防犯対策でエクステリアをリフォームするには? 主なポイントを解説!


「防犯対策にはエクステリアのリフォームがおすすめと聞いたけど、本当か」「防犯効果の高いエクステリアの特徴を知りたい」とお考えではありませんか? 確かに、エクステリアの中には、空き巣の被害に遭いにくいものもあります。しかし、実際にどんな種類を選ぶべきか、どんなポイントに注意してリフォームすべきかなどよく分からないですよね。

そこで今回は、防犯対策のエクステリアについて詳しく解説します。

  1. 空き巣の被害に遭いやすい家の特徴は?
  2. 防犯対策に向くエクステリアは?
  3. 防犯対策でエクステリアをリフォームするには?
  4. 防犯対策のエクステリアに関するよくある質問

この記事を読むことで、防犯対策でエクステリアをリフォームするポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.空き巣の被害に遭いやすい家の特徴は?

最初に、空き巣の被害に遭いやすい家の特徴を見ていきましょう。

1-1.大通りから離れていて人通りが少ない

家の立地が大通りから離れており、普段から人通りが少ない家は空き巣の被害に遭いやすいものです。空き巣犯は、とにかく人目に付くことを嫌います。そのため、大通りの近くなど人通りが多い家は、ほとんどターゲットにしません。反対に、閑静な住宅街など、昼間でも人通りが少ない立地にある家は、空き巣犯に狙われやすいので注意が必要です。

1-2.玄関や窓にカギをかけていない

玄関や窓にカギをかけていない家は、空き巣の被害に遭いやすくなります。カギをかけていなければ、不審者が簡単に侵入できるからです。普段はきちんとカギをかけている家でも、夏場などは玄関や窓を開けたままにしがちな場合は注意しましょう。また、ゴミ出しなどで数分だけカギをかけなかった場合でも空き巣被害に遭った例もあるため、油断は禁物です。

1-3.自宅の周辺にカギを隠してある

自宅の周辺にカギを隠してある家も、空き巣に入ってくださいとアピールしているのと同じです。たとえば、郵便ポストや植木鉢の中などの分かりやすい場所だけでなく、家族だけが知っているはずの場所であっても屋外にカギを放置するのはいけません。空き巣の常習犯なら、短時間でカギの隠し場所を見破ることでしょう。こっそり合いカギを作られてしまえば、カギをかけて外出しても無意味になります。

1-4.背の高い樹木が生い茂っている

庭に背の高い樹木が生い茂っている家も、空き巣の被害に注意する必要があります。特に、2階の窓やベランダから近い位置に高い木が生い茂っている場合は、気を付けてください。空き巣犯は身体能力が高いことが多く、木登りも得意です。あっという間に木を登って、家に飛び移ることができます。

1-5.高い塀に囲まれている

高い塀に囲まれている家も、空き巣のターゲットになりやすくなります。いったん侵入してしまえば、犯行中であることが塀の外から見えづらいからです。特に、大きな家などは頑丈で高い塀があるケースが多く、ともすれば大きな被害につながることがあるので注意しましょう。

1-6.門や塀がない

門や塀がないことも、空き巣の被害に遭いやすい家の特徴になります。門や塀があると、心理的なハードルが高くなるため、不審者が侵入しにくくなるものです。しかし、開放感や日当たりを重視するなどの理由で門や塀がない家は、すきだらけに映ります。また、簡単に敷地内に侵入できるため、空き巣犯が何度も下見してから犯行におよんだケースもあるほどです。

1-7.センサーライトや防犯カメラを設置していない

センサーライトや防犯カメラを設置していない家も、空き巣被害に遭いやすいといえます。センサーライトや防犯カメラを設置していることは、住人の防犯意識がある程度高いことの証拠です。実際に、センサーライトや防犯カメラを設置していない家は、設置している家と比べて明らかに被害が多いことからも、重要なポイントといえます。

1-8.リフォーム中などで足場が組まれている

外壁塗装などのリフォーム工事中で、家の周辺に足場が組まれている場合も空き巣被害に遭いやすくなります。本来なら、足場は作業員の安全を守り、作業をスムーズに進めるためのものです。しかし、空き巣犯にとっては、2階以上からの侵入を簡単にしてくれるものになってしまいます。また、足場の多くはメッシュシートで覆われており、家の中が見えづらくなっているのも空き巣被害が拡大する原因といえるでしょう。

2.防犯対策に向くエクステリアは?

防犯対策に向くエクステリアの実例を5つ、詳しくご紹介しましょう。

2-1.玄関にセンサーライトや防犯カメラを設置する

玄関にセンサーライトや防犯カメラを設置すると、防犯対策になります。空き巣犯は、自分の存在を知られることを嫌うからです。センサーライトや防犯カメラがあれば、証拠が残るのを恐れて家へ侵入しづらくなります。ただし、住宅街でなどでほとんど人通りがない場合などは、センサーライトや防犯カメラの設置だけでは不十分なこともあるでしょう。

2-2.門扉を設置する

門扉を設置すると、空き巣が入りづらくなります。より防犯効果を高めるには、施錠可能なタイプを選ぶのがおすすめです。外出時はもちろん、在宅時も常に施錠しておくようにしましょう。さらに、門扉にカメラ付きインターホンを設置することで、不審者が警戒して侵入しにくくなる効果が期待できます。

2-3.フェンスの設置

フェンスがない家は、フェンスを設置することで防犯対策になります。より高い防犯効果を期待するなら、横格子ではなく縦格子を選びましょう。また、ある程度見通しがよいタイプにすることがおすすめです。コンクリートや生け垣など、外側から見えづらいフェンスは逆効果になることがあるので注意してください。

