【注目】押入れをリフォームしたい人へ! リフォーム&改造のコツ!


「使わない押入れを何とか改造して活用したい」「押入れがあるけど使いにくい」などで、悩みを抱えている人もいることでしょう。もしも押入れに不便を感じているのなら、クローゼットなどにリフォームすることをおすすめします。しかし、どんな方法でどこに依頼すればいいのか、よく分からないですよね。そこで、今回は、押入れのリフォームについて詳しく解説します。

  1. 押入れのリフォームについて
  2. 押入れをクローゼットにするリフォームとは?
  3. そのほかの押入れのリフォームについて
  4. 押入れのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、押入れのリフォームについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.押入れのリフォームについて

最初に、押入れのリフォームの基本を解説します。

1-1.押入れのリフォームにはどんなものがある?

押入れをは、クローゼットにリフォームするケースが多いでしょう。クローゼットにすることで、洋服が出し入れしやすくなるだけでなく、部屋のイメージも洋風にすることができます。そのほかにも、上段をベッドにする・本棚として利用する・書斎スペースにするなどの方法がおすすめです。まずは、自分がどんなリフォームにしたいか考えてみてください。部屋の機能性を高め、不満点を解消できれば理想的です。

1-2.押入れをリフォームするメリットは?

押入れをリフォームするメリットは、主に以下のとおりです。部屋が狭かったりものがあふれていたりする人には、特にメリットが大きいでしょう。

  • 収納量が増える
  • 使いやすくなる
  • 収納以外にも新たな使い道ができる
  • 部屋を広く使える
  • 部屋のイメージが変わる

1-3.押入れのリフォームに関する注意点

押入れをリフォームするときは、湿気(しっけ)に注意してください。押入れは、風とおしが悪く、湿気(しっけ)がたまりやすいためにカビが発生しやすくなります。市販の吸湿剤を置くなどして、対策しておきましょう。また、こまめに中のものを出し、湿気(しっけ)を逃がすことも必要です。また、冷暖房が効きにくいため、使い方によっては夏場の暑さと冬場の寒さ対策も考えておきましょう。

2.押入れをクローゼットにするリフォームとは?

押入れをクローゼットにリフォームすると、多くのメリットがあります。主な種類や費用相場・リフォームの流れなど、詳しく解説しましょう。

2-1.クローゼットにする場合のリフォームの種類

押入れをクローゼットにする場合、主に3つの種類があります。いずれも、縦方向の空間を広く使うために、中板を抜くことがおすすめです。

2-1-1.引き出しつきのクローゼットにする

引き出しつきのクローゼットにすれば、押入れの奥行きを最大限に生かした収納になります。押入れのサイズに合う収納家具を探し、設置しましょう。キャスターつきの引き出し家具を選ぶと、出し入れが自由にできます。ものの種類ごとに分けて整頓しやすく、取り出しやすいので便利です。部屋に洋服ダンスを置かなくてもいいので、広々とすることでしょう。

2-1-2.ウォークインクローゼットにする

広い押入れなら、ウォークインクローゼットにリフォームすることもできます。ウォークインクローゼットにすれば、収納だけでなく着替え場所としても活用できるでしょう。また、季節ものごとに整頓して収納できるため、衣替えの季節の手間が減るはずです。なお、安全を確保するために、床の補強工事が必要になる場合があります。

2-1-3.扉を変更する

予算が少ない・簡単にイメージチェンジをしたいなどの場合は、押入れの扉だけ変更する方法もあります。和風の扉を洋風のものに変えると、部屋の雰囲気がガラっと変わることでしょう。どんなデザインの扉にするのか、業者ともよく相談して決めてください。

2-2.クローゼットにリフォームする場合の費用相場

押入れをクローゼットにリフォームする場合の費用相場は、以下のとおりです。

  • 引き出しつきのクローゼットにする:5~10万円程度
  • ウォークインクローゼットにする:20~50万円程度
  • 扉の変更:5~6万円程度

なお、実際の費用は、業者に見積もりを依頼して確認してください。

2-3.リフォームの方法や流れについて

押入れのリフォームは、以下のような流れで進みます。

  1. 業者に押入れのリフォームに関する相談をする
  2. 業者が現地視察をし、見積もりを出す
  3. 見積もりの内容・料金を確認し、問題がなければ正式に契約する
  4. 指定日時に業者がやってきて押入れのリフォーム工事を行う
  5. 作業終了後、チェックをして完了

