フローリングワックスは自分で使える! 塗り方を覚えてDIY!


マイホームを購入し数年……購入時にはピカピカだった床がくすんできて、どうにかしたいと思っている方も多いことでしょう。しかし、自分でフローリングにワックスを塗るとなるとちょっと尻込みしてしまうはず。

そこで、今回はフローリングワックスの基礎知識と共に、塗り方についてご紹介します。

  1. フローリングワックスのメリットとは?
  2. フローリングワックスのデメリットとは?
  3. フローリングワックスの種類にはどんなものがあるの?
  4. フローリングワックスの塗り替え時期はいつが最適?
  5. フローリングワックスの塗り方を覚えよう!

1.フローリングワックスのメリットとは?

1-1.床の寿命を延ばす

床はイスやテーブルなどによって常に傷つきやすい環境に置かれています。そのため、傷から守ることが必要です。

ワックスを塗るということは、床材の表面に皮膜を作るということ。多少の傷ならば代わりに防いでくれますので、床の寿命を延ばすこととなるでしょう。

1-2.ツヤを出してキレイにする

ワックスの真骨頂といえば、やはりキレイなツヤ。ワックスを塗ることでお部屋をより清潔感のある状態にすることが可能です。友人や恋人などを招く際に好印象を持ってもらえるでしょう。

1-3.傷を隠すことができる

イスなどを引いたりすると、床に小さな傷がついていきます。気がつけば、床中が細かい傷になっていることも珍しくありません。傷が多い床は、人に汚らしい印象を与えます。ですから、できるだけ隠したいものですよね。

そんなときこそ、ワックス。実は最近のワックスには、塗ることで傷を隠すものが多く市販されているのです。

1-4.ホコリの舞い上がりを防止する

ワックスを塗るとツヤができ、表面がなめらかになります。こうすると、ホコリが静電気などでくっつきやすくなるのです。こういわれるとデメリットのように聞こえますが、メリットでもあります。ホコリが舞い上がりづらくなるのです。

近年、ハウスダストが問題となってきていますよね。ハウスダストは人が歩くだけで頭の高さにまで舞い上がるそうです。ワックスを掛けることで舞い上がりを最小限にできるのなら、それは大きなメリットといえるでしょう。

1-5.汚れがつきにくくなる

ワックスを塗ると表面がつるつるになるので、汚れがつきづらくなります。また、落ちにくい汚れ……たとえば、ペンキなどが付着しても、ワックスを塗り直せば元通りになるので経済的です。

2.フローリングワックスのデメリットとは?

2-1.定期的なメンテナンスが必要

フローリングワックスは定期的に塗り重ねや塗り直しをする必要があります。一般的には、半年に1回は塗り重ね、5年に1回は塗り直しが必要でしょう。

ただし、これはキレイな状態を保つなら、と前置きがつきます。そこまでキレイさにこだわらないなら、期間は倍ぐらいに延ばしても良いでしょう。

3.フローリングワックスの種類にはどんなものがあるの?

フローリングワックスは大きく分けると水性と油性があります。それぞれには得意な床材というものがありますので、ご自身の家の床材に合わせたものを使用しましょう。合わないワックスを使うと床材の寿命を縮めることとなりますので、気をつけてくださいね。

3-1.無垢材フローリングには油性ワックスがおすすめ!

無垢材フローリングとは、合板や集成材ではなく、丸太から切り出した木材をそのまま使用しているもの。独特の風合いがキレイですし、湿気などを吸い込んでくれるので調湿材としての役割も期待できます。一般的に高価なので、集合住宅などの安価な住宅ではあまり使われていません。

無垢材は特に加工されていない木材なので、あまり水に強くないのが難点。長い間水にさらされるとゆがんだり割れたりしてしまうリスクがあります。そのため、水性ワックスを使うと床材を痛める原因となるでしょう。

無垢材に使用するワックスは油性のものにしてください。

3-2.合板フローリングには水性ワックスがおすすめ!

