エクステリアの主な種類は? リフォームの注意点やコツを詳しく解説!


「そろそろ家のエクステリアをリフォームしたいけど、どんな種類があるのだろう」「エクステリアの工事を依頼するときのポイントを知りたい」とお考えでしょうか? エクステリアは、家の外観イメージを大きく左右すると共に、さまざまな機能を付加してくれます。せっかくリフォームするのなら、できるだけ満足度の高い仕上がりにしたいですよね。そのためにも、まずは、エクステリアにはどんな種類があるのか特徴を含めて理解することが必要でしょう。

そこで今回は、エクステリアの種類について詳しく解説します。

  1. エクステリアとは?
  2. エクステリアのスタイルについて
  3. エクステリアにはどんな種類がある?
  4. エクステリアのリフォーム業者を選ぶポイント
  5. エクステリアの種類に関するよくある質問

この記事を読むことで、エクステリアの主な種類やスタイルなどがよく分かり、実際に選ぶときの参考になります。まずは、記事を読んでみてください。

1.エクステリアとは?

最初に、エクステリアとはどんなものか見ていきましょう。

1-1.エクステリアの意味

エクステリアとは、家の外側を構成する空間のことです。たとえば、フェンスやカーポートなど敷地内にある構成物を含め、家の外側全体がエクステリアになります。エクステリアの反対の意味を持つのが、家の内側を彩るインテリアです。理想の家づくりを目指すには、インテリアと同様にエクステリアも手を抜くことができません。

1-2.外構との違いは?

エクステリアとよく似たものに、外構が挙げられます。外構とは、フェンスやカーポートなど、エクステリアを構成するもののことです。つまり、外構はエクステリアに含まれていると考えることができます。外構のテイストや組み合わせしだいで、理想のエクステリアを実現できるのです。

2.エクステリアのスタイルについて

エクステリアの主なスタイルについて詳しくご紹介します。

2-1.オープンスタイル

エクステリアの主なスタイルの一つが、オープンスタイルです。オープンスタイルは、敷地外との境目にフェンスなどを設置しないことで、開放感にあふれた仕上がりになるのが主な特徴になります。庭が広く見えるほか、日当たりも最大限に確保できることなどがメリットです。反面、屋内が丸見えになりやすく、防犯面で劣るのがデメリットになります。そのため、オープンスタイルのエクステリアは、防犯対策をしっかり行うことが必要不可欠です。

2-2.クローズドスタイル

クローズドスタイルでは、フェンスや門柱などで家の外側をしっかり囲むことで、高いセキュリティーを確保できます。また、敷地外からの視線をシャットアウトできることから、プライバシーを守りたい人にもおすすめです。特に高級住宅街などでは、クローズドスタイルの家が目立ちます。ただし、クローズドスタイルでは圧迫感が強く出やすく、また、窮屈なイメージになりやすいため、デザインや素材の色などに工夫が必要です。

2-3.セミクローズドスタイル

セミクローズドスタイルは、オープンスタイルとクローズドスタイルの両方のメリットを取り入れたパターンです。フェンスや門柱を低めにすることで、敷地外との区切りを明確にしながらも、圧迫感を与えません。また、クローズドスタイルよりも開放感があり、デザイン性が高くなるのもメリットです。クローズドスタイルとオープンスタイルのいずれにも踏みきれない場合は、セミクローズドスタイルを選ぶことをおすすめします。

3.エクステリアにはどんな種類がある?

エクステリアの主な種類について詳しく見ていきましょう。

3-1.門扉

門扉(もんぴ)とは、文字どおり門の扉のことです。家の敷地外との境目に設置され、外部からの訪問者をいったんとどめておくことができます。門扉は頻繁に開閉することから、設置する際はデザイン性だけでなく耐久性が高いことも重視することが大切です。なお、門扉は家の顔ともいえるため、家や門柱などと違和感なくなじむデザインを考えるとうまくまとまります。

3-2.門柱

門柱とは、玄関先にある「壁上の構造物」のことです。主に、門扉の横もしくは敷地外との境目に設置されます。門柱には、郵便ポストや表札・インターホンなどを取り付けて、付加機能を持たせるのが人気です。門柱を設置すると、見知らぬ人を玄関まで寄せ付けにくくなることから、高い防犯効果が期待できます。

