ご紹介します! ふすまを張替える3つの手順と簡単にできる張替え方法


傷みが目立ってきた自宅のふすま。そろそろ張替えたいと思っていませんか?

もしそうならなるべくキレイに仕上げたいと思いますよね。

しかしながら、「ふすまを張替えたいけれどその方法が分からない」・「ふすま紙を上手に剥がす方法が分からない」とお困りの方も多いようです。

あなたもふすまを上手に張替える方法を知りたいと思っていませんか?

そこで本日は、誰でもできるふすまの張替え方法をご紹介致しましょう。4つの手順があります。

コツさえつかめば簡単にふすまの張替えができるようになりますので、是非参考にしてみてくださいね。

手順1:自宅のふすまの種類を知る

「ふすま」は大きく分けて2種類あります。ですから自宅のふすまがどんな種類なのか知っておくことが必要なんですよ。

本ぶすま=昔ながらの木組みふすま。組子の上に紙を何枚も重ねて貼り付けてあります。

板ぶすま=板ぶすまは組子にベニヤ板を貼り付けその上にふすま紙を貼り付けてあります。マンションやアパートのふすまに使用されることが多いですよ。

ふすまにはこのような種類があります。張替える前に自宅のふすまの構造をよく調べておきましょう。

手順2:ふすま紙を剥がす

ふすまは無理に剥がそうとすると壊れてしまうことがありますよ。無理やり剥がそうとせず、接着剤を緩めてから剥がすようにしましょう。

  • ふすまの引手金具を外す
  • 「ふすま紙はがし」を使って剥がす

このような手順でふすま紙を剥がしていきます。

アイロン紙の場合はアイロンを当てれば剥がすことができますよ。

手順3:新しいふすま紙を貼る

いよいよふすま紙の張替えです。ふすま紙の張替え方法は色々ありますが、今回はとても簡単にできる方法を2つご紹介致しましょう。

簡単なふすまの張替え方法その1:アイロン張り

アイロンを使ったふすまの張替えは誰でもできる簡単な方法です。

  • ふすまの枠にマスキングテープを貼る
  • ふすまの大きさに合わせて紙をカットする(若干大きめにカットしましょう)
  • カットした紙を霧吹きで濡らす
  • 数分放置した後タオルで水分を拭き取りながらシワを伸ばす
  • 温度を中に設定したアイロンを枠に沿って素早くかける
  • ふすまの枠に沿って木べらで後を付け仕上げのアイロンをゆっくりかける
  • 定規を当てながらふすまの枠に沿って余分な紙を切り取る

アイロンを使ったふすまの張替えはこのような方法で行うことができます。特にふすまを分解する必要も無いので簡単ですよ。

簡単なふすまの張替え方法その2:シール張り

シール張りも簡単にできるふすまの張替え方法です。紙をカットするところまではアイロン張りと同じ方法で行いましょう。その後は、

  • ふすまを逆さに立てかける
  • ふすま紙の裏をはがしてふすまに仮止めする(真っすぐになるよう予め印を付けておくと良いですよ)
  • 裏紙を少しずつ剥がしながらなでバケを使ってしわがないようにしっかり伸ばす
  • 貼り終わったら余分な部分をカット

シールタイプのふすまはこのような方法で張り替えることができますよ。

いかがでしたか?

この記事ではふすまの張替え方法についてご紹介致しました。

ふすまをはがす時には、

  • ふすまの構造を知る
  • ふすま紙を無理やり剥がさない

この2つを意識するようにしましょう。

ふすまを張替える方法は色々ありますが、簡単に貼る方法は、

  • アイロン張り
  • シール張り

の2つです。手軽にふすまを張替えるためにこれらの方法は役に立つことでしょう。是非参考にしてみてください。