スレート屋根を修理する方法は? 劣化の原因&補修のコツを解説!


「スレート屋根が傷んできたので修理したいけど、具体的にどんな方法で進めるとよいのだろう」とお考えではありませんか? スレート屋根は軽くて耐震性が高く、色やデザインのバリエーションが豊富なことから、多くの建物に採用されています。しかし、何らかの理由でスレート屋根を修理したくても、どんな方法があるのか、どんな点に注意すべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、スレート屋根の修理について詳しく解説します。

  1. スレート屋根とは?
  2. スレート屋根の寿命や耐久年数は?
  3. スレート屋根が劣化する原因
  4. スレート屋根を修理・メンテナンスする方法
  5. スレート屋根の点検を依頼する方法
  6. スレート屋根の修理は藤ノ家に依頼するのがおすすめ
  7. スレート屋根の修理に関するよくある質問

この記事を読むことで、スレート屋根を修理するポイントがよく分かります。スレート屋根の劣化が気になる人は、記事を読んでみてください。

1.スレート屋根とは?

最初に、スレート屋根とはどんなものか見ていきましょう。

1-1.薄い板状の屋根材を並べた屋根

スレート屋根とは、薄い板状の屋根材を並べた屋根のことです。スレート屋根の主な種類は、以下の2種類になります。

化粧スレート

  • セメントに繊維などを混ぜて人工的に作ったもの
  • 安価
  • 別名でカラーベストやコロニアルと呼ばれることがある
  • こまめなメンテナンスが必要

天然スレート

  • 天然の粘板岩を屋根材用に加工したもの
  • 耐久年数が化粧スレートより長い
  • 高価
  • 施工可能な業者が少ない

1-2.スレート屋根のメリット・デメリット

スレート屋根のメリット・デメリットを、詳しく見ていきましょう。

1-2-1.スレート屋根のメリット

スレート屋根には、以下のようなメリットがあります。

  • 軽量で耐震性が高い
  • 色やデザインのバリエーションが多い
  • 簡単に施工できる
  • 屋根材の中では安価

地震大国の日本にとって、軽量で耐震性が高いことは大きなメリットになります。

1-2-2.スレート屋根のデメリット

スレート屋根には、以下のようなデメリットがあります。

  • 耐水性に乏しい
  • ひび割れなどの劣化が発生しやすい
  • 定期的なメンテナンスが必要

スレート屋根は、軽くて薄い屋根材であることから、ほかの屋根材と比較してひび割れなどの修理やメンテナンスが早く必要になります。

2.スレート屋根の寿命や耐久年数は?

スレート屋根の寿命や耐久年数について、見ていきましょう。

2-1.スレート屋根の寿命は15~30年程度

スレート屋根の寿命は、15~30年程度になります。スレート屋根は軽くて薄い素材のため、耐震性が高いという反面で耐久性に乏しいことが特徴です。そのため、15年以上経過したスレートは寿命が近いと判断し、交換することを検討してください。中でも、化粧スレートは劣化しやすいので、早めの交換がおすすめです。

2-2.立地条件によっては10年程度で寿命を迎えることがある

スレート屋根の寿命は、立地条件によって10年程度になることがあります。特に、日当たりがよく、台風が多い地域などは、一般的な寿命より早めになるでしょう。そのため、初期費用が安くても、メンテナンス費用が高くなることがあります。

2-3.板金や漆喰(しっくい)が先に寿命を迎えることがある

スレート屋根より、板金および漆喰が先に寿命を迎えることがあります。板金は金属でできているため、さびが発生しやすいからです。また、漆喰も10年程度が寿命といわれていることから、修理サイクルが短くなります。そのため、スレート屋根自体に大きな問題がなくても、修理が必要になることもあるでしょう。

3.スレート屋根が劣化する原因

スレート屋根が劣化するのは何が原因か、詳しく見ていきましょう。

3-1.紫外線

スレート屋根が劣化する原因の一つは、紫外線です。屋根は建物の一番上に位置することから、紫外線の影響を受けやすい場所といえます。特に、周囲に障害物がない建物は、日照時間が長く、紫外線を浴びる量も比例して増えてしまい、スレート屋根の劣化を促してしまうのです。

3-2.風雨

風雨も、スレート屋根が劣化する原因になります。スレート屋根は素材の特性として水に弱く、風雨によって劣化を早めてしまいがちです。また、風雨により汚れが付着することで、色あせしたり素材が変質したりしてしまいます。台風が多い地域などでは、特に劣化が進みやすいといえるでしょう。強風も、スレート屋根に大きな力が加わることにより、劣化を早めることがあります。

3-3.飛来物

スレート屋根が劣化する原因として、飛来物も挙げられます。たとえば、台風により近隣の建物から瓦などの建築材が飛来してスレート屋根に当たるなどにより破損し、劣化が進んでしまうのです。飛来物による破損は、スレート屋根のひび割れや欠損など、すぐに修理が必要なケースが多いので注意しましょう。

