リフォームの費用相場とは? 安くする方法から見積もりの取り方まで


「リフォームにかかる費用を知りたい」という人は多いでしょう。もちろん、家全体をリフォームするのか、部分的にリフォームするのかによっても費用は大きく変わってきます。不具合や古くなったものを修繕し、住みにくい部分を改善するリフォームは、人が快適に暮らす上で必要なものです。しかし、やはり一番気になるのは費用ではないでしょうか。どんなリフォームにいくらかかるのか、大まかな相場を知っておくことが大切です。この記事では、リフォームの費用相場や安く抑える方法、業者に依頼する際のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. リフォームについて
  2. リフォームの費用について
  3. リフォーム費用を安く抑える方法
  4. リフォームの見積もりについて
  5. リフォームの相談・工事について
  6. リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、リフォームの費用に関する悩みが解決するはずです。リフォームを検討している人はぜひ参考にしてください。

1.リフォームについて

まずは、リフォームについて解説します。種類やタイミング、最近の傾向などをまとめました。

1-1.リフォームとは?

リフォームとは、本来「作り直す」「改正する」を意味する言葉です。つまり、「住宅リフォーム」は、古くなった建物を元の状態に戻すことを指します。似た言葉である「リノベーション」は、現状の建物に大規模な工事を行うことで新築のときよりも性能を高め、使いにくさを改善するものです。一般的には「リノベーション」もリフォームに含め、古い箇所を修繕して住みやすさを向上させること全般を「リフォーム」と呼ぶことが多くなっています。

1-2.種類について

リフォームの種類はさまざまですが、大まかにいうと以下のようなものがあります。

  • 外壁、エクステリア、窓、屋根などの外装リフォーム
  • 間取り変更、壁紙張り替え、フローリング張り替えなどの内装リフォーム
  • キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの水回りリフォーム

1-3.タイミング

リフォームを検討するタイミングは人それぞれです。設備が故障して交換の必要が出たときや、家族構成が変化して間取りや部屋数を変えたいときなどに、リフォームを考える人が多いのではないでしょうか。また、高齢者が同居することになり、急な階段や床の段差に危険を感じてリフォームする人も少なくありません。このように、住宅と同じように「住む人の変化」もリフォームには大きく関係してくるのです。

1-4.最近の傾向

最近の傾向としては、より快適な暮らしを手に入れるために、機能面を重視してリフォームを行う人が増えています。つまり、「必要にせまられてリフォームをする」というよりも、「使い勝手とデザインセンスのよい家を手に入れたい」という理由が多くなってきているのです。また、リフォーム関連業者が提供するサービスが年々充実したものになってきていることも、リフォームの需要を増やす要因になっていると考えられます。

2.リフォームの費用について

リフォームの費用相場や内訳についてご紹介します。

2-1.費用相場

リフォームにかかる費用を、どこをどのようにリフォームするかで大きく変わってきます。一般的には、一戸建てをまるごとリフォームした場合の費用相場は300~2,000万円程度といわれており、建て替えに比べて安く済むのは確実です。部分的なリフォームの場合は、以下のようになります。

  • キッチン:100~150万円
  • 浴室:100~150万円
  • トイレ:~50万円
  • リビング:100~150万円
  • ダイニング:50~100万円
  • 階段:~50万円
  • 外壁:100~150万円
  • 屋根:50~100万円
  • エクステリア:50~100万円

2-2.費用の内訳について

リフォーム費用には、実際の施工にかかる工事費のほかに、材料費や解体費・廃棄物処理費、工事しない部分を保護する養生費などが含まれています。そのほかにも、現場管理費や車両経費、通信費などの諸経費がかかるのが通常です。つまり、同じリフォーム内容であっても、現場の状況などによって費用が異なる場合もあるということを覚えておきましょう。

2-3.費用がかかるリフォームとは?

リフォームの規模が大きくなるほど、当然費用はかかります。特に費用がかかるのは、増築する場合です。床面積が増える増築は、間取りの変更を行うだけの改築に比べて大がかりな工事になります。特に、2階を増築する場合は、1階の補強工事にも費用がかかるため、高額な費用がかかるでしょう。

3.リフォーム費用を安く抑える方法

リフォーム費用を安く抑える方法についてご紹介しましょう。

3-1.費用の差について

リフォーム費用は、依頼する業者によって大きく差が出ます。そもそもリフォームには「定価がない」といわれていることをご存じでしょうか? リフォームはその内容や既存建物の状態、周辺環境などによって工事手順が変わってくる上に、職人の技術力や現場調査力などによってもかかる費用が大きく変わってきます。そのため、同じリフォーム内容であっても、見積もりを依頼した業者ごとにその内容に差があるのは普通のことなのです。

3-2.費用を抑えるポイント

リフォームには多額な費用がかかるため、できるだけ安く済ませたいと思うのは当然のことでしょう。ポイントとしては、複数の業者の見積もり内容をしっかりと比較することです。もちろん、安さだけで業者を選ぶのはおすすめできません。しかし、見積もりを比較することで大まかな相場を把握することは大切です。そのリフォームにかかる費用はどのくらいが相場なのかを知れば、損をすることなくリフォームすることができるでしょう。

3-3.省エネ住宅ポイントとは?

