風呂の蛇口から水漏れが起きる原因は? 水漏れを放置する問題点も


「なぜ風呂の蛇口から水漏れがしているのか分からない」とそのまま放置するのは絶対にNGです。水漏れが起きているということは、何らかのトラブルが発生しているサインといえます。気になっていてもどう対処すればいいのか……と悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、風呂の蛇口から水漏れが起きる原因などについて解説します。

  1. 風呂の蛇口から水漏れが起きる原因は?
  2. 水漏れを放置する問題点
  3. 自分で修理できるケースは?
  4. 専門業者に修理を依頼すべきケースは?
  5. 風呂の蛇口の水漏れに関してよくある質問

この記事を読むことで、風呂の蛇口から水が漏れたときの対処法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.風呂の蛇口から水漏れが起きる原因は?

なぜ、風呂の蛇口から水漏れが発生するのでしょうか。主な原因をいくつか紹介します。

1-1.蛇口のゴムパッキンが劣化している

風呂の蛇口から水漏れが発生するのは、蛇口に取りつけられているゴムパッキンの劣化が原因の可能性があります。風呂の蛇口にもハンドル部分や接続部分のすき間を埋めるためにゴムパッキンが取りつけられているものです。そのゴムパッキンが古くなると、ゴムが固くなってしまい部品のすき間を埋めることができなくなってしまいます。結果、すき間から水が漏れてしまうというわけです。蛇口のハンドル部分・ナットで締めつけられている接続部分・スピンドル部分にゴムパッキンが取りつけられているでしょう。

1-2.切り替えバルブが故障している

切り替えバルブが故障しているため、風呂の蛇口から水漏れが発生することもあります。特に、レバーハンドルタイプの水栓には、水栓蛇口の内部にお湯と水を切り替えるための切り替えバルブが組み込まれているので、その故障が原因の可能性は高いといえるでしょう。切り替えバルブが壊れてしまうと水を止めることができなくなり、水漏れが発生します。

1-3.細かい部品や給水管の破損

ゴムパッキンや切り替えバルブの故障が主な原因となりますが、それ以外にも細かい部品や給水管の破損が関係しているケースもあります。たとえば、袋ナットが割れてしまったり、給水管につながっているハンドル部分が折れてしまったりするなどです。細かい部品の破損は代替品が見つかれば修理できますが、パーツが売っていない場合は蛇口を丸ごと交換する必要があります。給水管の破損でも、大量に水漏れが発生している場合は給水管の交換が必要になるでしょう。

2.水漏れを放置する問題点

ここでは、水漏れを放置することで起きる問題点を紹介します。

2-1.水道料金が増加する

水漏れを放置すると水道料金が増加するので注意しなければなりません。水を使っていないときでも水が垂れ流し状態になるため、どんどん水道使用量が増えていきます。実際、水道料金が大幅に増加したことから水漏れに気づいたというケースもあるほどです。たとえ、水滴レベルの水漏れだとしても、24時間ずっと漏れ続けていると家計に大きなダメージを与えてしまいます。

2-2.家の中が高温多湿になりカビが発生する

風呂の蛇口から水漏れを放置していると、そこから家が湿り気を帯びてしまい高温多湿になってしまいます。その結果、多湿を好むカビが発生しやすくなるのです。カビは水漏れしている部分だけでなく、壁・天井など至る所に発生しては不衛生な環境になってしまいます。また、カビが家の基礎部分に発生した場合、柱などが腐食し倒壊したり家が傾いたりする危険性も出てくるのです。

2-3.家電製品に悪影響を与えることも

風呂の蛇口からの水漏れが原因で、家電製品に悪影響を与える恐れもあります。テレビやパソコンなどの家電製品は水に弱い性質を持っているため、間接的に水漏れの影響を受け故障の原因になり兼ねません。マンションやアパートの場合、蛇口の水漏れが階下にある冷蔵庫・テレビなどの家電に被害がおよぶ可能性があります。さらに、家電製品への悪影響だけでなく、故障からくる漏電によって家事に発展する恐れもあるのです。蛇口の水漏れを放置すると思わぬトラブルになってしまうので注意してください。

3.自分で修理できるケースは?

