置くだけで雰囲気が一変! 癒し系インテリア『フェイクグリーン』の魅力とは?


フェイクグリーン

「色鮮やかな観葉植物が身近にある暮らし」
こうした生活に憧れる方も多いのではないでしょうか?
今や観葉植物はインテリアの定番。置くだけで、部屋全体が落ち着き、くつろげる空間となります。

しかし、本物の植物であるがゆえに、毎日の世話は欠かせません。
少し手入れを怠ると、虫に食われてしまったり枯れてしまったり…。さらに埃が溜まってカビがはえてしまうと、カビの胞子がアレルゲンとなり、人体に悪影響を与えてしまうことも…。

「観葉植物は置きたいけど、毎日世話をするのは大変!」
そんなあなたにオススメなのが『フェイクグリーン』です。
見た目は観葉植物そのものでありながら、水やりの必要がなく管理も簡単!
トイレや洗面所など、本物の観葉植物だったら枯れてしまうような日当りの悪い場所にも気にすることなく置く事ができます。
最近では、光触媒加工やCT触媒加工がされていて、空気清浄効果や抗菌効果があるものも!
今回は、そんなフェイクグリーンの魅力についてご紹介します。

1. 本物の観葉植物にそっくり!

フェイクグリーンというと、いかにも造り物のようなチープなイメージをされる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。かなり精巧に作られている商品が多く、葉や枝の質感まで本物を忠実に再現しています。そのクオリティの高さは、近くでじっくり見なければ本物の観葉植物との違いがわからない程です。
実際に我が家に置いてあるフェイクグリーンをご覧ください。

GREENPARK ecostone
高度なアートフラワーのテクニックを取り入れたフォルムが特徴的なフェイクグリーン。土の部分には珪藻土(けいそうど)が使用されており、脱臭・空気清浄・湿度調整効果もあります。

greenpark

greenpark2

洗面所の脇に。

 

EMMILIO ROBBA L’ATELIER
本物と見間違えるほどの高品質なアートフラワー。生花では表現できないようなアーティスティックなアレンジがされているのが特徴です。
花と花瓶がセットになっているので、購入してすぐに置くことができます。

EMILIO_ROBBA

キッチンの窓際に。

フェイクグリーン3

和室の床の間に。

 

その他メーカー
デパートで思わず衝動買いしてしまったもの達。

フェイクグリーン2

トイレの片隅に。

フェイクグリーン4

階段横の出窓に。

フェイクグリーン5

陶器のキャンドルホルダーに絡めて。

2. 水やりの必要がない!

本物の観葉植物と違い、毎日の水やりが必要ありません。また、日の当たり方や温度・湿度などをいちいち気にする必要がないため、自分の好きな場所に置く事ができます。

3. 枯れることがない!

生活の一部となっていたお気に入りの観葉植物が枯れてしまった時の精神的ショックは堪え難いものがあります。フェイクグリーンなら、そういった心配は一切ありません。寒い冬だろうが暑い夏だろうが常に最高の姿を見えてくれます。

4. 空気清浄効果・抗菌効果も!

最近では、光触媒加工やCT触媒加工がされ、本物の植物同様に空気清浄効果・抗菌効果があるものが一般的となっています。インテリアとしての見た目だけでなく、プラスアルファの効果が得られるのも魅力的です。

5. 手入れが簡単!

フェイクグリーンと言っても、手入れが全く必要ないというわけではありません。しかし、本物の観葉植物と比べればとっても簡単です。 手入れの仕方は1ヶ月に一度、埃をはたくだけ。エアダスターなどを使用すれば、スプレーを一吹きするだけで細かい部分についた埃も簡単に飛ばすことができます。

以上、今回はフェイクグリーンの魅力をお伝えしました。 あなたもフェイクグリーンを上手に使って憧れの空間を実現してみてはいかがでしょう?

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてくださいね☆