マンションをリフォームするときの注意点は? 後悔しないコツを解説!


「マンションのリフォームを考えているけど、具体的にどんな注意点があるのだろう」「マンションのリフォームで後悔しないコツを知りたい」とお考えではありませんか? 現在不満がある点をリフォームしたいと思っても、どんなポイントに注意すべきかなどよく分からないこともあるでしょう。それに、せっかくリフォームするなら、満足度の高い仕上がりにしたいですよね。

そこで今回は、マンションをリフォームするときの注意点について詳しく解説します。

  1. マンションをリフォームできるケースとできないケース
  2. マンションをリフォームする前に確認すること
  3. マンションのリフォームにはどんな種類がある?
  4. マンションのリフォームを考えるときの注意点
  5. マンションのリフォーム業者を選ぶポイント
  6. マンションのリフォームの注意点に関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションをリフォームするポイントがよく分かります。マンションのリフォームを検討している方は、記事を読んでみてください。

1.マンションをリフォームできるケースとできないケース

最初に、マンションをリフォームできるケースとできないケースそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

1-1.マンションをリフォームできるケース

マンションをリフォームできるのは、自己所有物件の専有部分だけです。専有部分とは玄関ドアの内側から窓サッシの内側までの範囲で、主に以下のようなリフォームができます。

  • 玄関ドアの内側の内装変更
  • 部屋の扉の交換
  • 屋内の床・壁・天井の内装変更
  • 個別排水管の変更
  • インテリアの変更

1-2.マンションをリフォームできないケース

以下のようなケースでは、マンションをリフォームできません。

1-2-1.賃貸物件

賃貸物件は貸し主の所有物になるため、借り主が勝手にリフォームすることはできません。多くの場合、賃貸契約書にリフォーム不可の記載があるはずです。例外として、貸し主が許可した場合は、自己負担にてリフォームできることもあります。ただし、退去時に原状回復することが条件となっていることもあるので注意してください。

1-2-2.ベランダなどの共有部分

自己所有物件でも、共有部分はリフォームできません。マンションの共有部分には、以下のようなものがあります。

  • ベランダ
  • バルコニー
  • 窓(サッシを含む)
  • 玄関扉
  • 外壁材

たとえ、普段専有・使用している部分でも、リフォームできないことがあるので注意してください。

1-2-3.管理組合の許可が下りない

管理組合の許可が下りない場合も、マンションのリフォームをあきらめるか、内容変更を検討する必要があります。また、共有部分のリフォーム以外にも、ほかの住人の生活に影響が出ると判断された場合は、許可が下りないこともあるでしょう。たとえば、以下のようなケースです。

  • カーペット仕様の床をフローリングに変更するなどにより防音基準を満たさない
  • 共有部分の壁の穴開けなどで建物の耐久性や耐震性に影響を与える

いずれも、隣接および階下の住人に影響をおよぼす可能性が高いことが主な理由です。

2.マンションをリフォームする前に確認すること

マンションをリフォームする前に確認すべきことを見ていきましょう。

2-1.現状で不満に感じていることは何か

マンションのリフォームで成功するためにも、現状で不満に感じていることをすべて洗い出してみましょう。現状で何が不満なのか改めて自覚することで、満足度の高い結果につながります。実際の作業では、どんな場所やポイントが気に入らないのか、じっくり考えて一覧にしてみてください。このとき、小さな不満も残さず書き出すことが大切です。すると、意外と多くの不満があることが分かるでしょう。

2-2.優先してリフォームしたい場所はどこか

優先してリフォームしたい場所はどこか、よく考えてみましょう。リフォームによりすべての不満を解消できるに越したことはありませんが、現実は予算の問題などで厳しいものです。まずは、「2-1.現状で不満に感じていることは何か」で判明したポイントを参考にし、リフォームしたい内容と場所を優先順位が高いものから並べ直してみてください。すると、最優先でリフォームすべき内容が分かります。

2-3.予算をいくらまで出せるか

マンションのリフォームでは、予算をいくらまで出せるかも重要なポイントになります。特に、大がかりなリフォームになると、総額数百万円を超えることもあるでしょう。資金調達の方法や、業者への支払い方法も含め、きちんと計画を立ててみることが大切です。予算が厳しい場合は、この記事の「2-3.優先してリフォームしたい場所はどこか」を参考に、優先順位の高い場所からリフォームするとよいでしょう。

2-4.いつまでにリフォームする必要があるか

いつまでにマンションをリフォームする必要があるかも、きちんと確認しておきましょう。中でも、何らかの理由があって急ぐ必要がある場合は注意が必要です。たとえば、家族と同居することになった、要介護者が退院してくるといった場合は、特定の日までにリフォームを終える必要があります。

3.マンションのリフォームにはどんな種類がある?

