屋根が劣化すると何が問題? 主な症状と修理方法を詳しく解説します!


「屋根の劣化が気になってきたけど、どんな問題があるのだろう」「屋根の劣化を修理する方法を詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 屋根は紫外線や風雨の影響を受けやすいことから、傷みやすい部分といえます。しかし、屋根が劣化するとどんな問題があるのか、どこにどんな方法で修理を依頼すべきかなどよく分からないことでしょう。

そこで今回は、屋根の劣化について詳しく解説します。

  1. 屋根が劣化するとどんな問題がある?
  2. 屋根の劣化でよくある症状
  3. 屋根の劣化を調べる方法は?
  4. 屋根の劣化を修理する方法
  5. 屋根の修理業者を選ぶポイント
  6. 屋根の劣化に関するよくある質問

この記事を読むことで、屋根の劣化を見極めて適切に修理するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.屋根が劣化するとどんな問題がある?

最初に、屋根の劣化で起こりうる問題について見ていきましょう。

1-1.台風や強風で破損したり吹き飛んだりする

屋根が劣化すると、台風や強風で屋根が破損したり吹き飛んだりしやすくなります。台風や強風のときは、屋根に想像以上の力がかかっているものです。たとえば、屋根が劣化して屋根材がはがれかかっていたりひび割れが入っていたりすると、強風が吹いた際に吹き飛んでしまうこともあるでしょう。吹き飛んだ屋根材が隣家や車などに当たって破損すれば、賠償問題に発展することもあります。

1-2.建物の外観が悪くなる

屋根が劣化すると、建物の外観が悪くなります。持ち主の手入れが行き届いておらず、みすぼらしい印象を与えることもあるでしょう。せっかくの立派な建物も、屋根が劣化してボロボロでは台無しです。手入れが行き届いていない印象の建物は、空き巣などのターゲットになることもあるなど、防犯面でも不安が残ります。

1-3.防水効果や断熱効果が失われる

防水効果や断熱効果が失われるのも、屋根が劣化した症状の一つです。防水効果や断熱効果の高い塗料で屋根を塗装していても、経年などによって徐々に効果が失われていきます。防水効果が失われると、雨もりの原因になることもあるでしょう。断熱効果が失われると、外気温が室温に大きく影響し、光熱費の高騰や健康被害の心配につながります。

1-4.健康被害が出ることがある

屋根の劣化により、健康被害が出ることもあります。たとえば、屋根が劣化して雨もりが発生している場合は、建物の内部に湿気がこもってカビや雑菌が繁殖しやすくなるものです。すると、アレルギーや感染症の原因になることがあります。住人の健康を守り、建物の内部で快適に過ごすためにも、屋根の劣化を放置してはいけません。

2.屋根の劣化でよくある症状

屋根の劣化でよくある症状を詳しくご紹介します。

2-1.色あせが見られる

屋根が劣化すると、色あせが見られるようになります。濃い色は特に退色しやすく、鮮やかさが失われてしまうことでしょう。また、当初の美しさが損なわれ、古びた印象になります。ただし、単に色あせが見られるだけなら、建物への深刻なダメージにはなりません。ただし、外観が悪くなるので、早めに修理するのに越したことはないでしょう。

2-2.塗装がはげる

屋根が劣化した症状の一つに、塗装がはげることが挙げられます。屋根塗装の寿命は、約10年です。屋根は、経年による劣化だけでなく、紫外線や風雨の影響を受けやすいことも、塗装がはげる原因になります。塗装がはげてしまうと、屋根材を保護する効果がなくなり、傷みが進行しやすいので気を付けてください。

2-3.屋根材がひび割れる

屋根材がひび割れるのも、屋根が劣化した症状の一つです。屋根材は、経年や紫外線・風雨などの影響で劣化すると、もろくなってひび割れることがあります。最初はごく浅いひび割れであっても、徐々に深くなったり広がったりし、気が付いたときには大がかりな修理が必要になることもあるでしょう。屋根材のひび割れは雨もりの原因になることからも、放置せずにすぐ修理することが大切です。

2-4.屋根材が反ったり浮いたりする

屋根が劣化すると、屋根材が反ったり浮いたりすることがあります。中でも、サイディング材を使用した屋根は注意が必要です。屋根材が反ったり浮いたりすると、隙間から雨水が浸入して雨もりの原因になることがあります。また、雨水がしみ込むことによって、屋根の内部が腐食してしまうのもいただけません。

2-5.コケが繁殖する

コケが繁殖するのも、屋根が劣化した症状の一つです。屋根材の塗装がはがれたり細かなひび割れが発生したりして水分がしみ込むと、コケが繁殖しやすくなります。色あせの補修をしようとしたら、実はコケが繁殖していることによる変色だったというケースもあるのです。コケが繁殖した屋根材は傷みが進んでいることが多いため、屋根材の交換を進められることが多いでしょう。

3.屋根の劣化を調べる方法は?

