外壁の下地を補修する方法は? 劣化を放置するリスクも詳しく解説!


「外壁の下地を補修したいけど、どこに依頼できるのだろう」「外壁の下地が劣化すると具体的にどんな症状が出るのか知りたい」とお考えではありませんか? 外壁の下地も、経年などの理由で徐々に劣化します。劣化したまま放置すると、さまざまなデメリットが発生するので、早急に補修することが大切です。そのためにも、どんな症状が出たら補修を検討すべきか、どこに依頼すべきかなど知る必要があります。

そこで今回は、外壁の下地補修について詳しく解説しましょう。

  1. 外壁の下地が劣化するとどんな症状が出る?
  2. 外壁の下地の劣化を放置するリスク
  3. 外壁の下地補修にはどんな方法がある?
  4. 外壁の下地補修に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁の下地を補修するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁の下地が劣化するとどんな症状が出る?

最初に、外壁の下地が劣化するとどんな症状が出るか詳しく見ていきましょう。

1-1.外壁がひび割れる

外壁がひび割れることは、下地が劣化している可能性が大です。たとえば、下地のコンクリートやモルタルが何らかの理由により収縮・膨張すると、外壁塗装にひび割れが発生します。外壁塗装の劣化だと思っていたら、実は下地が劣化していたというケースもよくあるのです。中でもひび割れが深い場合は、下地の劣化が大きく影響しています。

1-2.塗膜が浮く

外壁塗装の塗膜が浮くのも下地が劣化した症状になります。下地が劣化して塗膜とのすき間に空気や水分が入り込み、分離してしまうことが原因です。また、下地の乾燥不足など業者の施工不良によるものもあります。塗膜が浮いている部分は中が空洞になっているので、手で触れると簡単にはがれてしまうこともあるでしょう。

1-3.外壁が欠損する

外壁の下地が劣化すると、外壁が部分的に脱落して欠損することがあります。ベランダや階段の下などのほか、基礎に近い場所でも多く発生するのが特徴です。特に、地震や地盤沈下などで建物に大きな負荷がかかったときに悪化しやすいので注意しましょう。中でも、基礎に近い部分で外壁の欠損が起こると建物の強度を大きく損ねてしまうので、早急な補修が必要になります。

1-4.外壁内の鉄筋が露出する

外壁の下地が劣化することで、外壁内の鉄筋が露出してしまうことがあります。外壁内の鉄筋が露出するのは下地の劣化が相当進んでいる証拠なので、外壁の脱落と同様に早急な対応が必要です。鉄筋が露出すると、風雨にさらされてサビや腐食が進み、十分な強度を保つことができません。サビにより外壁が汚れてしまうのもデメリットです。

2.外壁の下地の劣化を放置するリスク

外壁の下地が劣化したまま放置するとどんなリスクがあるのでしょうか。

2-1.雨もりが発生する

外壁の下地が劣化したまま放置すると、雨もりが発生することがあります。室内の壁にシミができたら、雨もりしている可能性が高いでしょう。また、雨もりが発生している時点で、外壁材の腐食が進んでいることも珍しくありません。場合によっては、大がかりな補修が必要になります。

2-2.建物の強度が落ちる

建物の強度が落ちるのも、リスクの一つです。外壁の下地が劣化したまま放置すれば外壁材が腐食してしまい、十分な強度を保つことができません。したがって、建物全体の強度も大きく落ちてしまいます。下地の劣化がひどく基礎に近い部分に見られる場合は、特に危険です。震度5強程度の地震でも、揺れ方によっては建物が傾いたり倒壊してしまったりする可能性もあります。

2-3.補修費用が高く付く

補修費用が高く付くのも、外壁の下地の劣化を放置してはいけない理由です。最初は部分的な補修で済むものでも、放置すればダメージが広がってしまいます。中には、下地の補修だけでは対応できず、外壁材の交換が必要になるケースもあるでしょう。当然ながら、工事期間も長引き、補修費用も高く付きます。

3.外壁の下地補修にはどんな方法がある?

