外壁塗装の周期は何年? 判断する基準や方法&長持させるコツを解説!


「そろそろ外壁塗装の傷みが気になるけど、どれぐらいの周期で塗り替えるとよいのだろう」とお考えなら、この記事が役に立ちます。外壁塗装にも寿命があるため、徐々に劣化が目立ってくるものです。しかし、どんな状態が見られると塗り替えが必要なのかよく分からないこともあるでしょう。また、外壁塗装の耐用年数を延ばす方法も知りたいですよね。

そこで今回は、外壁塗装の周期について詳しく解説します。

  1. 外壁塗装の周期を判断する基準は?
  2. 外壁塗装の塗り替えが必要かどうか判別する方法は?
  3. 外壁塗装の耐用年数を延ばすポイント
  4. 外壁塗装業者を選ぶポイント
  5. 外壁塗装の周期に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の周期を判断するポイントがよく分かります。外壁塗装の塗り替えを検討している人は、記事を読んでみてください。

1.外壁塗装の周期を判断する基準は?

最初に、外壁塗装の周期を判断する基準について見ていきましょう。

1-1.塗料の種類

外壁塗装の周期を判断する基準の一つに、塗料の種類が挙げられます。主な塗料ごとの塗り替え周期については、以下を参考にしてください。

  • アクリル塗料:5~8年程度
  • ウレタン塗料:7~10年程度
  • シリコン塗料:10~15年程度
  • フッ素塗料:15~20年程度
  • 光触媒塗料:15~20年程度

なお、上記の年数はあくまでも目安であり、建物の立地条件や塗装方法などによっても周期は変わってきます。

1-2.外壁材の種類

外壁塗装の周期は、外壁材の種類によっても異なります。主な外壁材ごとの塗り替え周期は、以下をご覧ください。

  • モルタル外壁:8~10年程度
  • コンクリート外壁:15~20年程度
  • 金属系サイディングボード:10~15年程度
  • 窯業系サイディングボード:10~15年程度
  • ALC外壁:10~15年程度

なお、外壁材の劣化が進んでいる場合は、外壁材の交換も塗り替えと同時に行うことがおすすめです。

1-3.前回外壁塗装を行った時期

前回外壁塗装を行った時期を目安にして、周期を割り出すこともできます。外壁塗装は、大体10~15年を目安に塗り替えるのが一般的です。したがって、前回外壁塗装を行ってから10年以上経過していたら、塗り替えるタイミングだと判断してよいでしょう。早めに塗り替えることで、外壁塗装を常に最良の状態に保つことができます。

1-4.自分で外壁塗装の周期を判断するのは難しい

外壁塗装の周期を自分で判断するのは、難しいでしょう。塗料や外壁材にどんな種類が使われているかなど、一見して分かる人は多くいません。それに、外壁塗装の内部までダメージが広がっているかどうかも、判断することは困難です。外壁塗料や外壁材の種類ごとに塗り替え周期が異なることや、違いや、前回外壁塗装を行った時期などから総合的に判断するためにも、信頼できる業者に相談することをおすすめします。

2.外壁塗装の塗り替えが必要かどうか判別する方法は?

外壁塗装の塗り替えが必要かどうか判断する方法について、詳しく解説します。

2-1.外壁塗装の劣化をチェックする

外壁塗装の劣化をチェックすることで、塗り替えが必要かどうか判別できます。たとえば、以下のような症状が見られるときは、外壁塗装の塗り替えが必要です。

  • 変色している
  • 外壁塗装の表面に触れると白い粉が付着する
  • ひび割れが見られる
  • 外壁塗装の浮きやはがれが見られる
  • 雨もりがある

2-2.外観イメージを変更する必要の有無

外観イメージを変更する必要があるかないかも、ポイントになります。たとえば、店舗をリニューアルしたいときなどは、外壁塗装の塗り替えがおすすめです。建て替えをしなくても、まるで新築のような外観を手に入れることができます。古びた外壁塗装のままでいるより確実に店舗のイメージがよくなり、集客効果や売り上げアップ効果も期待できるでしょう。

