外壁の汚れが気になる! 洗剤などで落とすことは可能? その他の方法は?


外壁は、家の印象を大きく左右する場所です。そのため、外壁の汚れが気になるという人も多いでしょう。外壁が汚れると見た目が悪くなるばかりでなく、家の寿命にも影響が出てきます。しかし、どうやって外壁の汚れを落としてよいか分からない、という人も多いでしょう。
そこで、今回は外壁が汚れる原因やその落とし方を解説します。

  1. 外壁が汚れる原因
  2. 外壁の汚れを落とす方法について
  3. 外壁の汚れに関するよくある質問

この記事を読めば、外壁の汚れ対策はバッチリです。外壁の汚れが気になるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.外壁が汚れる原因

この項では、外壁が汚れる原因や汚れの成分などを解説します。どのようなものが、外壁を汚れさせるのでしょうか?

1-1.外壁汚れの原因となるもの

外壁汚れの原因になるものには、以下のような種類があります。

  • 雨・土・泥など
  • 排気ガスや空気中のほこり
  • コケ類やカビ類
  • ツタなどのつる性植物

これらが複数混じり合って外壁を汚すことも珍しくありません。たとえば、排気ガスの成分やホコリが空中で雨とまじりあって降ってくる際、外壁を汚します。また、コケ類やカビ類が混じって生えてくることもあるでしょう。ですから、「これをシャットアウトすれば外壁は絶対に汚れない」ということはありません。また、台風などの自然災害が発生すれば、一気に外壁が汚れることもあります。

1-2.外壁の素材別による汚れの違い

外壁は、モルタル・木材・サイディング・コンクリートなどで作られています。コンクリート打ちっぱなしや焼き杉板など、ごく一部を除いては専用の塗料で塗装されているため、汚れ方が極端に違うということはありません。ただし、コンクリートは酸性雨の影響を受けやすいので、雨が多い地域ではコンクリート打ちっぱなしの場合は、劣化が早まることもあるでしょう。
また、外壁塗装が寿命を迎えるころになると、汚れ方が激しくなることもあります。

1-3.汚れを放置しておくとどうなるのか

外壁の汚れを放置しておくと、見た目が悪くなります。特に、外壁が淡い色ですと汚れがよく目立つでしょう。また、外壁そのものにも影響を与えます。ツタなどの植物が絡まった外壁は一見するとステキに見えますが、植物の種類によっては外壁を劣化させてしまうでしょう。ですから、植物を壁に這わす場合は直接ではなく、ネットなどを外壁に取りつけ、そこに這わすようにしてください。

2.外壁の汚れを落とす方法について

この項では、外壁の汚れを落とす方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.自分で落とす方法

外壁の汚れは、ブラシや高圧洗浄機などで落とすことができます。外壁専用の洗剤なども販売されているので、使用してみましょう。高圧洗浄機を使えば、カビなどのガンコな汚れも落とすことができます。高圧洗浄機がないという場合は、漂白剤を入れた水でコケやカビをこすると効果的です。
外壁は洗った後でよく乾かす必要があります。ですから、よく晴れた日に掃除をしましょう。また、高所での作業は無理をしないことが大切です。

2-2.業者に依頼する方法

外壁の汚れが広範囲に及んでいる場合、業者に依頼する方法もあります。外壁や屋根の塗り替えを行っている業者は、外壁の洗浄も行っていますので、インターネットなどで近隣の業者を検索してみましょう。ハウスクリーニング業者では、外壁洗浄は引き受けられない、というところもありますので、注意が必要です。
また、台風などの自然災害以外で家じゅうの外壁が広範囲に汚れている場合は、外壁塗装の寿命が考えられます。一度業者に外壁の状態をチェックしてもらいましょう。
なお、外壁洗浄の料金は家の大きさによって変わりますが、3万~8万円が相場です。

2-3.外壁の塗り替えについて

外壁塗装の寿命は、8~13年です。外壁全体に汚れが広がっている場合は、塗り替えを検討しましょう。業者に外壁の状態をチェックしてもらい、塗り替えをすすめられたら検討をしてみてください。塗り替えの費用は、家の広さや使う塗料の種類によっても異なりますが、20万~50万円が相場です。外壁塗装は必ず劣化するものですから、一戸建てを購入した場合はその費用を見越して貯蓄をしておきましょう。
外壁塗装の場合は、

  • 外壁の洗浄
  • 足場を組む
  • さびを落としたり、コーキングの補修をしたりする
  • 養生
  • 外壁塗装(3回塗り重ねる)
  • 確認

といった手順で行われます。工期は2~3週間ほどです。

2-4.注意点

外壁塗装を行う場合、業者によってかなり値段が異なります。しかし、業者の中には必要な工程をわざと行わないことで、料金を下げてくる業者もあるため、注意が必要です。単に価格が安いからではなく、なぜ安いのか理由を聞いてから選びましょう。また、「キャンペーン中だから」といって契約を急かす業者もおすすめできません。使用できる塗料・効果・費用・工期などを、丁寧に説明してくれる業者がおすすめです。今は口コミサイトなどもありますので、参考にしてみましょう。

3.外壁の汚れに関するよくある質問

Q.外壁の汚れは、どのくらいの間隔で掃除をすればよいでしょうか?
A.外壁は1年に1度は掃除をしてください。台風などのあとで目立つ汚れがついたら、その時も臨時で掃除を行いましょう。

Q.プロに掃除を依頼した場合、どのくらい時間がかかりますか?
A.掃除だけならば2時間程度で終わるでしょう。外壁の状態検査を頼んだ場合は、もう1時間程度よけいにかかります。

Q.DIYで、外壁を塗り替えることはできるでしょうか?
A.外壁塗装は素人が片手間に行えるものではありません。プロに依頼しましょう。

Q.できるだけ費用をかけずに外壁塗装をしたい場合、どうしたらいいですか?
A.足場をかけずに工事を行える業者に依頼すれば、足場代を節約できます。また、塗料の種類によっては費用を抑えることが可能です。

Q.コンクリート打ちっぱなしや、焼き杉板の外壁が汚れた場合はどうしたらいいでしょうか?
A.業者に掃除を依頼するか、修復を頼んでください。専門の業者がいます。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は外壁の汚れについて解説しました。外壁はどれほど丁寧に家を使っていても、必ず汚れます。また、家が建っている環境によって汚れ方は大きく異なるでしょう。できるだけ外壁の汚れを目立たなくしたいという場合は、家を建てる場所や外壁の色をよく考えてください。