壁クロスを補修する方法を紹介! 自分でできる補修範囲は?


壁クロスは、経年や子どものいたずら、うっかりミスなどで傷がついてしまうこともあります。「自分で補修したい」と考えている人もいるでしょう。しかし、壁クロスの補修は業者に依頼したほうがよいケースもあります。

今回は、壁クロスの補修方法や業者に依頼する目安などを紹介しましょう。

  1. 壁クロスの補修は自分でできる?
  2. 壁クロスをDIYで補修する方法
  3. 業者に壁クロスの補修を依頼したほうがよいケース
  4. 壁クロスの補修工事を依頼する業者の選び方
  5. 壁クロスの補修に関するよくある質問

この記事を読めば、優良な業者の選び方も分かります。壁クロスの補修を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.壁クロスの補修は自分でできる?

はじめに、壁クロスの補修を自分でできる範囲を紹介します。

1-1.壁クロスの小さな剝がれならば自分で補修可能

壁クロスが、狭い範囲で剝がれてしまった場合は、自分で補修することが可能です。ホームセンターなどでは、10cm単位でいろいろな壁クロスが販売されているので、元の壁クロスと似たようなものを買って貼り直すことはできるでしょう。

1-2.落書きは洗剤などで消せる

子どもがクレヨンやペンで壁クロスに落書きしてしまった場合は、洗剤で消すことができます。また、手あかや食物の汚れも大半は落とすことが可能です。

1-3.壁クロスの継ぎ目が目立ってきても自分で補修できる

壁クロスには、継ぎ目があります。経年劣化や湿気などによって壁クロスの継ぎ目が劣化してくることもあるでしょう。このような継ぎ目の目立ちも、自分で補修することは可能です。

1-4.壁クロスのDIY補修は長期間持たないこともある

壁クロスのDIY補修は、すぐに壁クロスが剝がれたり補修材が取れたりすることもあります。ですから、補修した壁クロスが剝がれたり、補修材が落ちたりするようなことが何度もあれば、業者に補修を依頼したほうがよいでしょう。

2.壁クロスをDIYで補修する方法

この項では、壁クロスの補修を自分で行う方法や必要な道具、修理する際の注意点などを紹介します。

2-1.小さな傷は補修ペンで消す

ホームセンターなどでは、壁クロス用の補修ペンが販売されています。画びょうなどで小さな穴が開いた場合や、ちょっとした汚れなどは、補修ペンでキレイに修復することが可能です。ペンシルタイプで使いやすいため、一本常備しておくといいでしょう。

2-2.小さな破けは小さな壁クロスを使う

手のひらに収まるサイズ程度の破けは、小さな壁クロスを用いて上から貼っていきます。この際、以下のような道具を用いましょう。

  • 破れが隠れるくらいの壁クロス
  • 壁クロスの汚れを落とす洗剤
  • 汚れを落とす古歯ブラシなど

現在は糊(のり)つきの壁クロスが販売されているので、別途糊を買う必要はありません。破れた箇所を丁寧に切り取り、できるだけ平らにして汚れを落とし、購入した壁クロスを貼りましょう。空気を抜いてできるだけ壁に密着させれば、継ぎ目も目立ちにくくなります。

2-3.壁クロスの継ぎ目や小さなひびは補修材で埋める

壁クロスの継ぎ目が開いてきたり、小さなひびができたりした場合は、専用の補修材で埋めましょう。チューブタイプのものがホームセンターに販売されています。これも使う際は、周りの汚れをブラシで落としてから補修材を使いましょう。

3.業者に壁クロスの補修を依頼したほうがよいケース

以下のような壁クロスの劣化や破損は、業者に修理を依頼したほうがおすすめです。

  • 広い面積の壁クロスが剝がれてしまった:広さの目安としては、30cm四方以上
  • 壁紙の下にある石膏ボードがへこんだり壊れたりした
  • 幅5mm以上のひび割れが生じた

このような場合は、業者に修理を依頼したほうがいいでしょう。なお、壁クロスを貼り替える場合、1㎡あたり1,000~1,500円前後が相場です。ひび割れや壁紙のへこみや破損の補修は、1か所当たり5,000円~1万円が相場となっています。

4.壁クロスの補修工事を依頼する業者の選び方

この項では、壁クロスの補修工事を依頼する業者を選ぶ際のチェックポイントなどを紹介します。

4-1.業者は値段だけでなく実績や評判でも判断する

壁クロスの補修やリフォームを行う業者は、たくさんあります。値段の安さをウリにしている業者もたくさんありますが、値段だけでなく、実績や評判もチェックしましょう。サイトに実績を明記している業者や、口コミサイトに長期にわたって良い評価が続いている業者ならば、信頼できるはずです。

4-2.見積もりを作成してもらって比べてみる

優良な業者は、見積もりが丁寧で分かりやすいものです。加算前提の見積もりだったり、言い訳をして見積もりを作らなかったりする業者には、依頼しないほうがいいでしょう。また、少しでも疑問に思ったら積極的に質問してください。優良な業者ならば、丁寧に答えてくれるはずです。

4-3.工期は1部屋ならば1日で終わる

壁クロスの補修や張り替えは、1部屋ならば1日で終わることが多いでしょう。家具の移動が多い場合や、複数の部屋の補修を依頼する場合は、2~3日かかることもあります。なお、家具の移動は別料金なので、移動可能な家具は自分で動かすと費用の節約になるでしょう。

5.壁クロスの補修に関するよくある質問

この項では、壁クロスの補修に関する質問を紹介します。

Q.壁クロスの下にカビが生えた場合は自分で補修することはできるでしょうか?
A.壁クロスの下に生えているカビの範囲が狭ければ自分でも補修可能です。ただし、カビが生えた原因を解明できなかったり、壁全面にカビが生えてしまっていたりする場合は、業者に依頼したほうがいいでしょう。

Q.壁クロスを全面的に張り替えるのは、自分では難しいものですか?
A.はい。キレイに張り替えるのはとても難しいので、無理をしてはいけません。

Q.賃貸物件で壁クロスが剝がれてしまった場合、勝手に修理しても大丈夫ですか?
A.まずは管理会社や大家さんに報告してください。勝手に修理してはいけません。

Q.壁クロスがへこんだり破損したりするのはどのような場合ですか?
A.強くものをぶつけたりするとへこみます。

Q.壁クロスを掃除する洗剤は、住居用洗剤で大丈夫ですか?
A.はい。メラミンスポンジや壁クロス用の消しゴムなどもおすすめです。

まとめ

今回は、壁クロスの補修を行う方法や業者に依頼する目安などを紹介しました。小さな補修ならDIYでも十分に可能です。しかし、壁クロスは経年劣化するので、10~15年ごとに張り替えが必要になります。何度自分で補修してもすぐに剝がれが出てきたりする場合は、業者に依頼してキレイに補修してもらいましょう。