3-3.フェンス

フェンスとは、家の外側を囲う柵のことです。敷地外との境目に設置することで、目隠しの効果が期待でき、同時に防犯性を高めることもできます。フェンスの色や素材によって、家の印象がガラッと変わるため、家との調和を考えつつ設置することがおすすめです。ブロック塀よりも開放感がある点も、大きなメリットといえます。

3-4.玄関アプローチ

玄関アプローチとは、門扉もしくは門柱から玄関までの道のりのことです。玄関までの道のりがキレイに整備してあると、とてもオシャレな印象を与えます。また、玄関から道路まで高低差がある場合は、玄関アプローチとして階段やスロープを設けることで、バリアフリーに近づけることが可能です。

3-5.ウッドデッキ・タイルデッキ

屋外でバーベキューを楽しみたい人に人気なのが、ウッドデッキやタイルデッキです。ウッドデッキやタイルデッキがあると、庭先での楽しみが増えることから、特にファミリー層から高い支持があります。ナチュラルな仕上がりを望むのならウッドデッキ、手入れのしやすさや重厚感を重視する場合は、タイルデッキがおすすめです。

3-6.植栽

植栽とは、家の周辺や庭などにさまざまな種類の植物を植えることです。種類によっては、四季折々の花を楽しむことができ、暮らしを豊かにしてくれます。大きな樹木を植えると、直射日光をやわらげる効果や目隠しの効果が期待できるでしょう。また、家の外周に植栽すればフェンスの代わりにもなり、建物の美観を高めると共に一定の防犯性を確保することが可能です。

3-7.カーポート

カーポートも、エクステリアの代表的な種類の一つです。カーポートを設置することで、自家用車を安全かつ楽に駐車できます。また、カールーフを付ければ、多少の雨や雪なら車が濡れずに済み、紫外線や鳥のフンなどを防げるのもメリットです。入り口にチェーンやロープを張る仕様にすれば、防犯性もアップします。

4.エクステリアのリフォーム業者を選ぶポイント

エクステリアのリフォームは、信頼できる業者に依頼することが重要なポイントです。どんな点をチェックして選ぶとよいか、具体的に見ていきましょう。

4-1.エクステリアのリフォーム実績が豊富

エクステリアのリフォームを依頼するときは、リフォーム実績が豊富な業者を選びましょう。エクステリアのリフォーム実績が豊富な業者なら現地視察を元にし、これまでの経験により臨機応変に対応してもらえるからです。また、理想の仕上がりイメージを伝えると、実現するために的確なアドバイスをしてもらえることでしょう。なお、当藤ノ家でも、地域密着型の工務店としてエクステリアのリフォームを数多くお受けしており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.丁寧な作業および仕上がりの高品質さで定評がある

エクステリアの仕上がりで満足するためにも、丁寧な作業および仕上がりのよさで定評がある業者を選ぶことが大切です。いくら工事費用が安く済んでも、仕上がりが低品質では大きな不満が残り、結局やり直すことになるでしょう。エクステリアのリフォームをやり直すのは、費用も日数もかかり大きな負担となります。業者の評判などもしっかりチェックし、高品質な仕上がりかどうか確認することが大切です。

4-3.現地視察および見積もりは無料

現地視察および見積もりを無料で行っている業者なら、信頼できます。現地視察や見積もりは、スタッフの労力と時間・豊富な知識が必要になる作業です。本来なら、有料になってもおかしくありません。しかし、あえて無料で行うことで、多くの顧客に自社との契約を検討してもらいやすくなります。実際に、無料で現地視察や見積もりを行った後、そのまま正式契約に至りやすい点からも、効果は明らかです。目先の小さな利益だけを見ず、長い目で判断できることから信頼できる業者といえます。

4-4.リーズナブルで明確な料金システム

リーズナブルで明確な料金システムであることも、必ず確認しておきましょう。エクステリアのリフォーム費用は、同じ内容を依頼しても業者によって大きく差が出やすいものです。信頼できる業者なら、見積もりを依頼してもびっくりするような金額になることはありません。また、費用明細も細かく付記してあるので安心です。一方、信頼できない業者になると、エクステリアのリフォーム費用一式などと表記するだけで、法外に高い金額を請求してくることが多く見られます。こうした業者に問い合わせても、相場だからとか必要な作業だからなどと取り合ってくれないので注意が必要です。

