水まわりリフォームで知っておきたい注意点! 費用節約のコツも!


「水まわりリフォームの注意点を知りたい」という人は多いでしょう。キッチンや浴室・洗面所・トイレなどの水まわりは、住宅の中でも特に使用頻度が高い場所です。古くなってきたり不具合が目立つようになってきたりしたとき、早めにリフォームを検討する必要があります。

この記事では、水まわりリフォームの最適なタイミングや具体的なリフォームの種類・知っておきたい注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 水まわりリフォームのタイミングは?
  2. 水まわりリフォームの種類を紹介
  3. 水まわりリフォームの費用を節約するコツ
  4. 水まわりリフォームを考える際の注意点3つ
  5. 水まわりリフォームの依頼先を選ぶポイント
  6. 水まわりリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、水まわりリフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないための注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.水まわりリフォームのタイミングは?

まずは、水まわりリフォームのタイミングを考える基準についてご紹介しましょう。

1-1.水まわりの寿命は15~20年

水まわりの一般的な寿命は15~20年前後といわれています。このくらいの年数が経過すると不具合が出てきたり劣化が目立つようになってきたりするため、リフォームを検討する人が多いでしょう。水まわりは突然壊れて使えなくなると非常に困るため、タイミングを見極めて早めに動くのがおすすめです。

1-2.見た目に問題がなくても劣化は進んでいる

築15~20年経過していても、見た目に問題がなければリフォームを後回しにしてしまいがちです。しかし、見た目だけで判断するのはおすすめできません。築年数が古くなるほど、土台や下地材など目に見えない部分で劣化が進んでいるケースが多くなります。構造まで腐食が進むと大がかりな補修工事が必要になってしまうため、注意が必要です。

1-3.「もっと快適に使いたい」と思ったときがタイミング

水まわりリフォームのタイミングを考える基準は、劣化だけではありません。「もっと快適に使いたい」と思ったときこそ、リフォームのタイミングなのです。たとえば、「浴室のカビが目立つようになって掃除が大変」「キッチンの収納が足りない」など、使い勝手の悪さを感じたときは、リフォームを検討してみましょう。最新の設備は省エネに特化したものも多いため、思いきってリフォームすることで光熱費を抑えられる場合もあるのです。

2.水まわりリフォームの種類を紹介

水まわりリフォームにはどのようなものがあるのか、種類をご紹介しましょう。

2-1.キッチンリフォームの場合

キッチンリフォームでは、システムキッチンの一部を交換する場合とシステムキッチン全体を入れ替える場合とで費用が大きく変わってきます。コンロやシンクなど一部を交換するだけなら30万円以下で済む場合も多いでしょう。しかし、システムキッチン全体の入れ替えには高額な費用がかかります。キッチンを移動したりグレードの高いキッチンを選んだりした場合は、200万~400万円前後かかるケースも珍しくありません。
キッチンリフォームでありがちなのが、キッチンのタイプを変更したことでスペースが狭くなり、使い勝手が悪くなってしまう例です。タイプを変更しても十分なスペースが確保できるか、しっかり確認しておきましょう。

2-2.トイレの場合

トイレのリフォームには、便座の交換から内装のリフォーム・手すりや手洗い場の設置などさまざまなものがあります。工事の内容によって費用は大きく変わりますが、相場は便座の交換だと20万~50万円・ウォシュレットの設置だと10万円前後です。また、和式から洋式への変更は50万円前後、トイレのスペースを拡張する場合はさらに高額な費用がかかります。
トイレのリフォームでは、便座を交換する際のサイズ選びに失敗する例が多いので注意が必要です。大きめの便座を選んでしまい、トイレのスペースが狭くなってしまったということにならないよう、しっかり測ってから決めるようにしてください。

2-3.浴室の場合

浴室のリフォームは大きく分けて、浴室全体を新しくするか、部分的なリフォームをする方法があります。浴槽だけを交換するリフォームなら50万円以下で済む場合が多いでしょう。しかし、全体的なリフォームの場合は100万円以上かかるケースが多くなっています。
浴室は1日の疲れを癒(い)やす場所なので、ついデザインを重視して決めてしまいがちです。しかし、デザインばかりを重視して機能性に満足できない仕上がりになってしまうのは避けなければなりません。

2-4.洗面所の場合

洗面所はほかの水まわりに比べて比較的安価でできるリフォームが多くなっています。洗面台の取り換えは20万円以下・床や壁の改修も含めると20万~40万円が相場です。
洗面所はものを多く収納する場所なので、収納スペースを十分に確保しなかったことで後悔する例が多くなっています。デザインだけで選ばず、収納力などの機能性もしっかりチェックした上で選ぶのがおすすめです。

