リビングの壁紙をリフォームする前に…後悔のない選び方をしよう!


リビングの壁紙をリフォームするなら、その前に選び方のポイントを知っておきましょう。
木目やレンガ調など、クロスのデザインにもさまざまなものがありますよね。
張り替えの際には、リビングの雰囲気をどうしたいのかよく考える必要があるでしょう。
最近は、壁紙の一部分を違うものに変える「アクセントクロス」も注目を集めています。

  • リビングの壁紙をリフォームしたいと思っている
  • 壁紙を選ぶポイントを知りたい
  • 色をどうするかで迷っている

そんな悩みを解決して、満足のいくリフォームをしましょう。

1.壁紙の寿命と張り替え時期

まずは、壁紙の寿命や張り替えのタイミングについてご紹介します。

1-1.目安は5~10年

壁紙を張り替える時期の目安は5年~10年と言われています。
特にリビングは人が集まる場所であるため、汚れが目立つのも早いでしょう。
また、キッチンから近いこともあり、手あかやタバコのヤニ、油汚れなどがより早く蓄積しやすいのです。
あまり長い間壁紙の張り替えをしないと不衛生でしょう。
壁紙を新しくすると見た目も気分もリフレッシュできますよ。

1-2.張り替えのチェックポイント

5年以上経過すると次のような症状が現れやすくなります。

  • 壁の色が変わってきた
  • 表面がケバ立ち、シワが目立ってきた
  • 表面にカビが生えてきた
  • 防水性能や消臭機能などがなくなってきた
  • 壁紙の継ぎ目に汚れが目立つようになってきた

ほかにも、古くなった部屋の模様替えや家具の買い替えをしたタイミングで、壁紙の張り替えを検討するとよいでしょう。

1-3.壁紙の役割

壁紙は、リビングの雰囲気を一新するだけのものではありません。
私たちの暮らしや健康に役立つ機能が多彩な壁紙もあるのです。
たとえば、天然鉱石を配合した壁紙はマイナスイオンを発生します。
消臭や吸湿機能を備えた壁紙もあり、より快適に過ごすことを可能にしてくれるのです。
ほかにも、汚れ防止や防カビに優れた壁紙も注目を集めているため、そういった役割も考えて壁紙を選ぶ必要があるでしょう。

2.リビングの壁紙を選ぶポイント

では、リビングの壁紙を選ぶ際にはどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。
失敗のない壁紙選びをするために、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.色と柄の選び方には注意

リビングの壁紙でつい選んでしまいがちなのが、無難な白です。
飽きがこない上にどんな家具でもマッチしやすいので、当然のことでしょう。
しかし、汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。
確かに、天井の壁紙は白が多いため、自然と壁紙も白を選んでしまう人が多いはず。
天井は壁ほど汚れにくいため、同じ色の天井壁紙がない場合は、天井だけ白くしても問題ないでしょう。
汚れの目立ちにくさを考えると白よりもベージュやアイボリーがおすすめです。
心理的にも落ち着いたイメージがあるでしょう。
また、狭いリビングを広く見せたい場合は、薄い色がついた明るめの壁紙を使うことをおすすめします。
リビングが広いなら、壁の一部分だけ濃い色目や華やかな柄物の壁紙を使ってみるとよいでしょう。

2-2.環境や目的で選ぶ

リビングの壁紙は、照明や家具、天気や時刻、リビングに入る光などによって見え方が変わってきます。
たとえば、電球が「昼光色」か「昼白色」の光かによっても壁紙の見え方は違ってくるのです。
サンプル見本を手に入れて、実際にリビングで家具や照明と合わせてみることをおすすめします。
日が当たりにくいリビングには、暖色系の壁紙がよいでしょう。
冬でも快適に過ごしやすくなります。
涼しさや軽さを求めるなら、寒色系の壁紙を選ぶようにしてください。

2-3.サンプルよりもショールームで選ぶ

壁紙を選ぶ際は、小さなサンプルの中から気に入ったものを見つける人がほとんどです。
しかし、選んだサンプルと実際にリビングで施工した後のイメージが違った、という例はたくさんあります。
そんな失敗を防ぐために、小さなサンプルよりもショールームの大きな見本帳で選ぶのがおすすめ。
たとえば、柄模様の入った壁紙を選ぶ場合は、実際は思った以上に柄が目立たず埋没してしまう可能性があります。
面積が小さい時よりも色が濃く見えることもあるでしょう。
ショールームならアドバイザーが親切に説明してくれるため、理想のリビングに合った壁紙をおすすめしてくれるはずですよ。

2-4.居心地のよくなる壁紙を

リビングは家族が集まりくつろぐ場所であると同時に、時にはお客様をおもてなしする大切な空間です。
住まいの中心となるため「居心地のよさ」が決め手になるでしょう。
タバコを吸う人や小さなお子さまがいる家庭なら、汚れに強い加工を施した壁紙を選ぶのがおすすめです。
また、吸湿機能のある壁紙で、湿気のたまりやすいリビングを快適に保ちましょう。
アレルギーが気になる人は、ホルムアルデヒドを発生しない素材にこだわってみてください。
壁紙1つでリビングは居心地のよい空間になります。
満足のいく壁紙を選ぶようにしましょう。

3.業者に依頼するメリットと注意点

最後に、壁紙のリフォームを業者に依頼するメリットと注意点をいくつかご紹介します。
壁紙の張り替えは自分で行うこともできますが業者に依頼した方がメリットはたくさんあるのです。

3-1.業者に依頼するメリット

プロの業者に依頼することで時間を短縮することが可能になります。
自分で壁紙のリフォームを行うには、道具をそろえるところから始める必要があり、時間がかかるでしょう。
また、失敗して張り直しをする必要が出てくる可能性もあります。
業者に依頼すれば仕上がりまでのスピードが速く、あっという間にリフォームを済ませることができるのです。
さらに、仕上がりがきれいというメリットもあります。
業者は下地処理をきちんと行ってから新しい壁紙を張るため、壁と壁紙との間に空気が入ってしまうようなミスもないでしょう。

3-2.業者選びは慎重に

次に、壁紙リフォームを依頼する業者選びの注意点です。
中にはずさんな作業をして高額な料金を請求するような悪徳業者もあるため、見極める力が必要になるでしょう。
顧客との話し合いを大切にし、細かい部分まで相談にのってくれるような、良心的な業者を選ぶようにしてください。
注意が必要なのは以下のような業者です。

  • 突然の訪問営業で壁紙リフォームをすすめてくる
  • むやみに安さを宣伝してくる
  • 事前に見積もりをとらない
  • 見積書の内容が不明確

そのような業者を選ばないためにも、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから決めるのがおすすめです。
相場を知ることにもつながるでしょう。
また、壁紙は時間がたってからトラブルが発生する場合もあるため、アフターサービスの充実した業者に依頼するようにしてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
リビングの壁紙にはさまざまな役割があり、選び方によっては居心地のよいものにも悪いものにもなります。
選び方のポイントや注意点を参考にして、お宅のリビングに最もふさわしい壁紙を選んでください。
きっと満足のいくリフォームができるはずですよ。