4-5.希望の工期に合わせてもらえる

エクステリアのリフォームを依頼するときは、希望の工期に合わせてもらえることも重要なポイントです。エクステリアのリフォームは屋外となるので、基本的にはリフォーム中に在宅しなくても問題ありません。しかし、突発的に確認事項が発生することもあります。また、リフォーム中は、家への出入りに不自由が発生することもあるでしょう。したがって、日常生活にできるだけ支障が出ない工期に合わせてもらうことが必要です。

4-6.スタッフが親切で丁寧な対応をしている

信頼できる業者は、社員教育をきちんと行っているため、スタッフが親切で丁寧な対応をしています。そのため、問い合わせの段階から工事完了まで、終始気持ちよく取り引きできるのが特徴です。反対に、スタッフの言葉遣いや態度が悪かったり、特別な理由もなく返信が遅かったりする場合などは、契約を見合わせたほうがよいでしょう。スタッフとのコミュニケーションがうまくできず、エクステリアの仕上がりに不満が残ったり思わぬ行き違いが発生しやすくなったりします。

4-7.顧客からの評判がよい

信頼できる業者は、顧客からの評判がよいものです。顧客は正直ですから、不満があると次回から同じ業者を利用することはまずありません。また、周囲の人にも業者の利用をすすめることもないでしょう。反対に、顧客満足度が高い業者では、多くの顧客がリピーターとなるほか、周囲の人にも積極的にすすめてもらえます。派手な宣伝をしなくても安定した受注につながることから、無理に契約を取らなくても十分にやっていけるのです。

4-8.保証やアフターサービスが手厚い

保証やアフターサービスが手厚いことも重要なポイントです。保証やアフターサービスが手厚ければ、不具合が発生したときにも安心できます。また、エクステリアを追加で設置する場合や、メンテナンスについても相談しやすいことでしょう。工事費用が安く済んでも、十分な保証やアフターフォローがないのでは、長い目で見て後悔する可能性があるので気を付けましょう。

5.エクステリアの種類に関するよくある質問

最後に、エクステリアの種類に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.エクステリアの種類を多く設置したほうが豪華な家になる?
A.一概にはいえません。たとえ種類を多く設置しても、それぞれがバラバラのテイストではちぐはぐなイメージになり、センスが悪く見えるだけです。もしも予算に余裕があるのなら、必要な種類に絞り、それぞれのテイストをそろえて高品質・高機能なものを設置するとよいでしょう。

Q.カーポートを設置するときの注意点は?
A.まずは、十分な広さを確保することが大切です。車の種類によって必要となるスペースが異なるので、必ず実測して確認してください。また、駐車スタイルや出入りのしやすさも考えて設置する必要があります。カールーフの有無なども含め、業者ともよく相談して決めるとよいでしょう。

Q.業者がすすめるエクステリアの種類が気に入らないのですが?
A.業者とのコミュニケーションがうまくできていない可能性があります。希望のエクステリアの条件を伝え、提案し直してもらいましょう。なお、きちんと希望を伝えても満足できる提案をしてもらえないと感じたら、担当者を変更してもらうのも一つの方法です。もしくは、取り引きを中止して新たな業者に依頼し直すのもよいでしょう。

Q.エクステリアの工事費用を抑えるコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • 最低限必要な種類だけを設置する
  • 安い材料を使用する
  • 工事費用がリーズナブルな業者に依頼する

Q.大手工務店と地域密着型の工務店のどちらを選ぶか迷うのですが?
A.それぞれにメリット・デメリットがあるので、よく考えて選ぶことがおすすめです。大手工務店に依頼すると、安定した品質とステイタスを手に入れることができますが、工事費用は高めになることが多いでしょう。地域密着型の工務店の場合は、知名度こそ大手工務店に劣りますが、フットワークが軽くて細やかな要望に応えてもらいやすいのが大きなメリットです。

まとめ

今回は、エクステリアの種類について詳しく解説しました。エクステリアには、家の外観を引き立ててくれるだけでなく、さまざまな機能を付加する役割があります。それぞれの種類の特徴をよく理解し、必要に応じて設置することで満足できる仕上がりを実現できるのです。エクステリアのリフォームで失敗しないためには、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談してみるとよいでしょう。理想のエクステリアを実現するためにも、豊富な経験を元にいろいろと提案してもらうことをおすすめします。