えた風呂のことです。集合住宅向けのユニットバスと比較した場合、設計の自由度が高いことが長所であると覚えましょう。メーカー各社でも、最新機能を搭載したシステムバスの提案が盛んです。戸建て住宅に住んでいる人で満足度の高い浴室リフォームを希望する場合は、システムバスの導入も考えてみてください。

1-1-4.そのほかのタイプのバス

たとえば、自宅の離れに浴室専用の小屋を作りたいという希望を持つ人もいます。また、ヒノキを使った浴室にしたいと考えている人もいるでしょう。特にこだわりが強い人は、業者とよく相談してフルオーダーの浴室リフォームを検討してください。フルオーダーの浴室は、満足度が高い反面、予算や工事日数が多く必要になります。また、業者の技術力も仕上がりに大きく影響するので業者選びは慎重に行いましょう。

1-2.人気のタイプや最新機能はどうなっている?

風呂の種類の中でも、特に人気のタイプのものについてお話をしましょう。今人気のタイプは、ユニットバスとシステムバスでしょうね。特に、マンションに住んでいる人には特にユニットバスの人気の高さが目立ちます。風呂の最新機能としては、自動で湯沸(わ)かし・お湯張り・保温ができたり電気代の安い夜間にお湯を沸(わ)かすこともできたりするようになりました。また、掃除が楽になるような防汚加工や湿気がこもりにくい床材も見逃すことができません。風呂メーカー各社では、便利で魅力的な機能を多く搭載しています。まずは、いろいろと見比べてみてください。

2.風呂のリフォームについて解説

それでは、風呂のリフォームについて解説をしていきます。基本をしっかり学びながら、理想のリフォーム像を考えていきましょう。

2-1.風呂やユニットバスの耐用年数を知ろう

風呂やユニットバスの耐用年数は、約15年です。ただし、約15年という年数はあくまでも目安にしてください。使用頻度(ひんど)や環境によっては、耐用年数よりも早く寿命が来ます。また、15年以上使用している場合は、いつ不具合が起きるかわからないと認識してください。特に不具合が無い場合でも、15年以上使用している風呂やユニットバスは、リフォームを積極的に考える時期なのです。

2-2.風呂でよくある故障や交換理由について

風呂は使用頻度(ひんど)が高いため、故障や交換のリスクが高いものだと考えておきましょう。風呂でよくある故障や交換理由については、以下を参考にしてください。

  • お湯が出ない・沸(わ)かすことができない
  • お湯が止まらなくてあふれてしまう
  • シャワーからお湯が出ない
  • 追い炊(だ)きができない
  • 水漏(も)れを起こしている
  • コントロールパネルやスイッチの故障・不具合

特に多いのが、お湯が出ない・沸(わ)かすことができないというトラブルです。お湯が正常に出ないことには、風呂としての機能を保つことが不可能になるでしょう。いずれにしても、風呂の故障は早急に修理や交換が必要になります。

2-3.風呂のリフォームをした方が良い場合

では、どんなときに風呂のリフォームをした方が良いのでしょうか。風呂のリフォームを考えるべき理由としては、以下のようなことがあります。

  • 経年変化で風呂の素材が劣化した
  • 風呂の機能の一部もしくは全部に不具合がある
  • 介護のためバリアフリーに改造する必要がある
  • 現在の風呂の状態に大きな不満がある

風呂は、生活の一部です。何らかの不具合や不満がある場合は、リフォームをしましょう。また、介護のためには風呂のバリアフリー化が必要不可欠だと思ってください。どんな理由であっても現在の風呂の状態で不便な場合は、リフォームをするべきタイミングなのです。

2-4.風呂のリフォームで何が変わるか

風呂のリフォームを行うと、以下のような変化があります。

  • 毎日の風呂がとても快適になる
  • 風呂に対するストレスが無くなる
  • 介護も楽に行うことができる
  • 省エネタイプの導入でガス代や水道代の節約になる

日本人は、風呂が大好きな人が多いです。快適な風呂にすることは、毎日を楽しく過ごすためにも欠かすことができません。また、風呂は体を清潔にするためにも必要なものです。そのほかにも、介護が楽になったりガス代や水道代を節約できたりなど多くのメリットがあることを知っておきましょう。

3.風呂・浴室リフォームの種類

風呂・浴室リフォームの種類には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、風呂・浴室リフォームの種類について、詳しく学ぶことにします。

