外壁塗装が剥がれる原因は? 補修方法・費用を詳しく教えます!


「外壁塗装の剥がれが気になる」「剥がれを補修する方法を知りたい」とお考えではないでしょうか。外壁塗装は、経年などが原因で剥がれることがあります。見た目に悪いだけでなく、雨もりの原因になったり建物の劣化を進めたりするので、早めに補修したいですよね。そこで今回は、外壁が剥がれる原因や補修方法について詳しく解説します。

  1. 外壁塗装が剥がれる原因と症状
  2. 外壁塗装の剥がれを補修する方法
  3. 外壁塗装の剥がれを補修する方法の選び方
  4. 外壁塗装の剥がれの補修業者の選び方
  5. 外壁塗装の剥がれに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装が剥がれる原因がよく分かり、適切に補修できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁塗装が剥がれる原因と症状

最初に、外壁塗装が剥がれる原因や主な症状を見ていきましょう。

1-1.塗料の劣化

塗料の劣化により、外壁塗装が剥がれることがあります。経年や紫外線などの影響により、柔軟性が失われてひび割れ、剥がれてしまうのです。また、外壁のひび割れから雨水が入り込み、塗料が劣化して剥がれることもあります。

1-2.施工不良

外壁が剥がれる原因となる施工不良には、以下のようなものがあります。

1-2-1.乾燥時間が不十分

外壁が乾燥していないうちに塗装をすると、塗装が浮いて剥がれる原因になります。塗装は、湿気があると密着できないからです。雨天に塗装工事を強行すると起こりやすくなります。

1-2-2.下地材と塗料の相性が悪いなど

下地材と塗料の相性が悪いのも、塗装が剥がれる原因のひとつです。業者によっては、下地材と塗料の相性を考えずに工事を進めることがあります。また、工事費用を抑えたり工期を短くしたりするために下地材を塗らない場合も、同様に塗料が剥がれやすくなるでしょう。

1-2-3.下地の洗浄や研磨が不十分

下地の洗浄や研磨が不十分だと高確率で塗装が剥がれます。下地の洗浄は、汚れやゴミを除去するために大切な工程です。また、研磨により下地を平らにならすことも塗装の密着性に影響します。下地処理で手抜きをすることが、

1-2-4.塗料の量が不適切

塗装の際に、塗料が多すぎたり少なすぎたりしても剥がれやすくなります。塗料には、標準使用量が決まっており、多すぎても少なすぎても品質が安定しません。未熟な業者が施工した場合や、節約目的で少ない量を塗布した場合などに起こります。

2.外壁塗装の剥がれを修理する方法

外壁塗装の剥がれを補修する方法を詳しく解説します。

2-1.ごく一部だけの剥がれは自分で補修可能なことも

外壁塗装の剥がれがごく一部なら、自分で補修することも可能です。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 剥がれた部分の汚れや油分を落として乾燥させる
  • 凹凸のある部分に充填剤を塗って平らにする
  • 塗装をして乾燥させたら完了

2-2.広範囲の剥がれは業者に依頼しよう

外壁塗装の剥がれが以下のような状態のときは、業者に依頼しましょう。

  • 剥がれが広範囲・複数箇所にある
  • 外壁のひび割れを伴っている
  • 剥がれた部分にコケが生えている

また、キレイな仕上がりを希望する場合も、業者に依頼したほうがいいでしょう。

2-3.業者における外壁の補修方法

外壁の剥がれを業者が補修する方法や流れは、以下のとおりです。

  1. 剥がれた塗膜をヘラや研磨紙を使用して除去する
  2. 高圧洗浄で汚れやゴミを除去する
  3. 下地が完全に乾燥してから下地材を塗布する
  4. 下地材が完全に乾燥したら塗装する
  5. 塗装が完全に完走したら完了

3.外壁塗装の剥がれを補修する方法の選び方

外壁塗装の剥がれを補修するには、どんな方法を選ぶといいのか・費用はいくらかかるかなど詳しく解説します。

3-1.部分塗装か全体の塗り替えか考えよう

外壁が剥がれた場合、部分塗装と全体塗装の2パターンあります。どちらがいいか考えるときは、以下を参考にしてください。

  • 剥がれがごく一部だけ:部分塗装
  • 費用を抑えたい:部分塗装
  • 外壁の外観イメージを変えたい:全体塗装
  • 外壁塗装が寿命(10年以上経過)を迎えている:全体塗装