窓や外壁・屋根・天井・床の断熱改修、太陽光システムなどエコ住宅設備を3種類以上設置する工事を「エコリフォーム」と呼びます。こういったリフォームに対して国がポイントを発行する制度があり、そのポイントはエコ商品や商品券・プリペイドカードなどに交換できるのです。この制度はエコリフォームの普及を目的としており、大変注目を集めています。お得にリフォームできるチャンスなので、国交省が公表している省エネ住宅ポイントに関する説明をしっかりと読んでおいてください。

4.リフォームの見積もりについて

リフォームの見積もりについて、ポイントや注意点などをまとめました。

4-1.まずはどうするのか?

まずは、業者のホームページから無料見積もりを申し込みましょう。ここで出た金額は概算であり、正式な見積もりは家に来てもらって現地調査をした上で出すことになります。静岡市のリフォーム会社「藤ノ家」では、こちらから無料見積もりを受け付け中です。ぜひご利用ください。

4-2.ポイントや注意点

見積書の内容は素人に分かりにくい部分も多いでしょう。しかし、必ずチェックすべきポイントがいくつかあります。

  • 作成年月日
  • 業者の押印があるか
  • 設備や部材の型番記載があるか
  • 項目ごとに単価の記載があるか
  • 施工面積、時間、数量が記載されているか
  • 諸経費は何%か
  • 合計金額はいくらか
  • 有効期限

また、内訳を示さず「総工事一式」というように提示してくるところもありますが、このような業者には要注意です。必ず工事費用の内訳が記載された見積書を再度提出してもらいましょう。

4-3.知っておくべきこと

リフォームの見積書には記載されていなくても、追加で発生する費用もあります。たとえば、リフォームを開始してから修繕が必要であることに気づくケースなども少なくないのです。その場合の費用は、当然見積書に記載されていません。「追加費用」として請求されることになるでしょう。あとから慌てることのないように、追加費用が発生する可能性について、事前に業者に確認しておくことが大切です。

5.リフォームの相談・工事について

リフォームの相談や工事を依頼する業者について、選び方や注意点などをまとめました。

5-1.リフォームの依頼について

住宅のリフォームを検討したとき、工事をどこに依頼するか迷う人は多いでしょう。リフォーム工事の依頼先には、ハウスメーカーや住宅建材メーカーのリフォーム部門・工務店やリフォーム工事専門業者などがあります。リフォーム工事専門業者は、小規模工事だけを行うところから、増改築を行うところまでさまざまです。どのような業者かしっかりと調べた上で、慎重に選ぶようにしてください。

5-2.工事について

建築業界では、1社がすべての工事を担当するとは限りません。工事完了までに複数の業者がかかわることも多いのです。契約や打ち合わせだけ行い、実際の設計や施工を下請け業者に発注する業者はおすすめできません。

5-3.業者選びのポイント

理想どおりのリフォームを実現したいなら、信頼のおける良心的な業者を選ぶ必要があります。業者選びのポイントをまとめたので参考にしてください。

  • リフォーム工事の実績が豊富である
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 質問に対して明確な答えが返ってくる
  • メリットだけでなくデメリットも説明してくれる
  • 見積書に細かい内訳が記載されている
  • アフターサービスの内容が充実している

5-4.注意点

突然の訪問販売で契約をせまってくるような業者には要注意です。「今すぐリフォームが必要」と契約を急がされ、必要のないリフォームをしてしまった例や、契約後すぐに倒産した例などが、国民生活センターに数多く報告されています。絶対にその場で契約しないようにしてください。このような業者は、大げさに不安をあおり、悪いことばかりいってくるものです。とりあえずいったん帰ってもらい、家族や建築士・専門家などに相談しましょう。

6.リフォームに関するよくある質問

リフォームを検討している人が感じる疑問とその回答をまとめました。

6-1.リフォームには建て替えと比べてどのようなメリットがありますか?

A.最大のメリットは、住み慣れた家をそのまま残すことができるという点でしょう。もちろん、建て替えに比べると工事期間が短く予算も安く済みます。

6-2.自分でできるリフォームはどの程度の範囲までですか?

A.クロスや床の張り替え・階段の手すり取り付け程度でしたら、DIYでできる範囲といえるでしょう。ただし、失敗の可能性は高くなり、やり直しで余計な出費がかかってしまうこともあります。満足のいく仕上がりにならない可能性も十分にあるため、やはりプロに依頼したほうがよいでしょう。

6-3.リフォーム前には近所に挨拶回りをしておくべきですか?

A.トラブルを避けるためにも、必ず近隣に挨拶をしておきましょう。リフォームにかかる期間や時間帯、内容などをしっかりと伝えておいてください。

6-4.大がかりなリフォームを検討しています。リフォーム工事にかかる費用以外に、用意しておくべき費用はありますか?

A.リフォーム後に家具やカーテンなどを購入する場合は、その費用も考えておきましょう。また、大がかりなリフォームだと一時的に仮住まいに引っ越す必要が出てくる可能性もあります。仮住まいの費用や引っ越し費用、荷物を保管するトランクルーム費用なども考慮しておく必要があるでしょう。

6-5.有名な大手リフォーム業者であれば、安心して任せることができると思ってよいですか?

A.大手だからよい、というわけではありません。そのような業者だと施工をするのはほとんどが下請け業者になるため、企業規模はあまり関係ないのです。下請けに発注する際のマージンが発生し、リフォームにかかる費用が割高になってしまう可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか? リフォームにかかる費用や安く抑える方法、業者の選び方などをまとめてご紹介しました。長く住んでいると、リフォームを検討するときがやってくるでしょう。そんなとき、最も気になるのが費用の面だと思います。どんなリフォームにどのくらいの費用がかかるのかを把握し、どうすべきかじっくり考えてみましょう。ぜひこの記事を参考にして、満足のいくリフォームをしてください。