窓リフォームの重要性とメリットを徹底検証!成功のポイントとは?


窓のリフォームをお考えではありませんか? 「窓の結露がひどい」「すき間から風が入ってきて部屋が寒い」などの問題も、窓やサッシのリフォームをすることで解決することが可能です。窓にはどのような役割があり、リフォームすることでどのような効果を得られるのか、事前に知っておきましょう。この記事では、窓リフォームのポイントや工事に関わる詳細もご紹介します。

  1. 窓について
  2. 窓リフォームについて
  3. 窓リフォームのポイント
  4. 窓リフォームの工事、費用について
  5. 窓リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、窓リフォームの重要性や成功のポイントなどを知ることができるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.窓について

まずは、窓に関する悩みごとや重要性などをご紹介します。

1-1.窓とは?

窓とは、採光や眺望などを主な目的として部屋や廊下、屋根に設けられるものです。開閉方式によって以下のような種類に分けられます。

  • 引き違い窓:2枚のガラスをスライドして開閉するタイプ
  • 縦すべり出し窓:窓の軸がスライドし、全開にすると90度になるタイプ
  • 内倒し窓:ガラス戸の下部分が軸となり、上部分が室内に倒れて開くタイプ
  • 上げ下げ窓:上下2枚、またはどちらかだけが動くタイプ
  • ルーバー窓:複数枚のガラス板が羽上につながって動き、開閉するタイプ
  • 出窓:壁面から外部に出っ張っているタイプ
  • はめ殺し窓:光をとりいれるだけで、開閉できないタイプ

1-2.重要性と悩みごと

窓の重要性とよくある悩みごとをまとめました。

1-2-1.窓の役割や重要性

窓の役割として一番に思いつくのが、採光でしょう。自然光をいかにうまく室内にとりいれるかによって、家全体のイメージが左右されます。また、日当たりのよさは生活する上での快適性にも影響するため、どこにどのような窓があるかは重要な問題です。また、風通しのよい家を作り出すためにも、窓は重要な役割を果たしています。夏場もできるだけエアコンに頼らず風通しをよくして暑さを取り除くことが可能です。換気の意味も含め、風通しをよくすることは窓の重要な役割といえるでしょう。

1-2-2.よくある悩みごと

  • 断熱性:室内の暖かい空気が逃げ、屋外の冷たい空気が入ってきてしまう
  • 防音性:電車や車の走行音が室内まで聞こえてしまう
  • 防犯性:割れやすく外部から開けやすいなど、空き巣に狙われやすい
  • 冷暖房の効き:冷暖房で暖めた空気や冷やした空気が逃げていってしまう
  • 結露:結露がつきやすく、カーテンや周囲の壁が濡(ぬ)れてしまう

2.窓リフォームについて

窓リフォームをするべき場合やリフォームのメリットなどをまとめました。

2-1.窓リフォームとは?

現在の窓に関する困りごとを解決し、快適に生活できる環境を作り出すために、窓のリフォームを検討すべき場合もあります。窓リフォームの内容は、以下のようなものです。

2-1-1.省エネリフォーム

窓の省エネリフォームは、窓の断熱性を高めることで冷暖房の効率を上げるために行います。窓は熱の出入りが大きい部分のため、断熱性に優れたガラスに取り替えたり内窓を設置したりして室内と屋外の気温差を抑えることが可能です。

2-1-2.防音リフォーム

外部からの騒音が最も侵入しやすいのが窓です。また、ピアノの音やペットの鳴き声などが室外に漏れるのを防ぐために、防音対策として窓リフォームを行う人も多いでしょう。内窓を設置して二重窓にする方法や、防音タイプのガラスに交換する方法などがあります。

2-1-3.防犯リフォーム

空き巣の侵入経路は、その半数以上が窓からということが分かっています。特に多いのがガラスを破っての侵入であるため、「防犯合わせガラス」と呼ばれる防犯用の窓ガラスに取り替える方法がおすすめです。そのほかにも、シャッターや天戸・面格子を取り付ける方法も効果的でしょう。

2-2.リフォームをしたほうがよい場合

窓のリフォームをするべきなのは、以下のような場合です。

  • 冷暖房の効きが悪い
  • 窓際に行くとすき間風が入ってきているのが分かる
  • 窓の結露がひどい
  • 屋外からの騒音が気になる
  • 窓が小さくて日差しが入ってこない
  • 防犯上の不安がある

2-3.リフォームのメリット

窓のリフォームを行うメリットは、単に見た目をきれいにすることだけではありません。上記で紹介したようなさまざまな問題を解決できるのです。真冬でもリビングやお風呂場で快適に過ごすことができるようになり、隣家の生活音なども気にならなくなるでしょう。また、結露によるカビやダニの発生も防ぐことにもつながります。

