水回りのリフォームにかかる費用とは? 4点セットがお得って本当?


「水回りをリフォームしたいが、費用はどのくらいかかるのか?」と不安に思う人は多いでしょう。水回りは常にきれいで使い勝手のよい場所であってほしいものです。しかし、年月とともに劣化し、「不具合が出てきた」「掃除が大変になってきた」などの悩みが出てくることも多いのではないでしょうか。リフォームすることで悩みは解消できますが、気になるのが費用ですよね。この記事では、水回りリフォームの費用相場や費用を抑える方法・業者の選び方などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 水回りのリフォームについて
  2. 水回りリフォームの内容
  3. 水回りのリフォーム工事、いくらかかるのか?
  4. 水回りのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、水回りのリフォームを検討するタイミングや費用相場・工事の流れなどがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.水回りのリフォームについて

まずは、水回りによくある悩みごとやリフォームを検討するタイミングについてご紹介しましょう。

1-1.水回りに多い悩みとは?

水回りの悩みとして特に多いのが、カビの問題です。水回りは家の中でも特にカビが発生しやすく、見た目の悪さや健康被害を心配して悩んでいる人も多いと思います。発生した場所によっては掃除をしてもなかなか取り除くことができず、どんどん増えてしまうこともあるでしょう。そのほかにも、「使い勝手が悪い」という悩みもよく耳にします。「シャワーの出が悪い」「トイレの流れが弱い」「キッチンの収納が足りない」など、快適に水回りを使うことができずに悩んでいる人はたくさんいるのです。

1-2.築20年前後がリフォームのタイミング

水回りのリフォームをするタイミングとしては、築20年前後が目安になります。下地材の劣化がすすみ、水もれなどの不具合が起こり始めるのもこのころでしょう。カビなどの汚れも目立つようになり、使い勝手の悪さが気になるようになってくると、リフォームを検討する人が多くなります。

2.水回りリフォームの内容

水回りリフォームにはどのようなものがあるか、場所別に内容をご紹介しましょう。

2-1.キッチン

キッチンの場合、蛇口やガスコンロ・シンクなどを新しくする部分的なリフォームから、対面式・オープン式などに形状を変えるような大がかりなリフォームまでさまざまです。「導線が悪くて使いにくい」という悩みを解消するためには、形状を変更するリフォームが必要でしょう。

2-2.浴室

浴室の場合は、手すりや浴室乾燥機の取り付けなど比較的安価にできるリフォームを選択する人も多くなっています。50万円以上かけてリフォームするのであれば、浴槽や浴室タイルを最新式のものに交換することも可能です。また、最近は浴室暖房やジェットバス機能などを追加して機能性を高めるリフォームも人気を集めています。

2-3.トイレ

トイレは、クロスやクッションフロアの張り替え・ウォシュレットの設置など、5万円以下でできるリフォームもあります。そのほかにも、トイレ内に洗面台を設置するリフォームや、バリアフリーリフォームを行う場合は、50万円以上の予算が必要です。

2-4.洗面所

洗面所は比較的安価にリフォームできる箇所です。洗面台を新しく取り換えるだけなら、10万円以下でもリフォームできます。収納棚を設置することで、使い勝手のよい洗面所にリフォームするのもおすすめです。

3.水回りのリフォーム工事、いくらかかるのか?

水回りのリフォームについて、工事の流れや費用内訳などを詳しくまとめました。

3-1.一般的な水回りリフォーム工事の流れとは?

リフォームする箇所や内容によっても異なりますが、一般的な水回りリフォーム工事の流れは以下のとおりです。

  • リフォームの目的・内容を決定する
  • リフォーム業者に依頼する
  • 業者による現地調査
  • プランの提案・見積もりの提示
  • 既存設備の解体
  • 新しい設備の取り付け
  • 施工後のチェック
  • 完成

3-2.リフォームの費用内訳をチェック

水回りのリフォーム工事にかかる費用には、機器代と施工費のほかに、廃材処理費などの雑費が含まれています。さらに、それぞれの価格にはリフォーム業者の取り分となる利益がプラスされているのです。見積書の書き方は業者によって異なるため、不明確な項目がある場合は必ず事前に確認するようにしましょう。

3-3.セットでリフォームするとお得!

水回りは毎日使う設備なので、「寿命を迎える時期に大きな差はない」と考えられています。そのため、たとえばキッチンと浴室のリフォームを同時に検討する人も多いでしょう。実は、セットでリフォームしたほうが工事費用を安く済ませられるということをご存じでしたか? 一気に工事をすることで施工費や仕入れ費・人件費を抑えることができるため、お得なパック料金を用意している業者が多くなっています。最近はキッチンと浴室・トイレ・洗面所の4か所を同時にリフォームすることで「4点セットパック」というお得な料金プランを用意している業者も増えてきているのです。

3-4.業者選びのポイントを紹介

水回りのリフォーム工事を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • 豊富な工事実績があるか
  • 提案力や技術力があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • アフターフォローの内容が充実しているか
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれるか

4.水回りのリフォームに関するよくある質問

「水回りのリフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.水回りの耐用年数はどのくらいですか?
A.一般的に、15~25年といわれています。築20年前後経過したあたりから、リフォームを検討する人が多いでしょう。

Q.マンションの場合、水回りのリフォームをするにあたって注意点はありますか?
A.管理規約に従ってリフォームを行う必要があるため、必ず確認が必要です。エレベーターの使用時間なども制限されている可能性があるでしょう。

Q.トイレのリフォームで最も多い失敗にはどのようなものがありますか?
A.便座の交換によるサイズ選びに失敗する例が多いでしょう。便座を大きくしたためにトイレが狭くなり、窮屈になってしまったという失敗例をよく聞きます。

Q.セットで水回りのリフォームを行うデメリットもあるのでしょうか?
A.商品や色選びが制限されてしまう可能性が考えられます。セットでリフォームする場合の費用をしっかり把握した上で、メリットとデメリットのどちらが大きいか考えてみましょう。

Q.悪質なリフォーム業者にはどのような特徴がありますか?
A.突然訪問してきて不安をあおり、リフォームをすすめてくる業者には要注意です。また、アポなしで無料点検にくる業者や、大幅な値下げを提案してくる業者なども、悪徳業者である可能性が高いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 水回りのリフォームについて、内容や費用・業者の選び方などをまとめてご紹介しました。水回りに不具合や使い勝手の悪さを感じ、リフォームを検討する場合は、どのようなリフォームにいくらかかるのか、事前に把握しておく必要があります。満足のいくリフォームができるよう、ぜひこの記事を参考にしてください。