3-1.ユニットバスの入れ替え

現在ユニットバスを使用している状態から、新たなユニットバスに入れ替える工事です。ユニットバスも経年変化でさまざまな部分の素材が劣化したりヒビが入ったりすることがあるため、入れ替えを検討する必要が出る可能性も否定できません。また、浴室を広くするために新たなユニットバスに入れ替えることもあります。ユニットバスからユニットバスへの入れ替えは、工事期間も短く済むことが多いと考えてください。

3-2.在来工法からユニットバスへ

在来工法のバスから、ユニットバスへ変更する工事も盛んであることを知っておいてください。在来工法の特徴は、床や壁にタイルを貼っていることと言えます。デザインを自由に行うことができる在来工法ですが、壁や床のタイルが剝(は)がれたりカビが生えたりしやすいことにも注目しましょう。より簡単でシンプルなスタイルを希望する場合は、在来工法からユニットバスへの変更を検討してください。

3-3.フルオーダーの在来工法風呂へ

シンプルで比較的手入れにしやすいユニットバスは、大変魅力的です。しかし、自分の思い通りの浴室を実現したい場合は、フルオーダーの在来工法風呂を検討しましょう。フルオーダーの在来工法風呂は、窓や天井の高さ・バスタブの大きさなどを含めて浴室の広さを十分に生かしたこだわりの空間を作り上げることができます。現在の風呂のデザインに不満がある場合は、フルオーダーの在来工法風呂にリフォームによって、バスタブの種類や壁・床のタイルの種類を自分の思い通りに仕上げましょう。

3-4.介護・バリアフリーへリフォーム

家族の中に介護が必要な人がいる場合は、介護をしやすいようにバリアフリーの風呂へリフォームをすることをおすすめします。たとえば、バスタブの近辺に手すりを付けたり浴室の床をすべりにくくしたりしましょう。浴室に入る部分に段差を無くすことも、転倒防止のために必要ですから忘れないでください。また、介護状態でもバスタブに入りやすいようにするには、バスタブの高さも考える必要があります。介護をしやすくするため、また、介護を受ける人が風呂を楽しむためにも、バリアフリーの風呂リフォームに詳しい業者に相談しましょう。

3-5.そのほかのプチリフォームについて

たとえば、シャワーヘッドだけを交換したいという希望もあるでしょう。浴室に、大きな鏡を設置することは、特に女性にとって使いやすい風呂に変わります。バスタブや風呂の設備を交換するほどでは無い場合でも、ちょっとしたプチリフォームを行うことを考えてみてください。プチリフォームでも、快適な風呂に近づくことができますよ。

4.風呂のリフォームに必要な費用について

風呂リフォームに必要な費用について、確認しましょう。必要な機能や環境を実現するためには、どのくらいのリフォーム費用が必要なのかを学んでください。

4-1.風呂のリフォーム費用の内訳を知ろう

風呂のリフォーム費用の内訳は、主に以下のとおりです。

  • バスタブなど設備本体の費用
  • 従来の風呂設備の撤廃・回収費用
  • 新しい風呂設備の導入工事費用
  • 水道・ガス・電気などの配管や配線の費用
  • フルオーダーの場合はデザイン費用

風呂のリフォーム費用と言っても、工事内容によって必要な内訳が異なります。特に、フルオーダーの場合は新しい風呂のデザイン費用が必要になることも考えておきましょう。

4-2.ユニットバス・システムバスの料金

ユニットバスやシステムバスの料金についても、学んでおきましょう。

  • ユニットバスの料金:50万円から100万円程度
  • システムバスの料金:70万円から200万円程度

ユニットバスやシステムバスの料金は、キャンペーンなどで大幅な割り引きをすることがあるのでチェックしてみてください。また、工事費用が安くても、ユニットバスやシステムバス本体の価格が高い業者もあります。また、実際には上記の料金のほかにリフォーム工事費用が必要となりますので注意しましょう。

4-3.風呂のリフォーム工事費用について

風呂のリフォーム工事費用は、業者によって設定がまちまちです。業者によっては、リフォーム費用としてすべての工程を含んだ見積もりを出してくる場合もあれば、オプションとして細かい設定をして追加料金として別途見積もり要とすることもあります。また、実際にリフォーム工事をしてみないことには、正確なリフォーム料金を計算できないことも理解してください。しかし、リフォーム工事費用が安いことに越したことはありません。工事費用については、複数の業者から見積もりをもらって比較すると良いでしょう。

4-4.そのほかオプション工事の場合

一部だけを交換する場合やオプション工事を追加する場合、どのくらいの費用が必要になるのか知っておきましょう。以下は、主なケースの目安となります。

  • 部分的に交換をするだけの場合:10万円程度から
  • 洗面所のリフォームも行う場合:5万円から30万円程度
  • 追い炊(だ)き機能を追加する場合:7万円から20万円程度
  • 浴室乾燥機能を追加する場合:4万円から10万円程度