2-4.窓に鉄格子やシャッターを設置する

窓に鉄格子やシャッターを設置するのも、防犯対策に効果的です。空き巣は、小さな窓からでも器用に侵入します。そのため、窓に鉄格子やシャッターを設置するとよいのです。1階の窓だけでなく、2階以上の窓にも同様に設置するようにしましょう。二重窓への交換も併用すれば、防犯効果がより高まります。

2-5.防犯効果の高いカギに交換する

玄関や窓などのカギを、防犯効果の高いカギに交換するのもおすすめです。特に、古い家のカギは、簡単に開錠できてしまうため、早急に交換しましょう。最近では、サムターンキーやディンプルキーなど、開錠に時間がかかるもしくはほぼ不可能なカギも多く出てきています。また、窓などはメインのカギとは別にもう一つかけられるようにしておくと、より安心です。

2-6.庭に玉砂利を敷く

庭に玉砂利を敷くと、空き巣の被害を予防できます。玉砂利の上を歩くと大きな音がするため、不審者が侵入すると分かりやすいからです。また、暗闇では足を取られてしまいやすく、走りづらいことも相まって、空き巣犯がとても嫌がります。実際に、庭に玉砂利が敷いてある家は、空き巣被害が少ないことからも期待できる対策方法といえるでしょう。なお、玉砂利は飛び散ったり靴の裏に貼り付いたりしてほかの場所に運ばれやすいため、定期的に追加することがおすすめです。

2-7.屋外照明を設置する

屋外照明を設置し、夜間は点灯しておくこともよい防犯対策です。屋外照明によって家が明るく照らされている場合、空き巣犯の多くが侵入を断念します。空き巣犯は、姿を隠すために明るい場所を避けて侵入するからです。したがって、玄関先だけでなく、街灯などが当たらず常時暗くなりがちな場所にも設置するとよいでしょう。

3.防犯対策でエクステリアをリフォームするには?

防犯対策でエクステリアをリフォームする方法や費用相場などを、詳しく解説します。

3-1.信頼できる業者を選ぶポイント

エクステリアの防犯対策は、以下のポイントを参考にして信頼できる業者に依頼しましょう。

  • エクステリアのリフォーム実績が豊富にある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察および見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • スタッフの態度や言葉遣いが丁寧で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 保証やアフターフォローが充実している

なお、当藤ノ家でも、エクステリアの防犯対策を数多くお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-2.防犯対策でエクステリアをリフォームする際の費用相場

防犯対策でエクステリアをリフォームする場合、費用相場は以下が目安になります。

  • センサーライト・防犯カメラの設置:1か所数千~数万円程度
  • 門扉の設置:10万~40万円程度
  • フェンスの設置:15万~50万円程度
  • 窓に鉄格子やシャッターを設置:窓1個2~8万円程度
  • カギの交換:1個数千~3万円程度
  • 庭に玉砂利を敷く:10万~20万円程度
  • 屋外照明の設置:1か所3万~5万円程度

3-3.悪質業者の手口に十分注意すること

悪質業者の手口には、十分に注意してください。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる業者に依頼すると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 「今すぐリフォームしないと大変だ」などと不安をあおる
  • 「キャンペーン中で今だけ半額でリフォームできる」などと甘い言葉を多用する
  • きっぱり断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を取ろうとする
  • 身分証や社員証を提示しない
  • きちんとした見積もりや契約書を発行しない
  • 高額で不透明な料金システム
  • 工事日程を勝手に決めようとする
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • 保証やアフターサービスがほとんどない

4.防犯対策のエクステリアに関するよくある質問

最後に、防犯効果が高いエクステリアに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.防犯効果が高いはずのエクステリアでも空き巣に入られたのですが?
A.どんなに防犯効果が高いエクステリアであっても、空き巣の被害を完璧に抑えることは難しくなります。特に、住人の防犯意識が低い場合は、いくら防犯効果の高いエクステリアがあっても、無駄になることがあるので注意してください。

Q.塀に有刺鉄線を張り巡らせば防犯効果が期待できる?
A.一定の効果はあるでしょう。ただし、有刺鉄線を張り巡らせても完全に空き巣を予防できるわけではありません。そのほかの防犯対策と並行して行うようにしましょう。

Q.1回空き巣に入られた家は再び狙われやすいと聞いたのですが?
A.確かに、1回空き巣に入られると、犯人グループで情報を共有されて再び狙われやすいのは事実です。空き巣の被害に遭ったら、できるだけ早急にエクステリアの防犯対策を進めると共に、しっかり施錠するなど、日常生活でも十分に気を付けるようにしてください。

Q.民間の警備会社と契約すればエクステリアの防犯対策は不要?
A.いいえ。民間の警備会社と契約する場合でも、エクステリアの防犯対策は必要です。万が一空き巣犯などの不審者が侵入しても、民間の警備会社が異変に気付いて現場に到着するまで時間がかかります。そのため、エクステリアの防犯対策もきちんと行うことが大切です。

Q.エクステリアの防犯対策リフォームは何年ごとに行うべきか?
A.特に決まりはありませんが、数年ごとに見直し、適宜行うとよいでしょう。エクステリアの防犯対策も年々進化しています。より使いやすくて高性能な設備にリフォームすることで、より高い効果が期待できるでしょう。

まとめ

今回は、防犯効果が高いエクステリアについて詳しく解説しました。空き巣の被害に遭わないためにも、エクステリアをリフォームすることがおすすめです。たとえば、玄関にセンサーライトや防犯カメラを設置する、門扉やフェンスを設置する、庭に玉砂利を敷くなどさまざまな方法があります。複数のリフォームを組み合わせると、より万全な防犯対策となるでしょう。なお、防犯対策でエクステリアをリフォームするときは、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談して進めてみてください。