3-4.低品質な施工

低品質な施工も、スレート屋根が劣化する原因です。たとえば、作業員の不注意や不慣れにより、スレートに大きな衝撃を与えてしまった、スレートがきちんと固定されていなかったなどが挙げられます。低品質な施工は、スレート屋根の劣化を早め、メンテナンスの手間がかかるだけでなく、メンテナンス費用もかさむことになりがちです。スレート屋根の施工は、丁寧な作業と高品質な仕上がりで評判のよい業者に依頼すべきといえます。

4.スレート屋根を修理・メンテナンスする方法

スレート屋根を修理・メンテナンスする方法について、詳しく解説します。

4-1.再塗装する

スレート屋根の色あせや汚れが気になる場合は、再塗装することで新品のように美しくなります。スレート屋根の塗装は、スレートに防水効果を付加する役割もあるため、劣化すると雨もりすることがあり、注意が必要です。スレート屋根の再塗装は、10年に1回程度を目安に行ってください。

4-2.コーキングでひび割れを補修する

スレート屋根が部分的にひび割れている場合は、コーキングで修理することが可能です。スレート屋根の素材が劣化すると、表面が細かくひび割れてしまうことがあります。ひび割れは、汚れが入り込んでコケが生える原因になるだけでなく、雨もりの原因にもなるため、早めに修理することが大切です。深さ3mm程度のひび割れがごく一部に見られるだけなら、ひとまずコーキングで補修しておくとよいでしょう。

4-3.スレートを部分的に交換する

スレートが部分的に割れている、ひび割れが深い、反りがあるといった場合は、部分的に新しい素材と交換することになるでしょう。部分的な交換で済めば、費用を抑えて高い補修を行うことができます。ただし、スレートを部分的に交換した場合、交換した部分と周囲の部分とで見た目に新旧の差が目立つことがあるので注意しましょう。

4-4.スレートを全面的に交換する

スレート屋根が全体的に傷んでいる場合は、全面的に交換することになるでしょう。ダメージの範囲が広く部分的な交換では対応できない場合なども、全面的に交換する方法が最適解です。なお、スレート屋根の寿命が15~30年程度であることから、特に問題がなくても15年を経過したタイミングで交換を検討するとよいでしょう。スレート以外の屋根材に変更することも、併せて考えてみてください。

5.スレート屋根の点検を依頼する方法

スレート屋根の点検を依頼する方法について、詳しく見ていきましょう。

5-1.信頼できる業者を選ぶ

最初に、スレート屋根の点検を依頼するのにふさわしい業者を選びましょう。たとえば、以下のポイントに当てはまる業者なら、そのまま修理を依頼することになっても安心です。

  • スレート屋根の点検・修理実績が豊富にある
  • 基本的な点検や見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システムがある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 都合のよい工期に合わせてもらえる
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 保証やアフターサービスが充実している

5-2.スレート屋根の点検を依頼する

「5-1.信頼できる業者を選ぶ」を参考にして、信頼できる業者を選んだら、スレート屋根の点検を依頼しましょう。都合のよい日時と場所を伝えると、業者がやってきてスレート屋根を目視などの方法により点検します。点検が終わると、業者からスレート屋根の状態について説明があるので、しっかり耳を傾けましょう。

5-3.点検の結果により修理を検討する

業者からスレート屋根の点検結果を説明された後、引き続き必要な修理についても提案があるはずです。場合によっては、すぐに対応したほうがよいこともあるので、業者からの提案内容をよく吟味し、修理を検討してください。なお、信頼できる業者は、点検時の説明や必要な修理のアドバイスを分かりやすく行ってくれるだけでなく、修理を強要することもありません。さまざまなポイントから正式に修理を依頼するか、よく考えて決めるとよいでしょう。

6.スレート屋根の修理は藤ノ家に依頼するのがおすすめ

スレート屋根の修理は、藤ノ家に依頼すると安心です。

6-1.スレート屋根の修理実績が豊富

藤ノ家では、スレート屋根の修理実績が豊富にあります。修理実績が豊富にあることは、多くの顧客から依頼され続けてきた証拠であり、信頼できる業者であると判断できるでしょう。また、豊富な実績と経験により、個々の状況に合わせて的確なアドバイスを受けられるのもメリットで、実際に高い顧客満足度につながっています。

6-2.現場視察および見積もりは無料

藤ノ家では、現場視察および見積もりが無料なので、気軽に依頼することが可能です。スレート屋根の点検は、スタッフが屋根に上がる必要があるため、業者側にもリスクを伴います。また、スタッフの人件費や手間などを考えると、有料であってもおかしくはありません。しかし、藤ノ家ではあえて無料にすることで、多くの顧客から気軽に依頼できるようにしています。もちろん、現場視察と見積もりだけで終わっても、後から費用を請求されることはありません。