ユニットバスの場合は、部分的に交換をすることが不可能な場合もあることを知っておきましょう。また、風呂や浴室に快適さを追求することは、オプション費用が上乗せになることを意味します。本当に必要な機能かどうか十分に考えて、予算とも照らし合わせながら導入を検討しましょう。

4-5.風呂のリフォーム費用を安く抑えるコツ

風呂のリフォーム費用も、安く抑えることに越したことはありません。では、風呂のリフォーム費用を安く抑えるコツをご紹介します。

  • DIYでできるところは自分でリフォームをすること
  • 必要最低限の部分だけリフォームを依頼すること
  • 良心的な価格設定をしている業者に依頼すること

風呂のリフォーム費用を抑えたい場合は、シャワーヘッドの交換など簡単なリフォームを自分で行うことをおすすめします。また、必要最低限の部分だけのリフォームにすることも検討してください。風呂のリフォームは、理想を追っているときりがありません。また、良心的な価格設定をしている業者に依頼することも、大切なポイントです。業者によっては、同じ工事内容でも高い料金を取ることもありますから注意しましょう。

5.風呂のリフォームの工事について学ぼう

風呂のリフォーム工事について、学んでいきましょう。ここでは、風呂の工事に必要な日数・流れ・依頼先などを確認してください。

5-1.風呂のリフォームに必要な工事日数の目安

風呂のリフォームに必要な工事日数は、工事内容によっても異なります。主なものについては、下記を参考にしてください。

  • ユニットバスの入れ替え:2日から4日が目安
  • 在来工法からユニットバスへの変更:4日から7日が目安
  • フルオーダーの在来工法での工事:7日以上が目安

フルオーダーの在来工法での工事は、依頼内容によって必要日数が長期化することもあります。実際にどの程度の日数が必要になるか、業者に確認しておきましょう。

5-2.風呂のリフォーム工事の流れ

風呂のリフォーム工事の流れについて、確認しておきましょう。

  1. 依頼者が業者に風呂のリフォーム工事の相談をする
  2. 業者が現在の風呂の状態を視察する
  3. 依頼者と業者が相談してリフォーム内容を決定する
  4. 業者が依頼者にリフォーム工事の見積もりを出す
  5. 見積もりの内容に問題が無い場合は契約が成立する
  6. 風呂のリフォーム工事に入る
  7. 風呂のリフォーム工事が完成する
  8. 依頼者がチェックを行って問題が無い場合は完了する

なお、風呂のリフォーム工事中には、できるだけ業者任せにしないようにしてください。たとえば、休憩のときにお茶を出しつつ現在の様子をチェックすることをおすすめします。依頼者の目があることで、工事もはかどることでしょう。

5-3.風呂のリフォーム工事の依頼はどこにするか

風呂のリフォーム工事は、メーカーや工務店などで風呂のリフォームを扱っている業者に依頼することになります。中でも、風呂のリフォームに強いところに依頼をすると間違いがありません。風呂は、水回りの設備なのでリフォームの難易度も高くなります。良いリフォーム結果を手に入れるためにも、業者選びについては妥協しないでください。

6.風呂のリフォームを依頼するための業者選びについて

風呂のリフォームで満足するためには、リフォーム業者の選び方も学ぶ必要があります。ここでは、良い業者の選び方について詳しく解説をしましょう。

6-1.風呂のリフォームを依頼するための業者選びのポイント

風呂のリフォームの依頼は、以下のポイントをクリアする業者にしてください。

  • 風呂のリフォームを多数手掛けていること
  • 風呂の種類やリフォーム内容の知識が豊富であること
  • 風呂のリフォームで高い評価を受けていること
  • 質問に親切に回答・アドバイスをしてくれること
  • 見積もりを無料で行っていること
  • 風呂のリフォーム費用が良心的な設定であること
  • 希望の納期を優先してくれること
  • アフターフォローがしっかりしていること

風呂のリフォームは、信頼できる業者に依頼することが大切です。そのためにも、多くのポイントをチェックしてクリアした業者を選びましょう。なお、以下も参考にしてくださいね。

藤ノ家:http://www.fujinoya-net.com

6-2.良い業者かどうかはここをチェックしよう

良い業者かどうかを見分けるためには、見積もりを依頼したときに次のポイントをチェックしてみてください。

  • 見積もり段階でも丁寧に対応をするか
  • 見積もり内容に不明な記載が無いか
  • 不必要な工事内容の記載が無いか
  • 希望納期や内容を考慮した見積もりになっているか
  • 見積もり段階で契約を急ぐことが無いか