屋根の劣化を調べるにはどんな方法があるか、具体的に見ていきましょう。

3-1.目視で調べる

屋根の劣化は、目視で調べるのが一般的です。直接屋根に上がって目視するほか、平屋や二階建ての建物なら、階上の部屋やベランダからチェックすることもできます。また、屋根まで距離がある場合は、双眼鏡などを使用してチェックすることも可能です。なお、目視だけでは不十分なため、そのほかの方法と併用することになります。

3-2.天井をチェックする

天井をチェックすることで、屋根の劣化が判明することがあります。天井に異常が見られる場合は、屋根の劣化が進んでいると考えてよいでしょう。たとえば、雨が降った後に天井にシミが出る場合は、屋根の劣化により雨もりが発生している可能性が高くなります。また、天井に常時シミが出ている、天井にカビが生えるなどの症状が見られることもあるでしょう。

3-3.業者に現場調査を依頼する

業者に現場調査を依頼し、屋根の劣化をきちんと調べてもらうことがおすすめです。プロの豊富な経験と知識により、目視調査や打診調査・雨もり調査などを併用し、的確にチェック・判断してもらえます。自分で調査するより確実で、屋根から落下するリスクもありません。また、調査結果によって、そのまま修理を依頼することもできて便利です。

4.屋根の劣化を修理する方法

屋根の劣化を修理する方法について詳しく解説します。

4-1.塗装し直す

屋根の劣化でも、塗装の色あせや軽いひび割れ・はがれなどは、塗装し直すことで修理できます。新たに塗装することで、新築時のような色合いと仕上がりを手に入れることが可能です。なお、屋根の塗装は、10年程度が寿命になります。そのため、今後も10年程度を目安に塗装をやり直すことがおすすめです。

4-2.ひび割れを修理する

屋根材やコーキング材に浅いひび割れが見られるケースで、かつ、雨もりが発生していない場合なら、ひび割れを修理するだけで済むことがあります。具体的には、ひび割れた部分だけを塗装したりコーキング材で埋めたりして対応可能です。狭い範囲のひび割れなら比較的簡単に修理でき、修理費用も安価に済みます。広範囲にひび割れが発生している場合や、ひび割れが深い場合は、修理よりも屋根材を交換したほうがよいこともあるでしょう。

4-3.雨もりを修理する

雨もりが見られる場合は、何が原因か突き止めて修理することになります。屋根の劣化によって雨もりしている場合は、屋根材やコーキング材のひび割れ、屋根材の破損などが主な原因です。ごく軽い劣化なら、原因となる部分をコーキング材などで埋めることで対応できます。しかし、広範囲にわたって劣化が広がっている場合は、屋根材を全体的に交換することになるでしょう。

4-4.屋根材を交換する

屋根全体に劣化が広がっている場合は、屋根材を交換することが一般的です。いったん屋根材をはがしたり防水材を入れ替えたりするため、確実に修理できます。なお、屋根の種類によってはカバー工法により、既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねる工法を選択できることもあるでしょう。詳しくは、業者に相談してみてください。

5.屋根の修理業者を選ぶポイント

屋根の修理は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

5-1.屋根修理の実績が豊富にある

屋根の修理は、実績が豊富にある業者に依頼するのが基本になります。屋根の劣化修理で豊富な実績があれば、さまざまなケースを経験しており、的確な修理を行ってもらえるからです。また、依頼者からの質問にも実例を挙げて親切に回答してくれることでしょう。豊富な実績があることは、技術力の高さにも結び付くので必ずチェックしてください。なお、当藤ノ家も屋根の修理で豊富な実績があります。まずは、気軽にご相談ください。

5-2.高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある

屋根の修理を依頼するなら、高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある業者を選びましょう。屋根は、家の一番上を守る大切な場所ですから、確実に修理してもらう必要があります。また、依頼者が直接目視で確認できない場所であり、実際にきちんと修理しているか、仕上がりの品質はどうかなどを確認できません。だからこそ、普段から高い技術力と高品質な仕上がりで定評のある業者に依頼することが大切なのです。