外壁の下地補修にはどんな方法があるか、具体的にご紹介します。

3-1.外壁にひび割れがある場合

外壁にひび割れがある場合の下地補修方法を見ていきましょう。

3-1-1.シール擦り込み工法

外壁のひび割れで、幅0.3mm以下のごく浅いものについては、シール擦り込み工法で対応することになるでしょう。シール擦り込み工法とは、ひび割れの部分に可とう性エポキシ樹脂などを擦り込むようにして充てんする方法です。比較的簡単な作業で工程も少ないため、短時間で終えることができます。

3-1-2.エポキシ樹脂注入工法

エポキシ樹脂注入工法とは、外壁に幅0.3~1mm程度のひび割れが見られるときに行われる補修方法です。エポキシ樹脂注入工法では、ひび割れが発生した部分にエポキシ樹脂をゆっくり注入していきます。ひび割れた部分がエポキシ樹脂で埋まったら、表面仕上げをして作業完了です。

3-1-3.Uカットシール充てん工法

Uカットシール充てん工法とは、ひび割れが見られる部分を工具でU字型にカットし、モルタルやコンクリートなどのシーリング材を注入する補修方法です。主に幅1mm以上のひび割れを補修するときに選びます。Uカットシール充てん工法は、大きな力が加わってもひび割れが広がりづらいのが特徴です。

3-2.外壁が欠損したり鉄筋が露出したりしている場合

外壁が欠損していたり鉄筋が露出したりしている場合は、モルタル充てん工法で補修します。モルタル充てん工法の流れは、以下を参考にしてください。

  1. 補修場所に目印を付け、必要に応じて周囲を養生する
  2. 爆裂や欠損の周辺を慎重に削り取る
  3. 補修場所を丁寧に清掃する
  4. サビ止めを塗布した後、モルタルを充てんする
  5. 表面をよくならして乾燥させる
  6. 仕上げ処理をして完了

3-3.塗膜が浮いている場合

塗膜が浮いている場合は、不良部分の塗膜を広めに除去してから補修します。なお、下地が広範囲にわたってダメージを受けているケースでは、塗膜をすべてはがして下地処理からやり直すことになるでしょう。部分的に補修してもダメージが残ったままになっていると、すぐに不具合が再発する可能性があるからです。

3-4.外壁の下地補修は専門業者に依頼すること

外壁の下地補修は、信頼できる専門業者に依頼することがおすすめです。業者を選ぶときは、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 外壁の下地補修で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察および見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい
  • 手厚い保証やアフターフォローを受けられる

なお、当藤ノ家でも、外壁の下地補修で数多くのご依頼をいただきご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4.外壁の下地補修に関するよくある質問

最後に、外壁の下地補修に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.自分で外壁の下地補修をやってみてもよい?
A.おすすめしません。外壁の下地補修は、難易度が高いからです。確実に補修するためにも、また、キレイに仕上げるためにも、信頼できる業者に依頼しましょう。

Q.外壁の下地補修は10年ごとに行うべきか?
A.10年ごとに行うことで、常に外壁の状態を良好に保ちやすくなるのは事実です。しかし、10年はあくまでも目安として考えてください。

Q.外壁の下地補修をしておけば地震が起こっても大丈夫?
A.断言できません。地震の大きさや揺れ方によっては、下地補修を行った後であっても外壁が大きなダメージを受ける可能性があります。

Q.外壁の下地補修は雨でも依頼できる?
A.雨の日は、工事が中止になるのが基本です。ただし、雨がひどくなければ、工事場所周辺の養生や足場を組む作業などは行われることもあります。

Q.突然訪問してきた業者に「今だけ80%OFFで工事可能」と言われたのですが?
A.悪質業者の可能性が高いので、話に乗ってはいけません。お得感を強調してすぐに契約させようとするのは、悪質業者によくある手口です。それに、80%OFFでも元値が法外に高ければ意味がありません。

まとめ

今回は、外壁の下地補修について詳しく解説しました。外壁にひび割れや脱落などが見られたら、下地が劣化している可能性が大です。外壁の下地が劣化すると、見た目に悪いだけなく、雨もりがしたり建物の強度が落ちたりする原因になります。まずは、なるべく早く補修して劣化を広げないようにしましょう。なお、外壁の下地補修は、豊富な実績があり丁寧な作業と高品質な仕上がりで評判のよい業者に依頼すると安心です。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、相談してみてください。