3.水まわりリフォームの費用を節約するコツ

水まわりリフォームにかかる費用をできるだけ抑えるためのコツをご紹介しましょう。

3-1.複数の業者を比較する

同じ内容のリフォーム工事でも、依頼する業者によって費用は変わってきます。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、内容を比較しておきましょう。そうすれば、大まかな費用相場を知ることができます。業者に提示された金額が高いのか安いのかが判断できるようになるでしょう。

3-2.ほかのリフォームもまとめて依頼する

水まわり以外にも気になる箇所がある場合は、まとめてリフォームを依頼するのも一つの手です。リフォーム工事にかかる出張費用などの諸経費が一回で済むため、費用節約につながります。また、複数箇所のリフォームをまとめて依頼することで割引価格を提示してくれる業者も多いでしょう。

3-3.補助金や助成金制度を利用する

リフォームの内容によっては補助金や助成金の対象になることもあるため、確認してみましょう。特に、省エネ化やバリアフリー化のためのリフォームは対象になりやすいはずです。できるだけ補助金・助成金制度に詳しい施工業者を選ぶことをおすすめします。

4.水まわりリフォームを考える際の注意点3つ

水まわりリフォームに失敗しないための注意点をご紹介しましょう。

4-1.カタログだけで商品を決めない

水まわりリフォームで新しく設置する設備機器類は、必ず実物を見て選ぶようにしましょう。カタログだけで決めてしまうと、「システムキッチンの高さが背に合わない」「思ったより便器が大きかった」などの失敗を引き起こす原因になります。高額な買い物だからこそ失敗のないよう、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

4-2.費用の内訳をしっかり確認する

水まわりリフォームには高額な費用がかかるため、費用の内訳までしっかり確認しておきましょう。設備機器本体の料金以外にも、取り外しや取り付けにかかる費用・出張費・人件費などさまざまな費用がかかります。そういったものも含めて予算を考える必要があるので注意してください。

4-3.マンションでは水まわりの移動ができない場合も

マンションの場合、水まわりを移動するリフォームはできないケースもあるということを覚えておきましょう。構造によっては配管や換気扇ダクトの位置を変更することができないのです。必ず事前に管理規約を確認してください。

5.水まわりリフォームの依頼先を選ぶポイント

水まわりリフォームを依頼する業者選びのポイントをご紹介します。

5-1.豊富な実績があるか

水まわりリフォームの実績が豊富かどうかをチェックしましょう。実績が豊富な業者なら、水まわりリフォームに関する知識や確かな技術を持っているはずです。ホームページに過去の実績を掲載している業者も多いため、必ず確認してみてください。

5-2.見積書の内容は明確か

見積書の内容も細かくチェックしましょう。合計金額だけでなく内訳もしっかり記載されているか確認してください。特に、「一式」と記載され、詳細が書かれていない見積書には要注意です。詳しい内訳を記載せず、高額な追加料金を請求してくる悪徳業者もいます。

5-3.保証やアフターフォローは充実しているか

保証やアフターフォローの内容も確認してください。万が一、工事後にトラブルが発生した場合、施工業者がどのように保証してくれるのか明確にしておきましょう。

6.水まわりリフォームに関するよくある質問

「水まわりリフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.水まわり設備の寿命を延ばすコツを教えてください。
A.こまめに手入れをすることと、小さな不具合を放置しないことです。

Q.キッチンのリフォームには何日くらいかかりますか?
A.リフォームの範囲や内容にもよりますが、工期は3~4日の場合が多いでしょう。

Q.水まわりをリフォームするメリットにはどのようなものがありますか?
A.見た目がきれいになる・使い勝手がよくなる・気分を一新できるなどのメリットがあるでしょう。

Q.水まわりリフォームを業者に依頼する際の流れを教えてください。
A.まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら現地で正式な見積もりを出してもらい、契約となります。工事日時を決定し、実際の工事後に精算というのが一般的な流れです。

Q.悪質なリフォーム業者に多い特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.見積書の内容が大ざっぱ・スタッフの対応が悪い・契約の際に書類を用意しない・契約を急(せ)かすなどの特徴があります。

まとめ

水まわりリフォームのタイミングや費用を抑えるコツ・業者の選び方などを詳しくご紹介しました。水まわりは劣化しやすいため、適切なタイミングでリフォームを検討することが重用です。ぜひこの記事を参考に水まわりリフォームをする際に知っておくべきポイントを押さえ、スムーズにリフォームを依頼してください。