マンションのリフォームにはどんな種類があるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.天井のクロスと壁紙を一新して明るい雰囲気に

天井のクロスと壁紙を一新すると、明るい雰囲気の部屋に生まれ変わります。たとえば、古い中古マンションなどを気軽にリフォームしたいときにおすすめです。天井のクロスと壁紙の張り替えだけなら安価に済み、間取りや排水管の変更を伴わない分工期が早くなるのもメリットでしょう。

3-2.キッチンの位置を変更して家事動線を大幅に改良

使いづらいI型のキッチンを開放的なアイランド型にリフォームしたことで、家事動線を大幅に改良できます。Iランド型なら周囲がゆったりしているため、子どもと一緒に料理をする際にも窮屈に感じません。また、開放的な気分で調理ができるほか、ホームパーティーを開く際にも自慢のキッチンをほかの人に見てもらうことができます。

3-3.大容量の収納を設置してスッキリ片付いた空間に

さまざまな事情で間取りの変更ができない場合でも、大容量の収納を設置することで、よりスッキリと片付いた空間を実現できます。特にものが多い自覚があるのなら、収納を増やすリフォームがおすすめです。リビングや寝室など、それぞれに収納を作成するとものが散らかりにくく、急な来客にも対応できて助かります。

3-4.細かな仕切りを取り払ってリビングを広く

子どもたちが独立したなどの理由で家族の人数が減った場合、部屋が細かく仕切られている意味がなくなります。細かな仕切りを取り払ってリビングを広くすれば、夫婦2人でゆったり過ごすことが可能です。また、キッチンやそのほかの場所との動線もよくなり、移動や家事がしやすくなることもメリットといえます。

4.マンションのリフォームを考えるときの注意点

マンションのリフォームを考えるときには、いくつか注意点があります。

4-1.マンションの管理規約はどうなっているか

マンションのリフォームを考える前に、管理規約の内容を確認しておきましょう。マンションは、集合住宅であり建物をほかの住人と共有していることになります。そのため、所有物件であっても、自由にリフォームできるわけではありません。管理規約の内容によっては、当初のリフォームプランを大きく変更せざるを得なくなるでしょう。

4-2.リフォームに耐えられるか

特に中古マンションで心配なのが、リフォームに耐えられるかどうかという点です。たとえば、部屋の間仕切りを取り払って広い空間にリフォームしたくても、耐震性が大きく下がるのでは、安全な暮らしを確保できません。また、マンションの建物自体が古過ぎる場合、リフォームしてもすぐに建て替えることになるケースもあります。無駄なリフォームをしないためにも、マンションがリフォームに耐えられるかどうか必ず確認しておきましょう。

4-3.将来売却する予定はないか

将来売却する予定があるかどうかも、重要な問題です。たとえば、個性的なデザインでリフォームした場合、売却時になかなか買い手が付かない可能性もあります。自分たちには最適なリフォームでも、多くの人からは受け入れられないパターンもあることを理解しておきましょう。もしも、近い将来売却する予定や可能性があるのなら、リフォーム内容を大幅に変更したほうがよいこともあります。

4-4.共用部の養生方法について

マンションのリフォームをする前に、ほかの共用部の養生方法についても確認してください。マンションのリフォームでは、共用のエレベーターや階段を使用して必要な資材を運ぶことになります。また、共用のエレベーターや階段から自室までの廊下の使用も必要不可欠です。万が一、業者が破損・汚損した場合は、弁償することになります。業者の過失によるものなら、当然ながら業者が保証することになるでしょう。しかし、中には知らないふりをして放置するケースもあるので注意してください。思わぬトラブルに遭わないためにも、どんな方法で養生するか業者に確認しておくことが大切です。

4-5.リフォーム工事中の仮住まいはどうするか

マンションのリフォームでは、工事中の仮住まいをどうするかも考えておく必要があります。特に、大がかりなリフォームとなれば、数日以上かかることもあるでしょう。場合によっては、実家やビジネスホテルなどに泊まることを考える必要があります。直前になって手配しようとしても都合が付かないこともあるので、早めに確認しておきましょう。

5.マンションのリフォーム業者を選ぶポイント

マンションのリフォームは、以下のようなポイントを参考にして信頼できると判断した業者に依頼しましょう。

5-1.マンションのリフォーム実績が豊富

まずは、マンションのリフォーム実績が豊富な業者かチェックしてください。マンションのリフォームで豊富な実績がある業者なら、さまざまなケースを経験しています。そのため、相談した際にも多くの実例を見せながら的確なアドバイスをもらえることでしょう。なお、当藤ノ家でもマンションのリフォームを数多く手がけており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

5-2.高品質な仕上がりで定評がある

マンションのリフォームを依頼するなら、高品質な仕上がりで定評がある業者を選びましょう。いくら安い費用でリフォームできても、雑な作業や低品質な仕上がりのために不満が残るのでは困ります。マンションのリフォームは安い買いものではないのですから、高品質な仕上がりにこだわりがあり、実際に顧客からも定評のある業者を選ぶことが大切です。

