厄介な窓の結露を防ぐ方法 4つご紹介致します!


結露

寒い季節になると窓の結露の悩まされる人は多いですよね。

「朝起きたら窓に水滴がたくさん付いてびっしょり濡れている…」

あなたもこのような状況にお悩みではありませんか?

窓の結露をそのままにしておくと、床材の傷みやカビの発生にも繋がることでしょう。ですから、効果的な対策方法を知っておくことは大切なのです。

そこで本日は、窓の結露を効果的に防ぐ方法を幾つかご紹介致しましょう。誰でも簡単にできる方法ばかりなので是非参考にしてみてくださいね。

その1:雨戸を閉める

あなたのお部屋には雨戸がありますか? 雨戸は簡単にできる結露防止方法ですよ。

雨戸を閉めると窓と部屋の温度差を減らすことができますよね。その結果窓の結露を防止することができるのです。

部屋に雨戸がついているなら、気温の低い時には必ず閉めるようにしましょう。

その2:窓を温める

結露は部屋の温度と外気温の差によって起こりますよね。

つまり、部屋の温度と窓の温度を同じくらいにしておけば結露は起きにくくなるのです。

そこで役立つのが結露防止用ヒーターですよ。

結露防止用ヒーターは窓際に設置するヒーターで、窓を重点的に温めます。そのため、窓の結露を防ぐことができるんですよ。

結露防止用ヒーターを使うと窓から入る冷気の防止や部屋の暖かい空気が逃げるのを防ぐこともできます。ですから、「結露防止」と「断熱」という2重の効果を得ることができるでしょう。

4,000円位で購入することができるので、活用してみてはいかがですか?

その3:カーテンや断熱シートを使う

カーテンや断熱シートも窓の結露を防ぐために役立ちます。

寒い時期には部屋に厚手のカーテンを取りつけましょう。そしてカーテンの隙間をしっかり埋めて窓を覆うようにしてください。窓と外の温度を同じにすることことができるので結露を防ぐことができるでしょう。

厚手のカーテンと窓に貼り付けるタイプの断熱シートを組み合わせて使うのもオススメですよ。

その4:結露対策スプレー

結露対策スプレーも結露対策に効果的な道具です。

結露対策スプレーにはシリコンを含んだ液体が含まれており、窓ガラスをコーティングして結露を防ぐことができます。

数百円で手に入るのでお手軽な結露対策グッズですよ。

いかがでしたか?

この記事では窓の結露を防ぐ方法を4つご紹介致しました。

  • その1:雨戸を閉める
  • その2:窓を温める
  • その3:カーテンや断熱シートを使う
  • その4:結露対策スプレー

これらの方法で窓の結露を防ぐことができますよ。窓の結露はとても厄介ですが、比較的簡単な方法で防ぐことができます。効果的な結露対策をするために是非お役立てください。