ここでは、自分で修理できるケースをいくつか紹介します。

3-1.ハンドル混合水栓の水漏れ

風呂の蛇口でよくあるのが、ハンドル混合水栓と呼ばれるタイプです。水が出る蛇口とお湯が出る蛇口の2つにハンドルが分かれており、そこから水滴程度の水漏れが発生しているなら自分で修理できる可能性があります。ハンドルをまわすとつけ根の部分から水漏れが起きるならパッキン交換、ハンドルを締めても水漏れする場合はケレップまたはスピンドルの交換がおすすめです。それでも水漏れが止まらない場合は蛇口ごと交換するしかありません。なお、パッキン交換の手順は以下を参考にしてください。

  1. ドライバーなどの道具を利用してハンドルの中央にあるハンドルキャップを取りはずす
  2. ハンドルキャップの下にあるネジをはずし、ハンドルを取りはずす
  3. カバーナットを取りはずして新品のパッキンに交換する
  4. 部品をもとに戻し、水が漏れていないことを確認する

3-2.開閉バルブの交換

サーモスタット混合水栓の場合、バルブや本体を交換することで水漏れが解決できる可能性があります。サーモスタット混合水栓とは、温調ハンドルで温度を設定することで自動で温度を保ってくれるタイプの蛇口です。サーモスタットのカランから水漏れしている場合は、開閉バルブの劣化や故障のケースが多いでしょう。開閉バルブの交換方法はメーカーや商品によって異なりますが、主な手順は以下のとおりです。

  1. 止水栓を止めて水が出ないようにする
  2. ハンドルを取りはずす
  3. カランについている表示リングを取りはずす
  4. 固定ナットを取りはずす(固いのでウォーターポンププライヤーなどの道具を利用するのが吉)
  5. スペーサーと呼ばれる白い器具を引き抜く
  6. 開閉バルブを取り出し、新しい開閉バルブをセットする

3-3.蛇口まわりからの水漏れ

蛇口まわりから水漏れしている場合は、ナットを締め直すことで解消できるケースがあります。ハンドル根元のナットがゆるんでいるせいで水漏れが起きている可能性が高いからです。モンキーレンチなどでナットを締め直すだけなので、自分でも簡単に水漏れが解消できるでしょう。ただし、ナット部分を締め直しても水漏れが解消できない場合は、パッキンが劣化しているので交換する必要があります。ただし、蛇口そのものの故障が原因で水漏れしている場合は、蛇口本体を丸ごと交換しなければなりません。

3-4.自分で無理に修理するのはNG

蛇口の水漏れ具合や原因によっては、無理に自分で修理をせず、専門業者に依頼したほうがいいケースがあります。「専門業者に依頼すると費用がかかるから……」と思うかもしれませんが、自分で修理したほうが余計に交換費用が高くなってしまうので注意してください。自分で対処できない場合は、無理をせずに専門業者へ相談することをおすすめします。

4.専門業者に修理を依頼すべきケースは?

それでは、専門業者に修理を依頼すべきケースをチェックしておきましょう。

4-1.ひどい水漏れ

症状が軽い水漏れであれば自分で対処できるかもしれませんが、症状がひどければ専門業者に依頼することをおすすめします。専門的な工具が必要だったり、被害が大きく早急に対処しなければならなかったりするケースは、自分で対処のしようがありません。無理に修理しようとせず専門業者に依頼したほうがスピーディーに水漏れが解消できます。また、どこから水漏れが起きているのか分からない場合も、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

4-2.蛇口を丸ごと交換したい

蛇口を丸ごと交換しなければならないケースは、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。「自分でも交換できる!」と思うかもしれませんが、本体を交換することになると配管とつながっているパーツなども用意しなければなりません。専門性が高い作業となるため、素人が手作業で行うのは非常に困難でリスクが高いといえるでしょう。また、蛇口の平均寿命は約10年となっています。10年以上の蛇口は新しくしたほうが、安心して使うことができるでしょう。