合板フローリングとは、基板となる木材の上に、フローリングの木目を出した木材を貼り付けたもの。無垢材に比べて安価なので多くの家屋で取り入れられています。

合板は水に強いので、基本的には水性ワックスを使うと良いでしょう。水性はその名のとおり水で溶かしたものなので、無害なものが多いのです。臭いなども気にならないので、おすすめできます。

4.フローリングワックスの塗り替え時期はいつが最適?

4-1.春と秋がおすすめ

フローリングワックスを塗る時期として最適なのは、春と秋。なぜ春と秋が良いのかというと、温度と湿度のバランスがちょうど良いからです。

4-2.夏や梅雨の時期は非推奨

夏場は非常に気温が高くなります。ワックスも早く乾くし、塗る時期としては最適……なのかと思うと、意外とそうでもありません。

なぜかというと、早く乾きすぎることでムラや擦れがでてしまうことがあるからです。

また、熱い中で塗っていると、汗などが乾ききっていないワックスの上に落ちてしまい、跡として残ってしまうリスクもあります。ならば、エアコンを掛けて涼しい状態でやれば良いということになりますが、ワックスによってはかなり強い臭いがするので、作業中に気分が悪くなる可能性があるでしょう。

また、それほど気温が高くない梅雨も推奨できません。というのも、湿度が高いために、ワックスの乾きが悪くなるからです。

総合的に考えて梅雨~夏場はワックス掛けには向いていないでしょう。

4-3.冬も避けた方が無難

夏場は早く乾きすぎることでムラや擦れがでてしまうのならば、じっくりと乾く冬にやればキレイに仕上がるかというと、これまたそうでもありません。

ワックスの種類にもよりますが、気温が10℃以下の環境では、乾きが非常に悪くなるそうです。しかも、床の温度が低いと密着不良が起きてうまくくっつかないことがあります。

5.フローリングワックスの塗り方を覚えよう!

5-1.道具をそろえよう!

ワックスを塗る際に必要な道具は、主に以下のとおりです。

  • 掃除機
  • ぞうきん1~3枚
  • 床用洗剤
  • ワックス
  • ワックス塗布用モップ、または塗布用のワイパー
  • ゴム手袋
  • バケツ

5-2.掃除をしよう!

道具をそろえたら、ワックスを塗りたい部屋の掃除をしていきましょう。掃除をせずに塗ってしまうと、ワックスの下にゴミが埋もれてしまうこととなり、非常に汚い仕上がりになってしまうので必ず行ってください。

まずが掃除機などでおおざっぱにホコリを除去します。次に床用の洗剤で床の汚れを取った後、水拭き、から拭きの順番で行っていきましょう。

また、掃除の際の注意点ですが、行う日は『風が強くない日』で『天気が良い日』が最適です。風が強いと外などからホコリが入ってきて、せっかく掃除をしても無駄になってしまうため。天気が良い日だと、ワックスの乾きが良いためです。

5-3.ワックスを塗っていこう!

説明書などに書かれている手順通りにワックスを塗っていきます。この際の注意点としては、必ず『奥から手前に後ずさりながら』塗りましょう。手前から奥に塗ろうとすると、乾いていない塗装面を踏まないといけなくなりますのでキレイな仕上がりにできません。

また、市販のワックスにワイパーが付属されていると、キレイに塗りやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はフローリングワックスにまつわる知識をご紹介しました。

  1. フローリングワックスのメリットとは?
  2. フローリングワックスのデメリットとは?
  3. フローリングワックスの種類にはどんなものがあるの?
  4. フローリングワックスの塗り替え時期はいつが最適?
  5. フローリングワックスの塗り方を覚えよう!

フローリングワックスは見た目を美しいものに変えてくれるだけではなく、傷や汚れの防止などの実用的な部分から考えても重要です。ぜひ、定期的にワックス掛けをしてあげてくださいね。