静岡市清水区のリフォーム会社 藤ノ家(葵区・駿河区対応)

静岡のリフォーム会社『藤ノ家』の住宅診断

中古住宅・建売住宅の購入で失敗する原因とは?『こんなはずではなかった』と後悔しないために。

 

中古住宅の場合、各部位の消耗度や不具合の調査は専門家でないと難しいものです。お客様ご自身で大丈夫でしょうか?もし気になる箇所が見つかっても、不動産業者に『中古ですからこんなものですよ。』と言われたら、それで納得してしまいませんか?これが失敗の原因です。
住宅購入後に不具合が見つかって思わぬ出費を強いられたりトラブルになるケースが少なくありません。新生活を始めた矢先に後悔することのないように、プロによる事前調査をお勧めします。

こんなことが心配な方・知りたい方にお勧めします。

藤ノ家では中古住宅・マンション・新築建売住宅などの目視による診断調査を行っています。
目視による調査の場合、完成した建物の構造体の中までは判断できませんが、各部位の仕上がりや機能性は十分確認可能ですご契約の前に不具合や問題点を指摘し、購入価格やリフォーム工事に反映させるといったご相談にも応じます。入居後では対応が後手になってしまいますので、どうぞご契約前に調査をして安心・安全な住宅を購入してください。

住宅診断のメリット

  • 利害関係のない設計・建築に精通した専門家が、お客様のご希望の物件をあらゆる角度で専門的に住宅診断・住宅検査を行います。
  • 物件内見時に建築のプロがサポーターとして同席していれば、不動産業者も対応に気をつけるようになります。
  • 不具合や問題がある場合、補修できる・できないの判断基準が明確になります。

各項目をクリックすると、その項目にジャンプします。

住宅診断サービス

中古一戸建て目視建物調査 48,000円

目視で住宅の劣化具合や施工状態を確認し、レーザーレベル測定器・水平機などで建物の歪み具合を測定します。「床下」や「小屋裏」など開口付近の確認・各種設備の確認など、建物が普通に生活できる状態にあるかを調査します。

新築一戸建て目視建物調査 45,000円

目視で住宅の劣化具合や施工状態を確認し、レーザーレベル測定器・水平機などで建物の歪み具合を測定します。「床下」や「小屋裏」など開口付近の確認・各種設備の確認など、通常の施工方法で竣工されているかを調査します。

中古マンション建物調査 38,000円

目視で各部位の劣化具合、水廻りの水漏れを確認する診断です。機材は使用しません。

耐震診断+耐震補強提案 50,000円

耐震診断()を行い、耐震補強の提案をいたします。耐震診断は木造軸組み住宅の一般診断となります。

床下+小屋裏調査 15,000円

床下:白蟻の被害・湿気の状態・床組の状態調査
小屋裏:断熱材の有無・構造材の調査。

このページのトップへ戻る

調査範囲と項目

建物調査の範囲は目視可能な範囲です(床下は点検口や床下収納庫などから目視可能な範囲、屋根裏も点検できる箇所から目視可能な範囲)。建物の外周りや設備、壁・柱の傾きなども調査します。

屋外部分

屋内部分

建具

設備

このページのトップへ戻る

住宅診断の流れ

このページのトップへ戻る

よくある質問

建物調査を依頼するタイミングはいつ頃がいいのでしょか?

お客様ご自身で物件を見学していただいた後、購入の意思決定前のご利用をお勧めします。ご契約前にご依頼いただくよう強くお願い申し上げます。

購入前(所有権の移転前)のため、建物を傷つけるような調査はできないと不動産会社(仲介業者)から言われましたが・・・

目視と非破壊の調査器具を使用しての調査ですので、建物を傷つけたり壊したりすることはありません。

調査時に申し込み人は立会いますか?

調査内容や結果をご理解いただくためにお客様のお立会いをお願いしています。お客様が立会い可能な日程に調整していただきます。

木造以外の建物でも調査してもらえるのでしょうか?

木造以外でも可能です。ただし、耐震診断は木造住宅のみの対応になります。

売主が居住中ですが調査できますか?

はい、できます。中古住宅の場合、約7~8割が居住中に調査を実施しています。お客様が売主様へ気を遣われることも多いですが、十分に気配りしながら調査させていただきます。

売主の立会いは必要でしょうか?

仲介業者(不動産会社)の立会いがあれば、売主の立会いは必要ではありませんが、立会っていただいても問題ありません。

新築時は注文住宅だったようですが建売住宅でも注文住宅でも対応可能でしょうか?

建売住宅も注文住宅も対応可能です。

建売住宅と注文住宅で建物調査の内容に違いはあるのでしょうか?

建売住宅でも注文住宅でも調査範囲・内容において違いはありません。どちらも調査当日に現地で目視できる範囲が対象となおります。

調査の所要時間はどれぐらいでしょうか?

建物の状態や間取り・面積などにより変動しますが一般的に2~3時間程度です。床下・屋根裏の調査が加わりますとさらに30分~1時間30分程度かかります。

基礎コンクリートの強度が心配ですが調査してもらえるのでしょうか?

通常の調査では目視にて確認します。コンクリート表面の状態などから推測することになります。ご要望に応じてシュミットハンマーによる強度試験を実施することも可能です(別途有償)。お気軽にお問い合わせください。

建物調査後、その建物の耐久年数は分かりますか?

住み方やメンテナンスによって大きな影響を受けるものなので、耐久年数ついてはコメントを控えております。ご了承ください。

断熱材の有無などは確認できるのでしょうか?

全ての確認はできませんが天井点検口などから目視できる範囲で確認いたします。断熱材の有無や設置状況(あれば良いのではなく適切な設置が大事です。)を確認します。
なお、床下・屋根裏の詳細調査(オプション)をご利用いただくとより広範囲に確認できます。

シロアリの被害を調査できるのでしょうか?

全ての調査はできませんが床下点検口などから目視可能な範囲で調査いたします。床下詳細調査(オプション)をご利用いただければより広範囲に調査できます。現在、床下・屋根裏の詳細調査(オプション)を希望される方が増えており、3組のうち1組様以上の方にお申し込みいただいています。建物調査の精度を上げるためにも、床下・屋根裏の詳細調査(オプション)は有効なサービスですのでご検討ください。
(ただし、床下および屋根裏に侵入するための点検口、もしくは点検口に代わるものがあるかどうか、事前に売主や仲介業者(不動産会社)にご確認ください。)

報告書はどのくらいでできますか?

報告書は調査日から5日程度後にお客様のご自宅などへ郵送します。ただし、お急ぎの場合はPDFファイルをメールに添付して送信することも可能です。

このページのトップへ戻る

お申し込みフォーム

下記のフォームにご依頼の内容をご記入の上、送信してください。
月曜日~金曜日(祝日・弊社休日を除く)の受領の場合、24時間以内に回答いたします。
フリーダイヤル:0120-927-263 でも受け付けています。

は必須項目です。必ずご記入ください。
お申し込みフォームを利用しての営業・広告メールの送信はおやめください。

--

↑半角の数字で入力してください。






↑該当する項目をチェックしてください。(複数選択可)


現地見学会のお申し込み
このページのトップへ戻る