4-3.業者に依頼する際の平均費用は10,000円~

水漏れの具合や原因などによって異なりますが、業者に修理を依頼する際の費用は10,000円~が目安になるでしょう。たとえば、パッキン・スピンドル・スパウト等の部品交換で10,000円、単水栓の交換で12,000円、混合水栓の交換で15,000円が目安です。そのほか、追加修理作業や調整作業等で5,000~8,000円ほどかかる可能性があります。事前にいくらかかるのか見積書の内容をきちんと確認することが大切です。

4-4.業者選びのポイントをチェック!

どの業者に蛇口の修理を依頼すればいいのか分からなくなったときは、以下のポイントに注目するといいでしょう。中には、高額な費用を請求してはきちんと修理しない悪徳業者が存在しているので注意が必要です。

  • 水まわりのリフォームや修理実績に長(た)けているか
  • 実際の施工事例がホームページ等に記載されているか
  • さまざまなリフォームに対応しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

静岡県を中心にリフォーム業を行っている藤ノ家では、無料相談を受けつけています。蛇口の水漏れ等でお悩みの方は、ぜひ1度ご相談ください。

5.風呂の蛇口の水漏れに関してよくある質問

風呂の蛇口の水漏れに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.風呂の蛇口の主な種類は?
A.主に、ツーハンドル混合水栓・シングルレバー混合水栓・サーモスタット混合水栓・単水栓の4種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • ツーハンドル混合水栓:ハンドル部分でお湯と水の量を調節するタイプ
  • シングルバー混合水栓:1つのハンドルで湯量を調節するタイプ
  • サーモスタット混合水栓:お湯の量を調節しなくても温度を変えることができる
  • 単水栓:古い建物や銭湯などで使われるタイプ。水やお湯のどちらかしか使うことができない

Q.集合住宅の水漏れで注意しておきたいことは?
A.自宅の水漏れ被害が近隣の部屋にまでおよぶ恐れがあることです。特に、階下への水漏れ被害は注意しておかなければなりません。過去には、3階からの水漏れが原因で1階も水漏れ被害に遭(あ)ってしまい、各階の住人から損害賠償請求されたケースがあります。被害を受けた家具や家電の弁償を求められるケースもあるので注意が必要です。

Q.自分で修理する際の注意点は?
A.水漏れの原因がどのパターンでも、必ずメーターの止水栓を閉めることです。作業を始める前に水を止めるための止水栓を閉めなければ、修理の最中に水が漏れてしまいます。一戸建ての場合は外の地下に埋められていることが多いのですが、マンションやアパートは家の扉を出てすぐの場所にあることが多いでしょう。

Q.修理費用を安く抑えるコツは?
A.水漏れ具合がひどくならないうちに修理することです。水漏れは気づかないうちに進行している可能性があるため、入浴の際は異変がないか確認するようにしてください。また、きちんと原因を調べてくれる業者に依頼するのも大切なポイントです。修理実績がある業者に依頼すれば、安心して任せることができるでしょう。

Q.悪徳業者の特徴は?
A.きちんと蛇口の様子をチェックせずに費用を請求する傾向があります。また、相場よりも高額な修理費を請求してくる可能性もあるため、事前に相場を把握することも大切なポイントです。複数の業者を比較すれば、だいたいの費用が把握しやすくなるでしょう。

まとめ

風呂の蛇口から水漏れが発生した場合、早めに対処することをおすすめします。そのまま放置すると、カビが生えやすくなり不衛生な風呂場になってしまうでしょう。また、放置すればするほど、修繕費用が高くなる恐れもあります。なぜ水漏れが起きているのか分からない場合は、自分で判断せず、専門のリフォーム業者に調査を依頼しましょう。リフォーム実績がある業者に依頼したほうが、スピーディーに対処できます。修繕費用の節約にもつながるでしょう。