理想のダイニングにするには? リフォームに失敗しないための4項目!


ダイニングのリフォームについてお悩みではありませんか? ダイニングは家族が集い、食事をする場所です。くつろげる雰囲気であることはもちろん、使い勝手がよく清潔であることが望ましいでしょう。「狭くて落ち着かない」「劣化が目立ってきている」などの理由でリフォームを検討する人も多いはずです。この記事では、ダイニングのリフォームについて、タイミングや費用、工事の流れなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. ダイニングのリフォームについて
  2. ダイニングリフォームの方法
  3. ダイニングリフォームの工事について
  4. ダイニングのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、ダイニングのリフォームに成功する方法が分かるはずです。ぜひ参考にして理想のダイニングを手に入れてください。

1.ダイニングのリフォームについて

まずは、ダイニングの重要性やリフォームのメリットなどをご紹介します。

1-1.ダイニングとは?

ダイニングとは、日本語でいうと「食堂」のことです。台所と食堂が分かれていない場合を「ダイニングキッチン」、居間と食堂が1室になっている場合を「リビングキッチン」と呼びます。さらに、居間と台所・食堂が合わさったものが「リビングダイニングキッチン」です。ダイニングは家族がそろって食事をする重要な場所といえます。

1-2.どんな場合にリフォームするべきか?

ダイニングのリフォームを検討すべきなのは、以下のようなときでしょう。

  • 狭くて使い勝手が悪い
  • 収納が少なく、片づかない
  • クロスが変色して清潔感がない
  • 開放的なダイニングがほしい
  • 床のきしみが気になる
  • リビングダイニングキッチンにして開放的に使いたい

1-3.リフォームのメリット

ダイニングをリフォームすることには、さまざまなメリットがあります。まず、劣化してきた部分を新しくできるということです。ダイニングは食事をする場所であり、家族が集う場所でもあります。清潔感が何よりも大切でしょう。リフォームによって、まるで新築のようなダイニングを手に入れることができれば、家族が集う時間も自然と増えるはずです。また、機能性を考えたリフォームであれば、使い勝手もよくなります。見た目のよさだけでなく、使いやすいダイニングを手に入れることができるでしょう。

1-4.どんなリフォームができるのか?

ダイニングのリフォームでは、以下のようなことができます。

  • クロスの貼り換え
  • カウンターの設置
  • 収納スペースを増やす
  • 床材の取り替え
  • 窓の交換
  • 台所や居間との一体化

2.ダイニングリフォームの方法

ダイニングリフォームのタイミングや方法、費用などをご紹介します。

2-1.リフォームのタイミングとは?

ダイニングのリフォームを検討するのは、以下のようなタイミングが多いでしょう。

  • 使い勝手の悪さを感じるようになった
  • 劣化が目立つようになってきた
  • 家族の人数や生活スタイルが変化した
  • 居心地のよいダイニングがほしい

2-2.どんなダイニングにしたいのか?

リフォームをするにあたって、どんなダイニングにしたいのかを考えておきましょう。たとえば、「広さがほしい」「生活動線が悪いので改善したい」「家族のコミュニケーションがとりやすいダイニングにしたい」など、さまざまな理想があると思います。どんなダイニングにしたいか決まっていれば、どのようなリフォームが必要かが分かってくるはずです。

2-3.キッチンとリビングのかかわり方

ダイニングには、キッチンやリビングとの深いかかわりがあります。もともと、「ダイニングキッチン」は日本の狭い住宅での生活を想定して生まれた発想です。食堂と台所を一体化してほかの居室から独立させるというプランは、数年前までは主流でした。現在は、さらにリビングとも一体化された「リビングダイニングキッチン」が人気を集めています。それぞれを独立させないことで、1つの空間で家族が過ごす時間が増えたのです。

2-4.リフォームの方法

ダイニングをリフォームする方法には、さまざまなものがあります。「明るく清潔感のあるダイニングにしたい」という場合は、クロスの貼り換えや、光が入りやすい窓に交換する方法があるでしょう。「使い勝手をよくしたい」という場合は、カウンターを設置する方法もおすすめです。また、「開放的な空間で食事をしたい」という希望があるなら、リビングダイニングへのリフォームを検討するとよいでしょう。

2-5.費用のかさむリフォームとは?