2-4.自分でのリフォームについて

自分で内窓やサッシを取り付けるなど、窓のリフォームをDIYで行う人もいます。確かに、業者に依頼するよりも費用を大幅に抑えることができるでしょう。しかし、窓は住宅の温度や湿度・音の出入りなどさまざまな部分に影響を与える部分です。きちんと取り付けるためには、技術とノウハウが必要になるでしょう。自分で取り付ける自信がない場合は、やはり業者に依頼することをおすすめします。

3.窓リフォームのポイント

窓リフォームで知っておくべきポイントや注意点などをご紹介しましょう。

3-1.知っておくべきポイント

何を目的としてリフォームを行うのか明確にしておくことが大切です。以下のような目的で窓をリフォームする場合、どのような方法が適しているのか考えてみましょう。

  • 断熱性や防音性を高めたい
  • 風とおしや日当たりをよくしたい
  • デザインを変えたい
  • 防犯対策をしたい
  • 安全性を重視したい

窓の性能をよくするためのリフォームには、「内窓の設置」「サッシの交換」「ガラスの交換」などがあります。内容によって費用相場や工事期間も変わってくるため、しっかりと検討してください。

3-2.実例紹介

窓リフォームの実例をいくつかご紹介しましょう。

  • 以前からひどい結露に悩まされていた窓を、高齢者との同居を機にエコリフォーム
  • 子どもの泣き声や騒ぎ声が室外に漏れていないか心配だったため、防音タイプの複層ガラスに交換
  • 空き巣に狙われやすい位置にあった窓を二重窓にし、窓シャッターを設置
  • 冬場になると非常に寒くなる浴室の窓に内窓を設置

3-3.注意点

マンションの場合、窓や窓枠は共有部分となっていることがほとんどです。その場合は窓の交換やガラスの交換を行う際に管理組合の承認を得る必要があるため、管理規約をしっかりと確認しておきましょう。

4.窓リフォームの工事、費用について

窓リフォーム工事の流れや費用などをご紹介しましょう。

4-1.工事の流れ

一般的には、以下のような流れでリフォーム工事が行われます。

  • 電話またはホームページのフォームからお問い合わせ
  • 現地調査、打ち合わせ
  • 見積書の提出
  • 契約
  • 施工
  • 完成、引き渡し

4-2.だいたいの日数

工事日数はリフォームの内容によって変わってきます。基本的には、内窓の設置には60分程度、サッシごと窓を交換する場合は約1日の時間が必要です。窓の大きさや高さなどを変更する場合は、外壁の一部を固める必要もあるため、2~3日はかかります。

4-3.費用内訳

窓リフォームにかかる費用は、サッシや窓の価格・工賃で決定します。もちろん、サッシやガラスの種類によって費用の相場も変わるため、事前にしっかりと確認しておいてください。

4-4.費用を安く抑えるには?

「できるだけ費用を抑えて窓リフォームをしたい」という場合は、リフォーム業者を比較して選ぶことをおすすめします。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、内容を比べてみてください。そうすることで、大まかな相場を知ることにもつながります。静岡市のリフォーム会社「藤の家」ではこちらから無料見積もりを受け付けているため、ぜひご利用ください。

4-5.業者選びのポイント

リフォーム工事を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選びましょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 事業者団体への加盟や建設業許可の登録をしているか
  • 事務所の所在地がホームページに明記されているか
  • 担当者の人柄はよいか
  • 提案力はあるか
  • アフターフォローがしっかりしているか

4-6.注意点

突然の訪問販売でリフォームをすすめてくる業者は利用しないようにしましょう。「今すぐリフォームが必要」と不安をあおり、強引に契約するような業者も存在しています。必要のない工事をされて高額な料金を請求されてしまうケースもあるのです。実際にその業者を利用した人の口コミなども参考にして、慎重に業者選びをしてください。

5.窓リフォームに関するよくある質問

「窓リフォームについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.「カバー工法」とはどのようなものでしょうか?
A.既存の枠を残したまま、新しいサッシを上から取り付ける工法です。壁の工事が必要ないため、1日で工事が完了します。

Q.窓の増設リフォームにはどのような注意点があるでしょうか?
A.耐震性の観点から、増設できない場所もあります。また、日当たりの角度によっては家の断熱性が変化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

Q.窓リフォームで多い失敗例にはどのようなものがありますか?
A.価格が安いという理由だけで決めてしまい、サッシの色が部屋の壁紙と不釣り合いになってしまったという例は非常に多いです。リフォーム完了後の見栄えも考えた上で選ぶことをおすすめします。

Q.ガラスを交換するだけの窓リフォームにはどのようなメリットがあるでしょうか?
A.使い勝手や見た目を変えずにリフォームができ、今あるサッシをそのまま使えるため施工が容易というメリットがあります。

Q.悪質なリフォーム業者とのトラブルはどこに相談すべきですか?
A.国民生活センターに相談窓口があります。適切なアドバイスをもらえるため、相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 窓に関するよくある悩みや窓リフォームの重要性・方法などをまとめてご紹介しました。窓のリフォームをすることで、現在のさまざまな悩みを解決できる可能性は十分にあります。どのような問題があり、どうリフォームすれば快適な暮らしを手に入れることができるのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。