外壁塗装の耐用年数は? 過ぎている場合の判断方法や対処法をご紹介


外壁塗装には、耐用年数があります。耐用年数といっても、塗料の種類によって差があるのが特徴です。外壁塗装を検討されている方は、どのくらいで耐用年数を迎えるのか、耐用年数を延ばすコツはないのかなど、分からない点も多いと思います。外壁塗装の耐用年数について知っておくことで、塗り替え時期などを考えるきっかけになるでしょう。

そこで、本記事では、外壁塗装の耐用年数や寿命を延ばすためにできることなどをご紹介します。

  1. 外壁塗装の耐用年数とは?
  2. 外壁塗料別の耐用年数
  3. 外壁材別:外壁塗装の耐用年数
  4. 外壁塗装の耐用年数を過ぎているか判断するには?
  5. 外壁塗装の耐用年数が過ぎている場合はどうする?
  6. 外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイント
  7. 外壁塗装の耐用年数でよくある質問

外壁塗装の耐用年数は、意外と把握していない場合が多いものです。耐用年数が過ぎていた場合の対処法なども併せて覚えておいてください。

1.外壁塗装の耐用年数とは?

まず、外壁塗装の耐用年数はどのくらいなのか考えていきましょう。

1-1.外壁塗装の耐用年数はそれぞれ異なる

外壁塗装の耐用年数は、塗料や外壁材によって差があるため、それぞれ異なるのです。また、塗料と外壁材の組み合わせや、住宅環境によっても、耐用年数が変わるので注意してください。

1-2.法定耐用年数とは異なるもの

外壁塗装の耐用年数と法定耐用年数は異なります。法定耐用年数とは、外壁塗装にかかった費用を減価償却するような場合に使われる言葉です。

1-3.外壁をどのくらいの期間保護できるかを示すもの

耐用年数とは、外壁をどのくらいの期間保護できるかを示すものです。外壁に塗った塗膜の性能が維持される期間を表しています。そのため、外壁材や塗料によって差が生じるのです。

2.外壁塗料別の耐用年数

外壁塗料別の耐用年数を見ていきましょう。

2-1.光触媒塗料

光触媒塗料は、高価な塗料として知られています。光触媒によって汚れを浮かし、雨で汚れを流す作用があるのが特徴です。また、空気を浄化する効果もあり、環境に優しい塗料とされています。耐用年数は、15〜20年程度です。

2-2.フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、耐久性に優れた塗料です。汚れがつきにくく、光沢が長く続きます。ただし、塗料の中でもコストが高いのがデメリットです。耐用年数は15〜20年程度とされています。

2-3.シリコン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料は、日本で広く使われている塗料です。コストパフォーマンスに優れているため、取り入れやすい塗料の1つでしょう。耐用年数は、8〜15年が目安です。

2-4.ウレタン塗料

ウレタン塗料は、密着度が高く、耐久性に優れた塗料です。特に、ウレタン塗料の中でも、ウレタン樹脂塗料は耐候性が高いとされています。しかし、耐用年数が8〜10年と短めであるため、近年はシリコン塗料のほうが普及率が高くなっているのが現状です。

2-5.アクリル塗料

アクリル塗料は、低価格でありながら、発色が優れているのが特徴です。しかし、汚れに弱く、耐久性がほかの塗料より劣るのが難点でしょう。耐用年数は、5〜7年と短めです。

3.外壁材別:外壁塗装の耐用年数

外壁材別に外壁塗装の耐用年数を見ていきましょう。

3-1.モルタル

モルタルは、ひと昔前までよく使われていた外壁材でした。ひび割れが起こりやすく、塗膜の劣化が生じて防水効果が落ちるのがデメリットです。そのため、耐用年数が短めで、8〜10年が平均とされています。

3-2.窯業系サイディングボード

窯業系サイディングボードは、現在広く使われている外壁材です。セメント質と繊維質でできています。耐用年数は、7〜8年です。しかし、最近では、より耐久性が優れたものも登場し、耐用年数が15年程度のものもあります。

3-3.金属系サイディングんボード

金属系サイディングボードは、断熱効果が高い発泡樹脂が裏打ちされています。耐久性だけでなく、軽量で使いやすいのが特徴です。耐用年数は、10〜15年程度となっています。

3-4.ALC

ALCは、ケイ酸質・アルミニウム粉末・石灰質を原料にした軽量気泡コンクリートパネルです。防水効果が低いこともあり、外壁塗装の劣化を放置すると、外壁材まですぐに老朽化が生じてしまいます。耐用年数は、10〜15年が目安です。

4.外壁塗装の耐用年数を過ぎているか判断するには?