2-3.信頼できる業者に現場視察を依頼する

信頼できる業者に現場視察を依頼するのも、外壁塗装の塗り替えが必要かどうか判別する方法の一つです。プロならではの豊富な専門知識と経験により、外壁塗装の状態を隅々までチェックしてもらえるので安心できます。自分でチェックするよりも確実で、見落としがちな劣化まで指摘してもらえるのも大きなメリットです。現場視察が無料の業者なら、より気軽に依頼できるでしょう。

3.外壁塗装の耐用年数を延ばすポイント

外壁塗装の耐用年数を延ばすポイントを、具体的に見ていきましょう。

3-1.汚れをクリーニングする

外壁塗装の耐用年数を延ばすには、汚れをクリーニングすることが大切です。外壁には、あらゆる汚れが付着します。汚れが付着したままでは、外壁塗装の色あせや変質の原因になるので、早めにクリーニングして取り除きましょう。特に、台風や大雨・強風の後は、外壁に想像以上の汚れが付着しています。まずは、ホースで水をかけるなどの方法で、軽く汚れを流してみてください。汚れが落ちづらい場合は、業者にクリーニングを依頼することがおすすめです。

3-2.ダメージが小さなうちに補修する

ダメージが小さなうちに補修することも、外壁塗装の耐用年数を延ばすポイントです。ごく軽いダメージのうちに補修すれば、外壁塗装のダメージを広げずに済みます。特に、ひび割れやはがれが見られる場合は、放置すると外壁の内部に雨水などが浸入し、雨もりや外壁材の腐食などの原因になるので気を付けましょう。

3-3.業者へ定期的にメンテナンスを依頼する

外壁塗装の寿命を延ばすには、業者へ定期的にメンテナンスを依頼することも忘れてはいけません。外壁塗装は、経年や紫外線・風雨などの影響で、徐々に劣化します。そのため、いつの間にかダメージが広がってしまっていることもあるでしょう。ダメージを初期段階で対処するためにも、信頼できる業者に依頼して定期的に外壁塗装のメンテナンスを行ってください。

3-4.信頼できる業者に外壁塗装を依頼する

外壁塗装の寿命を延ばすためにも、外壁塗装を依頼する際に信頼できる業者を見極めることが大切です。具体的なポイントは、この記事の「4.外壁塗装業者を選ぶポイント」を参考にしてください。単に塗装費用が安いだけの業者に依頼すると、乾燥時間が不十分、質が悪い塗料を使用する、雑に作業するなどにより、低品質な仕上がりになりがちです。初期費用が安くても、低品質な仕上がりのためにすぐ塗り替えが必要になるようでは、意味がないので気を付けましょう。

4.外壁塗装業者を選ぶポイント

外壁塗装は、信頼できる外壁塗装業者に依頼することが大切です。

4-1.外壁塗装の施工実績が豊富

外壁塗装は、施工実績が豊富な業者に依頼しましょう。施工実績が豊富にあればさまざまなパターンの外壁塗装を行ってきているため、臨機応変に対応してもらえます。また、顧客からの質問にも的確に回答できるので、不安を感じることなく安心して依頼できるでしょう。なお、当藤ノ家でも、外壁塗装を多数お受けしておりご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.技術力の高さと丁寧な仕上がりで定評がある

外壁塗装の技術力の高さと丁寧な仕上がりで定評がある業者なら、満足度の高い仕上がりを手に入れることができます。外壁塗装は、安い買いものとはいえません。せっかくお金をかけて外壁塗装を塗り替えても、仕上がりが悪ければ大きな不満が残ります。その点、外壁塗装の技術力が高い業者に依頼すれば、丁寧な作業と相まって高品質な仕上がりを手に入れることが可能です。なお、顧客からの評判をチェックすると、業者の技術レベルや仕上がりについて分かることがあるので、参考にするとよいでしょう。

4-3.現場視察や見積もりは無料

現場視察や見積もりを無料としている業者は、信頼できると判断してよいでしょう。外壁塗装は、さまざまな条件によって工事費用が大きく異なります。そのため、業者の現場視察と見積もりが必要不可欠です。現場視察や見積もりだけでも手間や時間がかかるため、本来なら有料にしたいところでしょう、しかし、顧客が業者にコンタクトするハードルが高くなってしまいます。そこで、賢い業者は、あえて無料にすることで気軽に自社での外壁塗装を検討してもらいやすくしているのです。実際に、無料の現場視察や見積もりの後に正式契約となるケースが多いことからも、ベストな選択ができる業者と判断できます。