3-2.部分塗装は数千円程度~・全体塗装は30坪で50万円程度~

外壁塗装の剥がれを補修する場合の費用目安は、以下を参考してください。

  • 部分塗装:自分でDIYする場合は数千円程度~・業者に依頼する場合は1~2万円程度~
  • 全体塗装:30坪で50万円程度~

業者に依頼した場合は、塗装面積・塗料の種類などにより大きく費用が異なります。詳しくは、業者から見積もりをもらって確認してください。

3-3.ひどくならないうちに補修しよう

外壁塗装の剥がれは、放置するとどんどんひどくなります。剥がれがひどくならないうちに補修すれば、費用を抑えることも可能です。最初は小さな剥がれだけでも、内部で進行してしまうこともあります。外壁塗装の剥がれを見つけたら、信頼できる業者に依頼してできるだけ早く補修してください。

4.外壁塗装の剥がれの修理業者の選び方

外壁塗装の剥がれは、信頼できる業者に相談して早めに修理しましょう。

4-1.信頼できる業者の選び方

外壁塗装の剥がれは、以下のポイントを満たす業者に依頼して補修しましょう。

  • 外壁塗装の補修で豊富な実績がある
  • 高品質な仕上がりで定評がある
  • 現地視察・見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフの対応が丁寧で親切
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証・アフターフォローが充実している

なお、当藤ノ家でも外壁塗装の剥がれの補修をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.保証やアフターフォローが充実した業者が安心

外壁塗装の補修は、保証やアフターフォローが充実した業者に依頼すると安心です。外壁塗装が何らかの原因で再度剥がれてしまった場合でも、保証がしっかりしていれば無料もしくは安価で補修できるでしょう。また、定期的にチェックしてもらえば、不具合の早期発見につながりすぐに対応できます。当藤ノ家でも、工事完了後半年・1年後に定期点検を行い、不都合がある場合は無料補修しているのでぜひご検討ください。

4-3.悪質業者に注意しよう

外壁塗装の補修工事は、悪質業者に注意してください。悪質業者は、営業車で住宅街を巡回し、ターゲットとなる家を探してやってきます。簡単な補修で済むものでも「今すぐ全体を塗り替えないと大変なことになる」と言い張り、高額な契約を取りつけようとするのが主な手口です。悪質業者に依頼した場合、費用が高い割には低品質な工事を行う・保証がきちんとしていないなど、不満が残ることになります。外壁塗装の補修工事は、信頼できる業者を選んで依頼してください。

5.外壁塗装の剥がれに関するよくある質問

最後に、外壁塗装の剥がれに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.外壁塗装の剥がれがなくても塗り替える必要はある?
A.寿命を迎えた塗装は、剥がれが見られなくても色あせや素材の劣化が進行し、外壁を守る効果も薄れるため、塗り替えてください。外壁塗装にも寿命があります。塗料の種類にもよりますが、平均10~15年程度で寿命を迎えることでしょう。

Q.DIYで補修した部分が変色してしまったのですが?
A.間違った方法や材料で補修したことが原因です。業者に相談して、やり直してもらうといいでしょう。

Q.塗装業者の手抜きを見抜く方法は?
A.外壁塗装工事の工程表を見せてもらうといいでしょう。乾燥時間をきちんと確保しているか、塗装工程を省いていないかなどチェックしてみてください。不明な点は、業者に確認して説明してもらいましょう。

Q.見積もりよりも工事費用が高くなる理由は?
A.塗装の剥がれだけでなく、外壁自体にひびが見つかったなどの理由で追加工事が必要になると工事費用が高くなることがあります。信頼できる業者に依頼していれば、見積時より変更がある場合、依頼者に相談・許可を得てから着手するので安心です。

Q.外壁塗装工事後すぐに剥がれた場合は無料で再塗装してもらえる?
A.まずは、業者に連絡し現場確認してもらいましょう。多くの業者では、一定期間の保証をつけています。ただし、業者が再塗装する前に自分で手を加えてしまうと保証対象外となることもあるので注意してください。

まとめ

今回は、外壁塗装の剥がれについて詳しく解説しました。外壁塗装の剥がれは、塗料の劣化や施工不良などが原因で起こります。そのまま放置すると外観が悪いだけでなく、外壁の劣化を早めることになるので早めの対策が必要です。まずは、剥がれの状態や原因を探り、適切な方法で補修しましょう。なお、10年程度経過した外壁塗装は、全体を塗り替えるタイミングと言えます。部分塗装で対応するか、全体塗装にするかじっくり考えて決めるといいでしょう。