洗面台を交換したい人は注目! 主な種類・交換時の注意点を詳しく!


「古い洗面台を交換したいが、どんな種類を選べばいいのだろう」「洗面台を選ぶときの注意点を知りたい」とお考えではないでしょうか。洗面台は、ごくシンプルなものからシャンプーができる多機能なものまで、さまざまな種類があります。まずは、どんな種類の洗面台があるかを知り、好みや設置場所の条件に合うものを選ぶといいでしょう。

そこで今回は、洗面台の交換について詳しく解説します。

  1. 洗面台を交換する目安は?
  2. 洗面台の種類について
  3. 洗面台を交換するときに注意するポイント
  4. 洗面台の交換を依頼する方法は?
  5. 洗面台の交換に関するよくある質問

この記事を読むことで、洗面台を交換するときのポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.洗面台を交換する目安は?

最初に、洗面台を交換する目安について見ていきましょう。

1-1.汚れや傷みなどの劣化が目立つ

汚れや傷みなどの劣化が目立つ洗面台は、交換を検討してください。洗面台は、使い続けるほどに素材が劣化し、汚れや傷みが目立つようになります。ひび割れなどができれば、すき間に汚れが入り込んで雑菌やカビ・悪臭の原因になり不衛生です。掃除してもキレイにならない、ひび割れなどが目立つようになったと感じたら交換しましょう。

1-2.水もれが発生した

洗面台から水もれが発生したら、交換が必要です。経年などにより素材が劣化したり硬いものをぶつけたりすると、洗面ボウルがひび割れて水もれすることがあります。水もれの場所によっては、床や壁が腐食したりカビが生えたりする原因になるので注意しましょう。そのまま放置すると悪化するだけなので、なるべく早く交換してください。

1-3.付加機能が欲しい

洗面台に付加機能が欲しくなったら、交換を検討しましょう。たとえば、最新型の洗面台には、以下のような機能が付加されているものがあります。

  • シングルレバー水栓:1本のレバーを操作するだけで簡単に水やお湯が出る
  • タッチレス水栓:蛇口に手をかざすだけで水が出る
  • シャンプードレッサー機能:広い洗面ボウルやシャワー水栓を持ち、洗面台で簡単にシャンプーできる
  • LED照明:省エネで電灯が長持ちする
  • 三面鏡仕様:三面鏡タイプで身だしなみのチェックがしやすい
  • くもり止め加工:鏡にくもり止め加工がしてあるため、湯気でくもりにくい
  • 大容量の収納:化粧品や美容家電・タオルのストックなどを大量に収納できる

1-4.新設・交換から15年程度経過した

洗面台の新設や交換から15年程度経過したら、経年による素材の劣化が進んでいると考え、交換することをおすすめします。一見して特に問題がないように見えても、よく観察すると細かなひび割れが多数できていたり、蛇口周辺にサビや水あかがひどく付着していたりすることもあるでしょう。

2.洗面台の種類について

洗面台の主な種類について詳しく解説します。

2-1.洗面台

洗面台とは、主に手洗い・歯磨き・洗顔を行うためのものです。 洗面ボウルと水道の蛇口・鏡などで構成されます。また、トイレの中にある小さな手洗い場も、洗面台の一つです。多機能である必要がない場合は、シンプルな洗面台でも十分に間に合うことでしょう。

2-2.洗面化粧台

洗面化粧台とは、洗面台の機能に加え、より身だしなみを整えやすいように工夫されたもののことで、収納が充実していたりシャンプーできたりするのが特徴です。洗面化粧台には、ユニットタイプとシステムタイプの2種類があります。

  • ユニットタイプ:鏡・収納・洗面ボウルが一体化しコンパクトにまとまっている
  • システムタイプ:洗面所の壁などに取り付けるタイプの洗面化粧台で、鏡や洗面台のレイアウトを変更できる

ユニットタイプはレイアウトの自由がない反面、パーツが一体化していることで掃除しやすいことが大きなメリットです。システムタイプは、洗面所に広いスペースがあり、レイアウトにこだわりたい人などに向くでしょう。

3.洗面台を交換するときに注意するポイント

洗面台を交換するときに注意するべきポイントを確認しておきましょう。

3-1.設置場所に適合するか

洗面台の大きさや形状が、設置場所に適合するかチェックしてください。好みのデザインでも、実際に設置できないのでは困ります。まずは、現在の洗面台のサイズを測定してみてください。測定結果をもとに、メーカーのカタログやショールームなどを参考にして、設置できるか検討するのです。なお、洗面台だけを交換するにしても、サイズが数センチ大きくなったり形状が変わったりするだけでも設置が難しくなることがあるので、注意しましょう。

3-2.欲しい機能があるか

洗面台を交換するときは、欲しい機能があるかどうかも重要なポイントです。新しい洗面台は、欲しい機能が付いていて不満を解消できるものを選ぶと、快適に使うことができます。今までの洗面台で不満を感じる点がある場合は、具体的に書き出してみると分かりやすいでしょう。