特に費用がかさむのは、水回りの移動を伴うリフォームです。給排水管を移動する必要があるため、費用が高くなってしまうでしょう。「できるだけ費用を抑えてリフォームしたい」と考えているなら、キッチンを移動させずにできるリフォーム内容を検討しましょう。

2-6.リフォーム前に決めておきたいこと

ダイニングをリフォームする前に、リフォームする目的をはっきりと決めておくことをおすすめします。そのためにも、現在のダイニングに対する不満や不便に思っている点を書き出してみてください。そして、改善するためにはどのようなリフォームが必要かを考えてみましょう。

2-7.プランについて

リフォームプランを立てる際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 現在のダイニングに対する不満をリストアップする
  • 長期的な視点で考える
  • 予算設計は余裕を持って考える
  • ゆとりのあるスケジュールを立てる

2-8.注意点

ダイニングをリフォームする際は、設置するダイニングテーブルや椅子・食器棚などの大きさや配置についても考慮する必要があります。せっかく動線を考えてリフォームしても、家具によって遮断されてしまう可能性もあるのです。現在ある家具をそのまま使用するのか、リフォーム後のダイニングに合わせて買い替えるのか、考えた上で検討してください。

3.ダイニングリフォームの工事について

リフォーム工事の流れや費用についてまとめました。

3-1.工事の流れ、日数

ダイニングのリフォーム工事は、一般的に以下のような流れで行われます。

  • 業者への相談、無料見積もり
  • 現地調査
  • 打ち合わせ
  • プラン、見積もり
  • 契約
  • 施工
  • 引き渡し

工事日数については、リフォームの内容によって異なります。クロスの貼り換えやカウンターの設置程度であれば1日で完了するでしょう。キッチンレイアウトの変更を伴うような大規模なリフォームであれば、2~3週間ほどかかる場合もあります。

3-2.業者選びのポイント

信頼できる業者を選ぶためのポイントをまとめました。

  • 豊富な経験と実績があるか
  • 予算に合った提案をしてくれるか
  • 保証やアフターサービスの内容が充実しているか
  • 担当者の対応は丁寧であるか

3-3.相談、費用について

料金設定は業者によって異なります。同じ内容のリフォームでも業者によって大きく差が出る場合もあるため、できれば事前に複数の業者に無料見積もりを依頼してみましょう。比較することで大まかな相場を把握できるはずです。静岡市にあるリフォーム会社「藤ノ家」では、こちらから無料相談を受け付けています。リフォームに関する悩みや質問があればぜひ利用してみるとよいでしょう。

3-4.注意点

リフォーム業者の中には、ずさんな工事をして高額な料金をだまし取るような悪質業者も存在しています。そのような業者を利用してトラブルに巻き込まれている例もたくさんあるため、十分注意して業者選びを行ってください。

4.ダイニングのリフォームに関するよくある質問

「ダイニングのリフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.小さな子どもがいる場合、どのようなダイニングにリフォームすべきでしょうか?
A.家事をしながらキッチンからダイニングやリビングが見渡せるようにするのがおすすめです。

Q.ダイニングの内装はどのようなものを選べばよいでしょうか?
A.食べものや飲みものをこぼしてもすぐ拭き取れるように、フローリングやタイルがおすすめです。また、料理の匂いが付着しやすいため、消臭効果のある壁紙材などを採用するのもよいでしょう。

Q.50万円以下でできるダイニングリフォームにはどのようなものがありますか?
A.床や壁・天井のクロスを変更するリフォームなどは、50万円以下で可能でしょう。

Q.リフォームとリノベーションはどう違うのですか?
A.リフォームは老朽化した建物を新築の状態に戻すこと、リノベーションは既存の建物に工事を行い、性能を上げることをいいます。

Q.飛び込みで営業に来たリフォーム業者に、「今すぐリフォームが必要」といわれました。契約したほうがよいでしょうか?
A.飛び込みで営業に来る業者は利用しないことをおすすめします。契約をとるために必要のないリフォームを迫ってくるような、悪徳業者である可能性が高いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ダイニングのリフォームについて詳しくご紹介しました。ダイニングは家族が食事をとるための大切な場所です。現在の問題点を改善し、快適な空間にするためには、どのようなリフォームが必要かをしっかりと考えなければなりません。ぜひこの記事を参考にして、満足のいくダイニングリフォームをしてください。