マンションのキッチンをリフォームする方法は? 気になる費用も!


「マンションのキッチンが使いにくいのでリフォームしたいけど、どんなポイントに注意すればよいのだろう」とお考えではありませんか? キッチンが使いにくいのでは、毎日の家事が大変でストレスがたまりますよね。しかし、マンションのキッチンをリフォームしたくても、集合住宅独特の注意点があるのも事実です。

そこで今回は、マンションのキッチンリフォームについて詳しく解説します。

  1. マンションのキッチンをリフォームする前に確認するポイント
  2. マンションのキッチンリフォームの種類は?
  3. マンションのキッチンリフォームの費用相場
  4. マンションのキッチンリフォームはどこに依頼する?
  5. マンションのキッチンリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションのキッチンをリフォームするポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.マンションのキッチンをリフォームする前に確認するポイント

最初に、マンションのキッチンリフォームをする前に確認すべきポイントを見ていきましょう。

1-1.マンションの管理規約はどうなっているか

マンションのキッチンリフォームを考える前に、管理規約はどうなっているか確認してください。マンションは集合住宅なので、持ち家でありながらもほかの家との共有部分も使用している状態です。一般的に、キッチンは室内に設置されているものなので、所有物件であれば、自由にリフォームできるものと考えられます。しかし、IHクッキングヒーターを導入するケースなど、電圧の変更工事が必要になる場合は、マンションの管理規約で制限される可能性があるので注意しましょう。マンションの管理規約で制限される場合は、管理組合の承認を得てからの工事となります。

1-2.どんなキッチンにリフォームしたいか

どんなキッチンにリフォームしたいか、じっくり考えて理想の仕上がりを決めましょう。何となく使いやすいキッチンにしたい程度では、リフォーム業者との話し合いもスムーズに進みません。メーカーのショールームを回る、インテリア雑誌を読む、ネットで理想のキッチンを探してみるなどにより、さまざまな実例を参考にするとよいでしょう。多くの実例を目にすると、理想のキッチンイメージをつかみやすくなります。さらに、業者からのアドバイスをもらいながら、細部を詰めていくことがおすすめです。

1-3.予算はいくらまで用意できるか

理想のキッチンを実現したくても、リフォーム内容によっては予算が厳しいこともあります。予算が決まっているのなら、予算内でどこまでリフォームできるか検討することになるでしょう。まずは、理想のキッチンイメージを実現するために、どれぐらいの費用がかかるかを知ることが大切です。明らかに予算オーバーなら、部分的に妥協したりまったく別のプランを選んだりする必要があります。

1-4.いつまでにリフォームしたいか

キッチンのリフォームをいつまでにしたいかも、確認すべきポイントです。特に、家族構成やライフスタイルの変更に伴ってリフォームする場合は重要になります。たとえば、子どもが生まれるまでに使いやすいキッチンにしておきたい、親と同居するまでに安全なキッチンにリフォームしたいなどの場合です。新しいキッチンで新たな生活を開始できるよう、早めに手配してください。

2.マンションのキッチンリフォームの種類は?

マンションのキッチンリフォームの主な種類を詳しくご紹介しましょう。

2-1.換気扇やレンジフード・食洗器などを部分的にリフォームする

マンションのキッチンリフォームで最も簡単なのは、現在のキッチンをそのまま残し、換気扇やレンジフード・食洗器などを部分的にリフォームする方法です。電圧の変更を伴わないものなら、マンションの管理規約で制限される心配もほぼありません。少ない予算で気軽にキッチンリフォームを楽しみたい場合にも、おすすめです。

2-2.従来型のキッチンをシステムキッチンにリフォームする

古いマンションでは、従来型のキッチンをシステムキッチンにリフォームするパターンも多く見かけます。従来型のキッチンは、すき間が多いことから掃除がしづらいのがデメリットです。また、調理の動線が今一つだったり収納が少なかったりといった不満もあるでしょう。システムキッチンは、シンクとコンロ・収納などが一体化しているため、すき間がなくお手入れが簡単になることで人気です。また、従来のキッチンよりも動線に優れていて収納が多いのも魅力で、リフォームを希望する人が多くいます。

2-3.システムキッチンの位置を変えずに新しくリフォームする

システムキッチンの位置を変えずに、新しいものにリフォームすることも可能です。システムキッチンも古くなれば、汚れや傷みが目立ったり使い勝手が悪くなったりします。シンクの高さやコンロの数など、希望に合わせてリフォームすれば、満足度の高い仕上がりになるでしょう。

2-4.キッチンの位置を移動してアイランド型などにリフォームする

現在のキッチンの位置を移動して、アイランド型のキッチンなどにリフォームすることも可能です。ダイニングキッチンに十分な広さがあり、予算が多くかかってもよいのなら、検討してみるとよいでしょう。せっかくリフォームするのなら、こだわりのある仕上がりにしたいという場合にもおすすめです。ただし、排水管の移設などが伴うため、マンションの管理規約で制限されることが多くなります。

3.マンションのキッチンリフォームの費用相場

マンションのキッチンリフォームの費用相場を具体的な例を挙げてご紹介します。

3-1.部分的にリフォームするだけなら30万円程度~

換気扇やレンジフード・食洗器などを部分的にリフォームするだけなら、30万円程度~が費用相場になります。大がかりな工事を伴わないので、工期も半日~1日で終わるでしょう。現在のキッチンに最も不満がある点を改善すれば、予算が少なくても満足度の高いキッチンリフォームになります。