外壁塗装の耐用年数が過ぎているかどうか、どう判断すればいいのでしょうか? 判断する方法をご紹介します。

4-1.チョーキング現象

外壁塗装の耐用年数が過ぎていると、塗膜の表面に白い粉が付着するチョーキング現象が起こります。手で触れると白い粉が確認できるでしょう。早めに塗り替えを検討してください。

4-2.カビ・コケ

外壁塗装が耐用年数を迎えると、塗膜の劣化が急速に進み、防水効果が薄れてきます。そのため、カビやコケが繁殖しやすい環境になるのです。

4-3.ひび割れ

外壁塗装が耐用年数を迎え、劣化が進行すると、ひび割れが生じやすくなります。ひび割れにはさまざまな種類があり、肉眼では確認できないヘアクラックもあるので注意してください。

4-4.塗膜のはがれ

外壁塗装の耐用年数が過ぎると、塗膜のはがれが起こりやすくなります。塗膜がはがれると、建物の内部まで浸水する恐れがあるため、早期に対処することが求められるのです。

4-5.汚れが目立つ

外壁塗装をした後は、塗料の防汚効果などが発揮されます。しかし、耐用年数が過ぎてしまうと防汚効果が失われてしまい、外壁の汚れが目立つようになるのです。

5.外壁塗装の耐用年数が過ぎている場合はどうする?

外壁塗装の耐用年数が過ぎている場合の対処法をご紹介します。

5-1.塗り替えを検討する

外壁塗装の耐用年数が過ぎても、建物にダメージが及んでいない場合は、外壁の塗り替えを行うだけで済むでしょう。業者による診断を受け、ダメージの進み具合などをチェックしてもらうことが大切です。

5-2.建物のメンテナンス

外壁塗装の耐用年数が過ぎてしまい、建物が大きくダメージを受けている場合は、建物全体のメンテナンスをしなければなりません。劣化箇所を補修し、リフォームを行うなど、大規模なメンテナンスを要する場合があります。

5-3.状態によっては建物の解体を要するケースもある

建物の劣化が激しいなど、状態によっては、建物の解体を要するケースもあります。建物の劣化は、進行具合を一般の人では判断しにくいものです。業者に建物全体をチェックしてもらい、解体が必要となるか判断してもらいましょう。

6.外壁塗装の耐用年数を延ばすためのポイント

外壁塗装の耐用年数を少しでも延ばすためにできることをご紹介します。

6-1.耐久性の高い塗料を選ぶ

外壁塗装を行う際は、耐久性が高い塗料を選んでください。シリコン塗料やフッ素系塗料であれば、耐久性に優れているため、外壁塗装の耐用年数を延ばすことができるでしょう。

6-2.住宅環境を把握しておく

住宅環境を把握しておくことも、外壁塗装の耐用年数を延ばすきっかけになります。雨が多い・湿度が高い地域や通気が悪い環境など住宅環境を知り、こまめに定期点検を受けることで、外壁塗装の耐用年数を延ばすことができるのです。

6-3.熟練した技術を持った業者に外壁塗装を依頼する

外壁塗装は、熟練した技術を持った業者へ依頼することが大切です。技術力が高い業者であれば、施工が丁寧で、外壁塗装が長持ちするでしょう。決して費用の安さだけで業者を選ばないようにしてください。

7.外壁塗装の耐用年数でよくある質問

外壁塗装の耐用年数に関する質問を集めました。

Q.外壁塗装の耐用年数は、塗る回数によっても延びることがあるのか?
A.はい、あります。外壁塗装時は、最低でも3回は重ね塗りしてもらいましょう。塗る回数が多いほど、丈夫で美しい塗膜が出来上がります。

Q.変色や色あせが起きている場合、外壁塗装の耐用年数を迎えているのか?
A.はい、耐用年数を迎えていると考えていいでしょう。外壁塗装に変色や色あせが起きている場合、建物の美観が大きく損なわれます。劣化が進まないうちに、塗り替えなどを検討しましょう。

Q.外壁塗装が劣化すると、なぜカビやコケが発生するのか?
A.外壁塗装の劣化によって防水性能が失われ、塗膜の表面に付着した水分が乾きにくくなるためです。特に、日照条件が悪い環境や北側の外壁などは、カビやコケが発生しやすいので注意して観察しましょう。

Q.外壁にふくれが生じているのも、耐用年数を迎えていると考えるべきか?
A.はい、考えたほうがいいでしょう。外壁塗装が耐用年数を迎えたことで、塗膜の密着度が低下し、ふくれが生じているのです。できるだけ早く塗り替えなどの対策を講じることをおすすめします。

Q.耐用年数を過ぎた外壁塗装を放置すると、耐震性能が落ちることがあるのか?
A.はい、あります。浸水や害虫の侵入などにより、建物全体にダメージが進行すると、耐震性能にも問題が起きる可能性があるのです。安全を守るためにも、こまめに定期点検を受け、補修や塗り替えなどを行ってください。

まとめ

外壁塗装の耐用年数は、塗料や外壁材によって差が出てくるものです。耐用年数を過ぎたまま放置すると、さまざまな問題が起こります。建物全体にダメージが広がる恐れもあるため、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。耐用年数の目安やチェックポイントなどを知っておき、早期に対処することを考えてください。また、外壁塗装の耐用年数を延ばすためにできることも覚えておきましょう。