リフォームのトラブルが起こる原因は? トラブルを予防する方法も

「リフォームでトラブルが起きるのではないか」「トラブルになったらどうすればいいのか」など、リフォームのトラブルが心配になっている方は多いでしょう。トラブルの原因はさまざまですが、主にリフォーム業者とのすり合わせ不足が問題として挙がっています。事前に、トラブルの原因と対処法を把握しておけば、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

そこで、本記事では、リフォームのトラブルが起こる原因や予防策などについて詳しく説明します。

  1. リフォームのトラブルにはどんなものがあるのか?
  2. リフォームのトラブルが起こる原因
  3. リフォームのトラブルを予防する方法
  4. リフォームトラブルが起こった際の対処法
  5. リフォームのトラブルに関してよくある質問

この記事を読むことで、リフォームトラブルが起こった際の対処法なども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.リフォームのトラブルにはどんなものがあるのか?

まずは、よくあるリフォームのトラブルをチェックしておきましょう。

1-1.多いのは金銭トラブル

リフォームのトラブルで1番多いのは、金銭トラブルです。「見積書には記載されていない費用を工事後に請求された」「勝手に工事を追加されてしまい、追加費用を求められた」などといったトラブルが相次いでいます。リフォームの内容や使用する素材などによって費用が大きく異なるため、事前に見積書や追加料金が発生するケースを確認しておかなければなりません。特に、悪質なリフォーム業者ほどずさんな見積書を提示してくる傾向があるので要注意です。

1-2.リフォーム直後の不具合

リフォームしたばかりなのに不具合が起きたというトラブルもよく起きています。リフォームは手抜きしやすく、ずさんな工事になりやすい傾向があるので注意しなければなりません。悪徳業者によるずさんな工事は、リフォーム後にさまざまな不具合が起きる原因となります。リフォーム後に不具合が起きると、再度工事を行う必要性が出てくるので倍以上の費用がかかるでしょう。また、修理を依頼しても対応してくれないリフォーム業者もあります。

1-3.スケジュールどおりに工事が進まない

天候などによって多少スケジュールが左右することもありますが、工事予定日になっても工事が始まらなかったり、大幅にスケジュールが遅れたりするなどのトラブルがあります。リフォーム業者の担当者に連絡しても、すぐに対応してくれないケースがほとんどです。「人手が足りない」「必要な資材がそろわない」など適当な言い訳をつけて工事を引き延ばす傾向があります。

2.リフォームのトラブルが起こる原因

ここでは、リフォームのトラブルが起こる原因を解説します。

2-1.リフォーム業者とすり合わせができていない

リフォームでトラブルが起きる原因は、リフォーム業者とのすり合わせがうまくできていないことにあります。リフォーム業者にすべてを任せきりにしていたり、きちんと要望を伝えなかったりしたせいで、仕上がりに大きな差が生まれてしまうケースです。リフォーム業者と依頼者の認識のズレは、しっかりとすり合わせを行うことで防げます。後ほど、【3.リフォームのトラブルを予防する方法】で詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

2-2.書面で残さない

見積書や契約内容をきちんと書面で残さない点も、リフォームでトラブルが起きる原因の1つです。悪質なリフォーム業者であればあるほど、書面ではなく口約束で済ませようとする傾向があります。しかし、口約束では後で「いった、いっていない」というトラブルに発展するため、見積書や契約内容はきちんと書面として残しておかなければなりません。書面で提示しないリフォーム業者には注意しておきましょう。

2-3.リフォーム業者選びの失敗

リフォームでトラブルが起きる原因として、リフォーム業者選びの失敗があります。リフォーム業者の中には、不正を働く悪質な業者が存在しているので注意しなければなりません。たとえ、友人や知人にすすめられたリフォーム業者としても、自分の目で見極める必要があります。複数のリフォーム業者を比較するのはもちろんのこと、大幅な値下げをしたり、アポイントなしで訪問に来たりする業者には注意してください。

3.リフォームのトラブルを予防する方法

ここでは、リフォームのトラブルを予防する方法について詳しく説明します。

3-1.納得するまで打ち合わせを重ねる

リフォームでのトラブルを防ぐためには、業者との入念な打ち合わせが必要です。リフォームについて分からないからとすべてを任せきりにするのではなく、どのようなリフォームを行うのか、どのような素材を使うのか、1つ1つを確認しながら打ち合わせを進めてください。打ち合わせでは、リフォームの変更内容をしっかりと担当者へ伝えることが大切です。納得できないことがあれば、質問して解消してから次に進みましょう。また、打ち合わせの内容は書面に残すことも大切なポイントです。

3-2.見積書の内容をしっかりと確認する

契約書だけでなく、見積書の内容もしっかりと確認することが大切です。見積書には、どのような工事にいくらかかるのか、何の素材を使い料金はいくらぐらいなのかが細かく記載されています。「一式」など大ざっぱな内容になっている場合は注意が必要です。なぜこの費用になるのか、担当責任者からの説明をしっかりと受けましょう。また、念のために、追加費用が発生するケースも確認してください。

3-3.リフォーム業者は複数を比較する

リフォーム業者を選ぶ際は、複数の業者を比較することが大切です。最初から1社だけに絞ってしまうと、悪徳業者に引っかかるリスクが高まります。悪徳業者を見極めるためにも、3~4社のリフォーム業者を比較してください。なお、リフォーム業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • リフォームの実績があるか
  • 担当者やスタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 無料見積や無料相談を受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか

3-4.リフォーム後は担当者と一緒に仕上がりを確認する

リフォームのトラブルを未然に防ぐためにも、リフォーム後は担当者や職人と一緒に仕上がりを確認してください。そこで、問題点や気になる箇所を見つけたら、すぐに尋ねましょう。優良業者なら即対応してくれるはずです。引き渡し時に、依頼した内容どおりになっているのか確認することは、トラブル防止につながります。

4.リフォームトラブルが起こった際の対処法

ここでは、リフォームのトラブルが起こった際の対処法をいくつか紹介します。

4-1.トラブルの内容や契約書などを確認する

リフォーム業者へ問い合わせる前に、トラブルの具体的な内容を記録しておきましょう。リフォームでトラブルが起きるとついパニックになってしまいがちですが、冷静になって頭の中を整理し、トラブルの内容を記録することが大切です。トラブルの発生日時・発生場所などをメモにして残しておきましょう。また、契約書や保証書なども手元に準備しておいたほうが、リフォーム業者もスムーズに対応できます。なお、リフォーム業者と揉めないためにも、トラブル箇所を写真で撮影しておくといいでしょう。

4-2.リフォーム業者に問い合わせる

リフォームトラブルが起きた際は、できるだけ早めにリフォーム業者の担当者に問い合わせてください。工事の保証が充実しているリフォーム業者であれば、すぐに対応・修理してくれるでしょう。どのようなトラブルが起きているのか、具体的に説明することが大切です。ただし、リフォーム業者の中には、きちんと対応してくれないところがあります。その場合は、ほかの対処法を考えなければなりません。

4-3.消費者センター・国民生活センターに相談する

リフォーム業者と交渉しても解決できない場合、消費生活センター国民生活センターといった第三者機関へ相談してください。消費生活センターや国民生活センターでは、無料相談を受け付けています。早めに相談したほうが、解決策の選択肢も増えるでしょう。なお、住宅リフォーム・紛争処理支援センターや各地域の建築士会・弁護士会でも相談を受け付けています。

4-4.リフォームなら藤ノ家へ

どのリフォーム業者に依頼すべきか悩んでいる方やリフォームのトラブルで困っている方は、ぜひ藤ノ家にご相談ください。静岡市を中心にリフォーム業を行っている藤ノ家では、依頼者の要望に寄り添ったベストプランを提案しています。地元密着型で下請業者のマージンがかからないので、他社よりも2~3割安い低コストでのリフォームが可能です。そのほか、小さなリフォームからトータルリフォームまで幅広く手がけています。リフォームでお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

5.リフォームのトラブルに関してよくある質問

リフォームのトラブルに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.気をつけたほうがいいリフォーム業者の特徴は?
A.アポイントなしで訪問勧誘する業者には注意が必要です。依頼が多く実績があるリフォーム業者であるほど、信用されている証拠で訪問営業をする必要はありません。逆に、悪徳業者は訪問販売を行い、強引にリフォームを依頼させようと迫ります。「リフォームしませんか?」「今がお得にリフォームできるチャンスです」など、謳(うた)い文句で迫るリフォーム業者には注意してください。また、スタッフの対応が悪い業者にも注意したほうがいいでしょう。

Q.リフォーム業者との打ち合わせ前にすべきことは?
A.大まかで構いませんので、自分が望んでいるリフォームをイメージすることです。どのようなリフォームをしたいのか、どのような仕上がりにしたいのかなど、イメージを固めておくと打ち合わせが進みやすくなります。リフォームのイメージを固めるために、できるだけカタログやWebサイトをチェックするといいでしょう。打ち合わせ前に、リフォームについての情報を集めることも大切なポイントです。

Q.近隣住民とのトラブルも起こりやすいのか?
A.リフォームでは、近隣住民とのトラブルも起きやすいので注意しなければなりません。よくあるトラブルとしては、「リフォーム工事の音がうるさい」「業者の車が邪魔」などがあります。これらの近隣住民とのトラブルを未然に防ぐためには、事前の挨拶まわりや近隣住民への配慮が大切です。前もって、リフォームの挨拶をしておけば、近隣住民も安心できるでしょう。近隣住民へ配慮してくれる業者を選ぶことも大切です。

Q.リフォーム後に体調が悪くなる原因は?
A.リフォームで使用した建築材料に問題がある可能性があります。建築材料の中には、シックハウス症候群の発症につながる素材もあるので注意が必要です。建築材料に含まれる化学物質以外にも、ダニやカビ・ストレス・換気不足が体調不良の原因となることが考えられます。「リフォーム後に体調不良が続いている」「家に帰ると頭痛やめまいがする」という方は、早めにリフォーム業者へ相談したほうがいいでしょう。

Q.クーリングオフ制度とは?
A.一定の期間内であれば、契約を解除できる制度のことです。訪問販売などによって強制的に契約を交わしてしまった場合、契約書面を受け取ってから8日以内であればクーリングオフ制度が採用できます。なお、クーリングオフ制度を利用したい方は、消費生活センターに問い合わせてください。ただし、リフォーム業者の営業所・事業所で契約した場合は、クーリングオフ制度は利用できません。自分で判断できない場合も、消費生活センターに問い合わせて確認してみてください。

まとめ

リフォームのトラブルが起こる原因はさまざまです。主に、リフォーム業者との打ち合わせ不足や業者選びの失敗などがあります。トラブルを未然に防ぐためには、複数のリフォーム業者を比較し、優良業者に依頼することが大切です。リフォーム実績がある業者に依頼すれば、打ち合わせもしやすく、トラブルが起きる心配もないでしょう。なお、静岡県を中心にリフォーム事業を行っている藤ノ家では、無料相談を受け付けています。リフォームでお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

創業昭和35年の確かな実績!住まいのお悩み・お困りごとをスッキリ解決!無料リフォーム相談実施中!