4-4.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

分かりやすくてリーズナブルな料金システムであることも、信頼できる業者の条件になります。外壁塗装は、塗料の種類・塗装面積・塗装方法・外壁の状態などにより、実際にいくらかかるか分かりづらいことが多いものです。しかし、信頼できる業者なら分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあるので安心できます。業者の中には、ライバル業者との不必要な価格競争を避けるために、ホームページでは「お問い合わせください」などとしているケースもあるでしょう。その場合でも、問い合わせ時にきちんと料金システムの説明があれば問題ありません。

4-5.希望の工期に合わせてもらえる

希望の工期に合わせてもらえることも、きちんと確認しておきましょう。都合のよい工期に合わせてもらえる業者なら、仕事やプライベートのスケジュールを調整しやすく好都合です。反対に、塗装費用が激安であっても、業者に都合のよい工期で指定されるところは避けましょう。業者の都合で突然作業を中断したり、工期遅れが発生したりする可能性があり、完成予定日から遅れることもあるので注意してください。

4-6.スタッフの対応がよく顧客からの評判も上々

スタッフの対応がよく、顧客からの評判も上々なら、信頼できる業者といえるでしょう。スタッフの言葉遣いや態度が丁寧で感じがよければ、スムーズにコミュニケーションしやすくなります。疑問や不安に感じることがあっても問い合わせやすいので、行き違いによる大きなトラブルも発生しづらくなるでしょう。終始気持ちよく安心して取り引きするためにも、スタッフの対応は重要なポイントです。なお、スタッフの対応がよい業者は、総じて顧客からの評判もよいので併せてチェックしてみてください。

4-7.保証やアフターフォローが充実している

信頼できる業者は、保証やアフターフォローが充実していることも大きな特徴です。外壁塗装は、工事後も定期的にチェックおよびメンテナンスすることが必要になります。また、何らかの理由により、不具合が出ることもあるでしょう。保証やアフターフォローが充実している業者なら、万が一のときにも不安にならずに済みます。なお、当藤ノ家でも、工事が完了した半年後と1年後に無料点検を行っておりますので、ご安心ください。

5.外壁塗装の周期に関するよくある質問

最後に、外壁塗装の周期に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.耐用年数が長い塗料を使用すればメンテナンスしなくてよい?
A.いいえ。耐用年数が長い塗料を使用しても、何らかの理由で早く劣化することがあります。定期的にメンテナンスを行って劣化を初期段階で食い止め、常によい状態を維持することが大切です。

Q.耐用年数が短い塗料を外壁塗装に選ぶメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 初期費用が安い
  • 気軽に塗り替えることができる

デメリット

  • メンテナンスの手間がかかる
  • 短期間で塗り替えるためコストパフォーマンスが悪いことがある

Q.知らない業者から電話で外壁塗装が半額でできると言われたのですが?
A.  いきなり電話をかけてきて外壁塗装を提案してくる業者は、悪質なケースが多いので注意してください。きちんとした根拠もないのに外壁塗装が安くできると勧誘してくるのも、悪質業者の特徴の一つです。うっかり契約してしまうと、思ったより安くならない、仕上がりに不満が残る、十分な保証やアフターフォローが受けられないなどのトラブルに巻き込まれることがあります。

Q.高価な塗料を使用すれば外壁塗装の周期も長くなる?
A.一概にはいえません。塗料の価格は業界で統一されておらず、業者ごとに異なるからです。そのため、高価であっても高品質な塗料であることを保証するわけではありません。

Q.前回の外壁塗装から20年以上経過しても特に問題がないのですが?
A.外壁塗装の周期はあくまでも目安であり、中には一般的な耐用年数よりも長持ちする例もあります。しかし、一見して問題がないように見えても、実は内部で劣化が進んでいることもあるでしょう。

まとめ

今回は、外壁塗装の周期について詳しく解説しました。外壁塗装は、さまざまな理由により徐々に劣化するため、定期的に塗り替える必要があります。外壁塗装の周期は、塗料や外壁材の種類、前回塗装した時期などを総合的に判断することが大切です。なお、外壁塗装の周期を判断するには、信頼できる業者に現場視察を依頼するとよいでしょう。現状を正しく把握し、一見するだけでは分からないダメージを発見してもらうこともできます。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談してみてください。