3-2.キッチンの移動を伴わないリフォームの場合は80万円程度~

キッチンの移動を伴わないリフォームの場合は、80万程度~が費用相場になります。たとえば、従来型のキッチンからシステムキッチンに交換したり、古いシステムキッチンを新しいものと交換したりする場合です。システムキッチンのグレードが高くなると、150万円以上かかることもあります。

3-3.キッチンの移動を伴うリフォームの場合は200万円程度~

キッチンの移動を伴うリフォームになると、200万円程度~の予算を見ておくとよいでしょう。たとえば、I型やL型のシステムキッチンから、アイランド型のキッチンにリフォームする場合などです。キッチンの移動を伴うリフォームは工程が増えるため、工期も長くなり、費用も高くなります。特に、オリジナル設計にこだわったリフォームを希望する場合は、予算に余裕を持っておきましょう。

4.マンションのキッチンリフォームはどこに依頼する?

マンションのキッチンリフォームは、信頼できるリフォーム業者に依頼することが大切です。

4-1.信頼できるリフォーム業者の選び方

マンションのキッチンリフォームは、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • マンションのキッチンリフォーム実績が豊富
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • 顧客の希望をよく聞き、多くの実例を見せながら提案してくれる
  • スタッフが親切で親身になって相談に乗ってくれる
  • 顧客からの評判がよい
  • 充実した保証やアフターサービスを受けられる

なお、当藤ノ家でも、マンションのキッチンリフォームを数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問いあわせください。

4-2.最初に現場視察と見積もりを依頼する

マンションのキッチンリフォームを業者に依頼する流れは、以下を参考にしてください。

  1. 信頼できる業者を選び、マンションのキッチンリフォームについて相談する
  2. 業者に現場視察を依頼して見積もりをもらう
  3. 見積もりの内容をチェックして問題がなければ正式に契約する
  4. 業者とキッチンの仕様について細かく打ち合わせる
  5. 希望日時に業者がやってきてキッチンのリフォーム工事を開始する
  6. すべての工事が完了したら業者と依頼者で現場を確認して完了

4-3.悪質業者の手口に注意すること

悪質業者の手口には、十分に注意してください。特に、リフォーム業界には悪質業者が多く存在します。たとえば、突然訪問してきてキッチンリフォームの勧誘をしてくる業者には要注意です。何かと理由を付けて家に上がり込みたがったり、断ってもしつこく居座ったりする業者は、悪質と考えてください。勢いに押されて家に上げてしまうと、強い言葉や態度で契約を無理やり取ろうとするので気を付けましょう。悪質業者と契約すると、法外に高い金額を請求される割にはずさんな工事をされるなど、何もよいことはありません。マンションのキッチンリフォームは、この記事の「4-1.信頼できるリフォーム業者の選び方」を参考にして選んだ業者に依頼しましょう。

5.マンションのキッチンリフォームに関するよくある質問

最後に、マンションのキッチンリフォームに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.賃貸マンションでもキッチンをリフォームしてよい?
A.貸し主の許可があれば可能です。まずは、貸し主にキッチンのリフォームをしてよいか確認してみてください。なお、貸し主の許可なく勝手にリフォームすると契約違反になり、退去を迫られることがあるので注意しましょう。

Q.リフォーム工事当日は在宅する必要がある?
A.最低限、工事を開始するタイミングでは在宅する必要があります。キッチンのリフォーム工事は、屋内で行うからです。工事中については、別室で待機するべきか、外出でしてよいか、業者に確認してください。外出してよい場合でも、急ぎの確認が入ることがあるので、携帯電話の番号を伝えておくなどしておきましょう。

Q.複数の業者に見積もりを依頼して比較してもよい?
A.構いません。ただし、むやみに依頼しても意味がないので、信頼できると判断した業者を2~3社に絞りましょう。見積もりをもらったら内容に不備がないかだけでなく、迅速に対応したか、スタッフの感じはよいかなども総合的に判断し、正式に依頼する業者を決めてください。

Q.マンションのキッチンリフォームで近隣からのクレームを防ぐ方法は?
A.少なくとも、マンションの両隣および上下に住んでいる人には、工事日の1週間前までに通知してください。事前に伝えておくことで、多少の騒音や振動が発生してもクレームにならずに済みます。

Q.キッチンリフォームの仕上がりが理想と異なるのですが?
A.図面やカタログで見た印象と実際の仕上がりの印象は、必ずしも一致するとは限りません。特に、キッチンの色合いなどは、色指定が合っていても理想と異なることもあるでしょう。キッチンリフォームの仕上がりを理想に近づけるためには、カタログや図面だけでなく、なるべく実例を見て決めることがポイントです。

まとめ

今回は、マンションのキッチンリフォームについて詳しく解説しました。マンションのキッチンリフォームは、最初にマンションの管理規約を確認してから始めましょう。マンションの共有部を変更する場合などは、管理組合の許可を得ておく必要があります。また、マンションのキッチンリフォームを成功させるには、信頼できる業者に依頼することが大切です。実績の多さや顧客からの評判など、いくつかのポイントを参考にして信頼できるリフォーム業者を選び、よく相談して進めていきましょう。