5-3.現場調査と見積もりは無料

現場調査と見積もりは無料であることも、信頼できる業者のポイントです。屋根の劣化を調べるには、実際に職人が屋根に上がって現状を目視したり、専用の道具を使用したりして診断することになります。そのため、有料であってもおかしくはありません。しかし、現場調査が有料では、業者へ気軽にコンタクトしづらいのも事実です。信頼できる業者は、あえて現場調査や見積もりを無料にすることで依頼者の心理的なハードルを下げています。実際に、多くがその後の正式依頼につながることからも賢い業者といえるでしょう。

5-4.リーズナブルで分かりやすい料金システム

信頼できる業者は、料金システムがリーズナブルかつ分かりやすいのも特徴になります。屋根の修理は、修理面積・修理方法などの違いにより、修理費用に幅があるものです。しかし、依頼者は専門知識を持たないため、業者の提示した見積もりを信じることになります。その際、リーズナブルで分かりやすい料金システムの業者なら、びっくりするような金額を提示されたり不明な項目で計上されたりすることもなく安心です。

5-5.都合のよい工期に合わせてもらえる

屋根の修理は、都合のよい工期に合わせてもらえる業者に依頼しましょう。修理内容によってはできるだけ早く依頼したほうがよいものの、依頼者にも都合があるものです。屋根の修理は屋外での対応がほとんどですが、雨もり修理など、一部屋内に入って確認するものもあります。仕事などのスケジュールを調整する必要があることからも、依頼者に都合のよい工期を指定できるほうが便利です。

5-6.スタッフが親切で顧客からの評判もよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよい業者なら、終始安心して取り引きできます。業者の中には社員教育が行き届いておらず、スタッフの言葉遣いや態度が悪いところもあるものです。問い合わせや相談をしてもきちんと回答しない、特に理由がないのに回答が遅れるといった業者も、不満が残りやすいでしょう。やはり、スタッフが親切で顧客からの評判がよい業者に依頼すべきといえます。

5-7.保証やアフターサービスが手厚い

信頼できる業者は、総じて保証やアフターサービスが手厚くなっています。屋根の修理は、しっかり行えば数年程度は持つでしょう。しかし、予期せぬ大雨や台風などが起こると、何らかの不具合が出やすいのも事実です。何らかの不具合が出たときでも、保証やアフターサービスが充実している業者なら、安心できます。当藤ノ家でも、工事後半年・1年のタイミングで点検サービスを行っていますので、ぜひご検討ください。

6.屋根の劣化に関するよくある質問

最後に、屋根の劣化に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.屋根の劣化が色あせだけなら修理せずに放置してよい?
A.色あせだけに見えても、きちんと調査すると意外な場所が劣化していることがあります。まずは、信頼できる業者に屋根の調査を依頼してみることがおすすめです。

Q.日本瓦の屋根は劣化しづらいと聞いたのですが?
A.はい。日本瓦の耐用年数は約50~100年であり、屋根材の中では劣化しづらいといえます。ただし、古い日本家屋の屋根では、すでに耐用年数を過ぎているものもあるので注意してください。

Q.軽い屋根材のほうが劣化しづらい?
A.断言できません。軽い屋根材は建物への負担を減らし、耐震性を高める効果がありますが、劣化しづらくなることとは別問題です。

Q.賃貸住宅の屋根の劣化を修理したい場合はどうすべきか?
A.まずは、貸し主に相談してください。屋根の劣化により日常生活に支障があると判断される場合は、貸し主負担により修理してもらえるはずです。なお、賃貸物件は貸し主の所有物であるため、たとえ費用を自己負担しても勝手に修理するとトラブルになることがあるので、やめておきましょう。

Q.屋根の劣化を修理する際に火災保険を使うことはできる?
A.経年や紫外線、一般的な風雨による劣化については、火災保険の適用外となります。たとえば、台風や強風などで屋根材が大きく破損した場合などは、保険が適用されることもあるでしょう。詳しくは、保険会社に確認してみてください。

まとめ

今回は、屋根の劣化について詳しく解説しました。屋根にも寿命があり、10~15年程度で劣化が目立つようになります。屋根は建物の一番上に位置するため、経年による劣化だけでなく、紫外線や風雨などの影響を大きく受けるものです。屋根が劣化すると、色あせやひび割れが発生したり雨もりなどの原因になったりするので早めに修理しましょう。なお、屋根の劣化が気になるときは、この記事を参考にして信頼できる業者に相談し、修理を依頼することがおすすめです。