3-3.給排水の方法は問題ないか

洗面台を交換する際、給排水の方法が問題ないかもチェックしてください。洗面台の給排水方法には、以下4つがあります。

  • 壁給水・壁排水:壁面から給排水する
  • 壁給水・床排水:壁面から給水し床面から排水する
  • 床給水:壁排水:床面から給水し壁面から排水する
  • 床給水・床排水:床面から給排水する

洗面台の種類や設置場所の条件によっては排水工事が別途必要になることがあるので、業者に確認してください。

3-4.好みの素材やデザインか

洗面台の素材やデザインが好みかどうかも重要なポイントです。洗面台の主な素材には、以下のようなものがあります。それぞれのメリット・デメリットをよく理解しておきましょう。

  • 陶器製:汚れにくくて手入れが簡単だが、ひび割れが起こりやすい
  • 樹脂製:衝撃に強くデザインも豊富だが、高級感がない
  • ホーロー製:汚れが付きやすいが、化学成分による変化が少ない
  • 大理石製:価格は高価だが高級感を演出できる

また、メーカーによってデザインや色のバリエーションが異なるので、さまざまなタイプを比較して選ぶといいでしょう。

3-5.予算内で収まるか

洗面台を交換するときは、工事費用が予算内で収まるかどうかもチェックしてください。洗面台の交換工事費用の内訳は、以下のとおりです。

  • 洗面台本体の金額
  • 洗面台の交換工事費
  • 水道の配管工事費
  • 電気の配線工事費

洗面台本体の金額が安くても、工事費用を含めると総額で予算をオーバーしてしまうことがあります。また、壁や床の内装工事や、洗濯機用パンの移動・設置工事を伴うと、費用がさらに高くなるでしょう。なるべく予算を抑えるためにも、良心的な金額ながらも高品質な工事をしている業者に相談してみてください。

4.洗面台の交換を依頼する方法は?

洗面台の交換を業者に依頼する方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.信頼できる業者の選び方

洗面台の交換は、以下のポイントを参考にして信頼できる業者に依頼しましょう。

  • 洗面台の販売・設置実績が豊富にある
  • 数多くの事例からおすすめのプランを提案してくれる
  • 見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフの対応や言葉遣いが丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当藤ノ家でも、洗面台の交換を数多くお受けし、ご好評を得ています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.洗面台の交換目安は8~20万円程度

洗面台の交換費用は、8~20万円程度が目安です。洗面台本体の価格や設置場所の条件によって金額が上下するので、詳しくは業者に見積もりをもらって確認してください。

  • 単に洗面台本体だけを交換した場合:8万円~
  • 洗面台周辺の内装工事を伴う場合:13万円~
  • 洗面台周辺の内装工事と洗濯機用パンの移動・交換工事を伴う場合:20万円程度~

4-3.洗面台の交換工事の流れ

洗面台の交換工事は、以下のような流れで進みます。

  1. 業者に連絡し、洗面台交換の相談と見積もりを依頼する
  2. 業者が現地視察に来て、洗面台の設置条件などを確認する
  3. 業者から洗面台の交換工事に関する見積もりが送られてくる
  4. 見積もりの内容・金額などをチェックし、問題がなければ正式契約する
  5. 指定日時に業者がやってきて洗面台の交換工事に取りかかる
  6. 工事終了後、依頼者と業者が確認して完了

5.洗面台の交換に関するよくある質問

最後に、洗面台の交換に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.DIYで洗面台を交換することはできる?
A.可能です。しかし、専門知識がない人には難しいでしょう。洗面台の交換は、単に撤去・設置するだけではなく、水道の配管工事や電気工事が必要になるからです。

Q.洗面台の交換工事中は在宅すべきか?
A.基本的に在宅する必要があります。洗面台の交換工事は、屋内で行うからです。また、突発的に確認事項が発生することもあるでしょう。なお、必要に応じて買いものなどで数十分程度なら外出できることがあります。ただし、外出する場合は、緊急連絡先として携帯電話の番号などを業者に知らせておきましょう。

Q.洗面台の交換工事は何時間かかる?
A.洗面台の交換だけなら数時間程度、内装工事などを伴う場合は1~2日程度が目安です。工事中は洗面台を使うことができないので、場合によっては浴室などで洗面や歯磨きなどをすることになるでしょう。

Q.古い洗面台の処分はどうすればいい?
A.通常は、洗面台を交換するときに業者が引き取り処分してくれます。なお、業者によっては洗面台の処分費用がオプション扱いとなる場合があるので、確認しておくといいでしょう。

Q.洗面台を交換直後に水もれが発生したのですが?
A.洗面台の使用を中止し、業者に連絡して確認してもらってください。念のため、業者が確認する前に証拠写真を撮影しておくと話がスムーズです。業者の落ち度による水もれなら、すぐにやり直し工事をしてもらえます。

まとめ

今回は、洗面台の交換について詳しく解説しました。古い洗面台を交換するときは、洗面台の種類や機能をよく知り、希望に合うものを選びましょう。また、洗面所に設置できるかどうかも重要なポイントです。カタログの数字だけを見て選ぶと、洗面所の広さや条件により設置できないことがあるので注意しましょう。洗面台の交換は、信頼できる業者によく相談し、さまざまなアドバイスをしてもらいながら検討することをおすすめします。