5-3.現地視察や見積もりが無料

現地視察や見積もりが無料の業者なら、何でも気軽に依頼しやすくておすすめです。マンションのリフォームは、物件ごとにさまざまな条件と依頼者の希望をすり合わせてプランを決める必要があります。そのためにも、現地視察や見積もりは必要不可欠といえるでしょう。実際に、現地視察や見積もりが無料なら気軽に業者へ相談することが可能です。しかし、有料では業者にコンタクトするハードルが高くなります。また、現地視察や見積もりだけでも有料の業者は総じて不透明な料金システムなことが多く、おすすめできません。

5-4.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

信頼できる業者は、分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあることも大きな特徴です。たとえば、見積もりをもらっても、どんな項目でいくらかかるのか分かりやすくて安心できます。しかも、リーズナブルな金額なので助かることでしょう。反対に、料金システムが不透明な業者は、見積もりを依頼してもマンションのリフォーム一式と記載してあるだけのことが多く見られます。また、特に理由もなく法外に高い金額を提示してくることがあるので注意してください。

5-5.都合のよい工期に合わせてもらえる

都合のよい工期に合わせてもらえることも、きちんと確認しておきましょう。マンションのリフォームは、場合によって数日以上の工期が必要になることがあります。リフォーム工事中は、普段どおりの生活を送ることができません。したがって、仕事などのスケジュールを調整した上で、都合のよい工期に合わせてもらう必要があります。工事費用が安く済んでも、業者が指定した日時に工事をするのが基本となるのでは不便です。

5-6.スタッフの教育が行き届いていて顧客からの評判がよい

信頼できる業者は、スタッフの教育が行き届いていて顧客からの評判がよいのも特徴です。スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で親切な業者なら、終始気持ちよく取り引きできます。マンションのリフォームで満足するには、業者とのスムーズなコミュニケーションも需要なポイントです。その点、スタッフの教育が行き届いている業者なら、何でも相談しやすいことでしょう。

5-7.手厚い保証やアフターフォローがある

手厚い保証やアフターフォローがある業者を選ぶことも、忘れないでください。マンションのリフォームは、工事が完了した後のフォローも大切です。たとえば、実際に暮らしてみて気になる点が出てきたりもっと改善したいポイントが見つかったりすることもあるでしょう。何かあったときにも、保証やアフターフォローが手厚い業者なら、安心です。

6.マンションのリフォームの注意点に関するよくある質問

最後に、マンションのリフォームの注意点に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.マンションの管理組合ではどんな基準でリフォームの可否を決定している?
A.以下のようなポイントをチェックして、リフォームの可否を決定しています。

  • 申請内容がマンションの管理規約に沿っているか
  • リフォームによって共用部分にどんな影響があるか
  • リフォームによってほかの入居者にどんな影響があるか

Q.マンションをリフォームする前に近隣へあいさつするメリットは?
A.事前にあいさつしておくことで、近隣からのクレームを防ぐ効果が期待できます。マンションのリフォーム工事では、音や振動が近隣に響いてしまうことがあるでしょう。また、塗装を伴う場合は、塗料の臭いなども影響します。しかし、事前にあいさつして工事日程を伝えておけば、多少のことなら大目に見てもらいやすく、リフォーム工事中に外出してもらうことも可能です。

Q.全国チェーンの大手業者と地元密着型の業者のどちらに依頼すべきか?
A.それぞれメリット・デメリットがあるため、一概にはいえません。しかし、地元密着型の業者のほうが、何かとフットワークが軽くて細かな要望に対して柔軟に対応してもらえます。さらに、この記事の「5.マンションのリフォーム業者を選ぶポイント」を満たす業者ならより安心して依頼できるでしょう。

Q.中古マンションを高く売却するにはリフォームすべきか?
A.はい。水回りなど気になる点があるときは、リフォームしたほうが高く売却することが可能です。ただし、リフォームしても、マンションの築年数や立地などの条件によっては思ったほどの高値が付かないこともあります。

Q.20年以上住んでいるマンションはリフォームすべきか?
A.特に不満なく暮らしているのなら、すぐにリフォームする必要はありません。しかし、20年以上暮らしているマンションは、さまざまな部分が確実に劣化しています。このまま住み続けるのなら、水回りなどを中心にチェックし、必要に応じて補修およびリフォームすることがおすすめです。

まとめ

今回は、マンションをリフォームする際の注意点について詳しく解説しました。マンションは集合住宅であるため、一戸建てよりリフォーム内容に制限がかかることが多くなります。まずは、マンションの管理規約を確認し、希望するリフォームが実現できるか確認してみましょう。なお、マンションのリフォームで満足する仕上がりを手に入れるには、信頼できる業者に依頼することも重要なポイントです。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談して進めてみてください。