3.そのほかの押入れのリフォームについて

押入れをクローゼット以外にするリフォームについて、詳しく解説します。

3-1.クローゼット以外のリフォーム方法と費用

押入れをクローゼット以外にリフォームする場合の方法と費用の目安は、以下を参考にしてください。

3-1-1.本棚にする

押入れの広い空間を利用して、大量の本を収納し、本棚として利用できます。部屋が大量の本であふれている人には、特におすすめです。押入れの奥のほうに収納した本を取り出しやすくするためには、前方の棚にスライド式のものを設置するといいでしょう。ただし、押入れが本の重量に耐えられるかどうかが問題です。本を入れすぎて、床が抜けてしまったという例もあるので注意しましょう。

  • 本棚にリフォームする費用の目安:5万円程度~

3-1-2.書斎にする

押入れを活用し、書斎にするのもひとつの方法です。多くの場合、押入れの奥のほうを向くように作ります。広々としたデスクと、デスク下の収納の多さが特徴です。家での仕事など、集中して作業できるスペースがほしい人におすすめします。

  • 書斎にリフォームする費用の目安:10~20万円程度

3-1-3.ベッド代わりにする

押入れは、簡易ベッドにリフォームすることもできます。上下をうまく使えば2段ベッドにすることも可能です。上段に上るために、はしごを設置してもいいでしょう。なお、ベッドにリフォームしたい場合は、体重を支えるために十分な強度が必要になるため、事前に業者とよく相談してください。

  • ベッドにリフォームする費用の目安:3万円程度~

3-2.そのほかの押入れのリフォームに関する注意点

本棚やベッドとして利用する場合、重量に耐えることができるか不安が残ります。特に、古い押入れは、湿気(しっけ)や害虫被害により木材が傷んでいることもあるので注意しましょう。まずは、業者に相談して確認してもらってください。場合によっては、補強工事が必要にるため、費用が余分にかかることがあります。

4.押入れのリフォームに関するよくある質問

最後に、押入れのリフォームに関するよくある質問に回答します。いずれも役に立つ内容ですから、参考にしてください。

Q.押入れにカビが生えていてもリフォーム可能?
A.リフォーム自体はできます。ただし、カビが生えたままリフォームすると健康に悪影響があるのできちんと対策しましょう。市販のカビ取り剤を使用したり、壁紙を張り替えたりしてください。なお、カビが生えるのは、湿気(しっけ)がこもっている証拠です。リフォーム後も湿気(しっけ)対策に十分気をつけましょう。

Q.押入れを撤去するリフォームもできる?
A.可能です。ただし、大がかりなリフォームになるでしょう。費用も30~50万円程度はかかるものです。押入れを撤去すると、部屋が広くなる一方で、収納場所に困ることも考えられます。撤去したあとに後悔しないように、不用品を処分や新たな収納方法について検討しておきましょう。

Q.押入れのリフォームは自分でできる?
A.簡単なリフォームだけなら、自分でも可能です。たとえば、扉を撤去するだけ・内部の壁紙の張り替え・市販の収納家具の設置などは、自分でもできるでしょう。ただし、中板を撤去したり床の補強をしたりするのは難しいので、業者に依頼してください。

Q.押入れのリフォーム工事中は在宅するべきですか?
A.基本的には在宅してください。工事中は、リフォーム業者が家の中で作業します。信頼できる業者なら、盗難などの心配はないでしょう。しかし、急な確認が入ることがあります。また、作業の様子を随時見ることで、依頼ミスや認識違いがあったときに止めることもできるでしょう。

Q.押入れのリフォーム業者選びのポイントは?
A.以下のポイントを参考にしてください。

  • 押入れのリフォームで多数の実績がある
  • ​丁寧で高品質な作業で定評がある
  • リーズナブルな料金設定
  • 費用見積もりだけなら無料
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • 作業スタッフが親切で感じがいい
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当藤ノ家でも、押入れのリフォームを多数お受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、押入れのリフォームについて詳しく解説しました。押入れをリフォームすることで、収納が増えたりほかの使い道ができたりします。今まで使いにくかった押入れを、リフォームで有効活用しましょう。そのためにも、まずは、どんな内容でリフォームしたいのかよく考えてみてください。理想のリフォーム内容が決まったら、リフォーム業者に相談しましょう。満足できる仕上がりにするためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。