外壁メンテナンスはどのくらいの時期で行う? 詳しく解説!


「外壁は定期的なメンテナンスが必要と言われた。しかし、どのくらいの時期に行えばいいのか分からない」という人はいませんか? 外壁は常に紫外線や風雨にさらされています。ですから、定期的にメンテナンスを行わないと劣化が進んで家自体の寿命が短くなるでしょう。

今回は、外壁をメンテナンスする時期について解説します。

  1. 外壁は定期的にメンテナンスが必要な理由
  2. 外壁のメンテナンス時期の目安
  3. 外壁のメンテナンス方法
  4. 業者は実績や口コミで選ぶ
  5. 外壁のメンテナンスに関するよくある質問

この記事を読めば、外壁をメンテナンスする時期が近づいている目安として現れる特徴や、メンテナンスを依頼する業者の選び方もよく分かります。外壁のメンテナンスを考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.外壁は定期的にメンテナンスが必要な理由

外壁は、雨風から家を守ってくれる大切なものです。外壁は常に風雨やホコリ、紫外線などにさらされているため、外壁塗料やサイディングでガードしています。しかし、外壁塗料やサイディングは経年とともに劣化していくため、定期的なメンテナンスが必要です。外壁の定期的なメンテナンスを怠ると、外壁自体の寿命が短くなります。

2.外壁のメンテナンス時期の目安

外壁のメンテナンス時期は10年に1度と言われています。この項では、外壁のメンテナンス時期が近づくと現れる可能性が高い直腸などを紹介しましょう。

2-1.外壁のメンテナンスが10年に1度とされている理由

外壁のメンテナンスは、10年に1度が目安とされています。これは、外壁塗装やサイディングと外壁をつないでいるシーリングの寿命が10年前後のものが多いからです。もちろんこれはあくまでも目安であり、10年経過しても劣化の様子が見えないこともあります。その一方で、10年未満でもメンテナンスが必要になるケースもあるでしょう。

2-2.外壁が劣化している場合に出やすい特徴

外壁が劣化している場合、以下のような特徴が出ることが多いでしょう。

  • 外壁にコケやカビがはえている
  • 外壁に幅2mm以上のひびが入っている
  • 外壁からチョーキング(白い粉)が出ている
  • 外壁塗装の落剝
  • サイディングの隙間を埋めているシーリングのひび割れや落剝

これらのうち、1つでも当てはまるものがあれば、外壁が劣化している可能性が高くなります。

2-3.元値が安い外壁素材は劣化も早い

外壁に使われる塗料には、アクリルやウレタン、フッ素・シリコンなどがあります。1㎡の値段はそれぞれ異なりますが、安価な者ほど寿命が短い傾向です。最も安いアクリルやウレタン塗料の寿命は10年未満で、最も高価な塗料の寿命は15年以上となっています。

2-4.メンテナンス不要な外壁はほとんどない

外壁塗装に使われる塗料やサイディングの中には、「メンテナンスが不要」と言われているものもあります。しかし、メンテナンスが全く必要ない外壁はほとんどありません。「メンテナンス不要」という言葉を信用しすぎないようにしましょう。

3.外壁のメンテナンス方法

この項では、外壁のメンテナンス方法をいくつか紹介します。

3-1.外壁塗装

外壁のメンテナンスといえば、外壁塗装が真っ先にあげられます。外壁塗装は、10~15年に1度の割合で行うことが一般的です。外壁塗装を行えば、外壁の小さな傷なども同時に修繕ができます。

3-2.シーリングの交換

シーリングは、サイディングと外壁を接着している接着剤です。劣化してくるとシーリングが痩せてひび割れ、隙間から雨水が染みこんでカビが発生したり雨漏りの原因になったりします。シーリングの補修は、継ぎ足しを行うほか、古いシーリングを全て取り外して新しいシーリングを新たに注入する方法が一般的です。

3-3.サイディングの交換

サイディング外壁は劣化が進むと交換が必要になります。古いサイディングの上から新しいサイディングを貼りつけるやり方と、古いサイディングを取り外し、新しいサイディングと交換する方法があり、工務店と相談して選びましょう。

4.業者は実績や口コミで選ぶ

外壁塗装やサイディングの交換をする業者はたくさんあります。値段の安さをウリにしている業者もあるでしょう。しかし、相場よりもかなり安い値段で工事を引き受ける業者は、必要な工程を省略したり安価な材料を使ったりすることで、費用を安くあげているところもあります。外壁のメンテナンスはしっかりと行っていないと、すぐに劣化することもあるでしょう。工事費の安さより実績や口コミで業者を選んでください。なお、複数の業者で迷った場合は、見積もりを作ってもらいそれを比較するといいですね。極端に値段が安かったり高かったりする業者は依頼しないほうがいいでしょう。

5.外壁のメンテナンスに関するよくある質問

この項では、外壁のメンテナンスに関するよくある質問を紹介します。

Q.外壁塗装の塗り替えやシーリングの補修は自分で行えるでしょうか?
A.応急措置はできますが、根本的な修理は業者でないと難しいため、業者に依頼してください。

Q.外壁のメンテナンス工事はどのくらいの期間がかかりますか?
A.メンテナンス工事の内容にもよりますが、一戸建てならば2週間程度が一般的です。

Q.外壁のメンテナンスは家を建てた工務店に依頼すれば間違いないでしょうか?
A.アフターフォローの一環として外壁のメンテナンスを行ってくれる業者もあります。そのような工務店で家を建てた場合、メンテナンスを依頼すれば間違いないでしょう。

Q.外壁のメンテナンスはどんな素材の外壁でも必要ですか?
A.はい。外壁の素材によってメンテナンス時期は異なりますが、必要になります。

Q.マンションの外壁メンテナンスはどのくらいの時期で行えばいいでしょうか?
A.一戸建てと同じように、10~15年に一度程度で行うのが一般的です。

まとめ

今回は、外壁メンテナンスの時期についていろいろと解説しました。外壁メンテナンスといえば、外壁塗装の塗り替えというイメージがありますが、それ以外にもいろいろなメンテナンス方法があります。家を建てて10年近くなったら、一度外壁の状態を業者にチェックしてもらい、必要なメンテナンスを教えてもらいましょう。