6-3.リーズナブルかつ分かりやすい料金システム

リーズナブルかつ分かりやすい料金システムがあるのも、藤ノ家にスレート屋根の修理を依頼するのがおすすめの理由です。スレート屋根の修理は、個々の状況に応じた対応が必要になることから、費用を一律で提示することは難しいといえます。しかし、藤ノ家では、顧客が安心できるよう分かりやすい料金システムがあり、リーズナブルな設定なので安心です。

6-4.丁寧な作業と高品質な仕上がりで満足度が高い

藤ノ屋にスレート屋根の修理を依頼すると、丁寧な作業と高品質な仕上がりで満足度が高いのも特徴です。修理費用が安いだけの業者にありがちな、低品質な仕上がりになることはありません。藤ノ家では、長年の実績による施工ノウハウにより効率よく作業し、高品質な仕上がりを実現しています。また、スタッフの熟練度も高く、丁寧に作業してもらえる点でもおすすめです。

6-5.希望の工期に合わせてもらえる

藤ノ家にスレート屋根の修理を依頼すると、希望の工期に合わせてもらえるので助かります。スレート屋根の修理は屋外での作業が主になるとはいえ、工期中は基本的に在宅するのが望ましいのに変わりはありません。特に、仕事などで不在になりがちな場合は、都合のよい工期に合わせてもらう必要があるでしょう。その点、藤ノ家では、顧客の都合を最優先して工期を設定しているので安心です。

6-6.スタッフの対応が丁寧で気持ちよく取り引きできる

スタッフの対応が丁寧で気持ちよく取り引きできるのも、藤ノ家にスレート屋根の修理を依頼すべき理由になります。スレート屋根の修理は、家の中でも重要な部分の修理となるため、何かと不安が出るものです。しかし、藤ノ家のスタッフは社員教育が行き届いており、対応が丁寧で感じがよいので気持ちよくコミュニケーションできます。不安な点に対しても親切かつ的確な回答が返ってくるので、不安に感じることもなく、終始気持ちよく取り引きできるのがメリットです。

6-7.保証やアフターサービスが充実している

藤ノ家にスレート屋根の修理を依頼すると、保証やアフターサービスが充実しているのも安心できるポイントです。スレート屋根を修理した後で何らかの不具合が発生した場合でも、藤ノ家では迅速に対応してもらえます。また、アフターサービスも手厚いので、スレート屋根を長くよい状態に保つことが可能です。

7.スレート屋根の修理に関するよくある質問

最後に、スレート屋根の修理に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.施工後15年経過したスレート屋根は必ず修理すべきか?
A.断言できません。しかし、15年程度経過したスレート屋根は、確実に素材の劣化が進んでいます。屋内で快適に過ごし続けるためにも、信頼できる業者に点検してもらい、必要に応じて修理を検討するとよいでしょう。

Q.スレート屋根を修理すれば地震の被害に遭うことはない?
A.断言できません。スレート屋根は耐震性が高いことがメリットですが、想定以上の大きな地震に耐えられる保証はないからです。

Q.スレート屋根の修理はDIYでできる?
A.物理的に可能であっても、おすすめしません。高所での作業になるため、足を滑らせてケガをするリスクが高いからです。また、スレート屋根は破損しやすいため、DIYにより適当に修理を行うとかえってダメージを広げてしまうことがあります。

Q.スレート屋根の修理は前回と同じ業者に依頼すべきか?
A.特に不満がないのなら、前回と同じ業者に依頼してもよいでしょう。反対に、何らかの不満がある、不審な点があるといった場合は、ほかの業者に依頼することがおすすめです。

Q.賃貸物件のスレート屋根を修理したい場合はどうする?
A.まずは、貸し主に相談してください。貸し主に相談した結果、正常に暮らすために必要であれば、修理してもらえるでしょう。なお、賃貸物件は貸し主の持ち物であり、借り主が勝手に修理することは多くの場合で禁止されています。たとえ自己負担で修理しても契約違反になり、退去を求められたり原状回復の義務が発生したりすることがあるので注意しましょう。

まとめ

今回は、スレート屋根の修理について詳しく解説しました。スレート屋根は、軽量で耐震性に優れ、色・デザインのバリエーションが多いことなどがメリットです。また、屋根材の中では比較的価格が安いので、気軽にリフォームしやすいのもよい点でしょう。ただし、ひび割れや破損が発生しやすい、耐水性に乏しいといったデメリットがあるため、こまめなメンテナンスが必要です。気になる点があるときは、早めに修理を依頼してください。なお、スレート屋根の修理は、この記事を参考にして信頼できる業者に依頼すると安心です。