特に、丁寧な対応ができるかという点と契約を急ぐことが無いかという点は、重要です。単に営業成績を上げるためだけに客のことを考えない業者は、避けましょう。良い業者は、常に客の立場を考えているものです。

6-3.見積もりや無料相談について

多くの業者では、見積もりや相談は無料となっています。風呂のリフォームで疑問や不安がある場合は、どんどん利用してみましょう。見積もりや無料相談で親身になってくれる業者は、利用者からの評判も良いことが多いです。業者とコミュニケーションしやすいことは、理想のリフォームを実現するためにも大切なことなのでしっかりチェックしてください。見積もりや無料相談によって、親切かつ良心的な価格を提示してきた業者と契約をしましょう。

6-4.業者選びのポイントでそのほかに気を付けたいこと

業者選びのポイントの中に、アフターフォローがしっかりしていることを挙げています。アフターフォローが手厚い業者であることも、チェックを忘れないでください。風呂は、何かと故障や不具合が起きやすいものです。工事後でも気軽に相談できたり、不具合や故障を修理してくれたりする業者を選びましょう。また、定期点検やメンテナンスを無料や格安で行っている業者は親切なところが多いため、長い付き合いができますよ。

7.風呂・浴室のリフォームでよくある質問に答えます!

それでは、風呂・浴室のリフォームでよくある質問に回答していきます。今までに学んだ知識の総まとめとしても、活用してくださいね。

7-1.風呂のリフォームは必ず行う必要があるのでしょうか?

風呂にも、耐用年数があります。今は問題が無くても、いずれは何らかの不具合が起きる可能性が高いことを知ってください。確かに、特に問題が無い場合は、今すぐにリフォームを行う必要はありません。しかし、風呂は突然故障したり不具合を起こしたりするものです。風呂が使えないことは生活の支障となるため、年数が経過した風呂にかんしては早めのリフォームを検討してください。

7-2.1年のうちで風呂のリフォームに適した季節はいつですか?

汗をかくことが少なくて気温が穏やかな春もしく秋が、おすすめです。風呂のリフォームを行っている間は、自宅で風呂に入ることができません。たとえば、夏場は汗をたくさんかくため、風呂に入ることができないと大きなストレスを感じることになります。冬は汗をかきにくくても、バスタブでゆっくりと温まることができないことで健康を損ねる可能性も否定できません。結局、比較的汗をかくことも無く気温が穏やかな春や秋に風呂のリフォームをすることが、最もストレスにならないためにおすすめなのです。

7-3.リフォーム工事中、風呂に入れないと困るのですがどうすれば良い?

おすすめは、銭湯などの入浴施設に通うことです。今は、1回数百円程度で入浴ができる施設がたくさんありますから自宅近くで探してみてください。あるいは、2日から3日程度ならばビジネスホテルなどに宿泊しても良いですね。ビジネスホテルなどの宿泊施設には、風呂の設備が整っていますから快適に過ごすことができるでしょう。風呂のリフォーム工事中は、自分自身のリフレッシュ期間でもあると考えると良いですよ。

7-4.浴室のバリアフリー化については誰に相談すべきでしょうか?

もしも、現在要介護者が家にいる場合は、担当のケアマネージャーにひとこと相談してください。内容によっては、介護保険や自治体からリフォーム費用にかんして補助を受けることができる場合もあります。また、介護の状況によっては、バリアフリー化のほかにも手すりなどの設置をする可能性も高いと考えましょう。いずれにしても、素人がひとりでバリアフリー化をすすめてはいけません。ケアマネージャーを始め、介護に詳しい専門家に相談して適切なリフォームを行ってください。

7-5.風呂のリフォーム後に不満な点がある場合はどうすれば良い?

風呂のリフォームが完成したとき、満足が行く状態なら問題はありません。しかし、実際には何らかの不満が出る場合もあります。もしも、風呂のリフォームに満足が行かないときは、業者に不満の内容を伝えましょう。業者と話し合った後、工事をやり直したり追加工事の手配をしたりしてください。不満の原因が明らかに業者にあるときは、無料でやり直しや追加工事を行うこともあります。とにかく、不満を残したままにするのはいけませんよ。

まとめ

今回は、風呂・浴室のリフォームについて詳しく解説をしました。記事を読んだ人は、風呂・浴室のリフォームについて不安が無くなっていることでしょう。毎日使う風呂を理想のものにするためには、正しい知識が必要です。また、風呂のリフォームで失敗しないためにも良い業者を選ぶことも欠かすことができません。快適な風呂を実現するためにも、風呂のリフォームにかんしては真剣に検討してください。