キッチンのレイアウトで悩まない!狭いキッチンでも使いやすく改造!


使いやすいキッチンは、料理が上達することでしょう。しかし、実際にはキッチンの広さが十分に無いために、レイアウトで困っている人が多いのです。そこで、今回はキッチンのレイアウトについて詳しく解説しましょう。キッチンのレイアウトについて知りたい人は、ぜひ読んでください。

  1. キッチンのレイアウトの基本を学ぼう
  2. キッチンのレイアウトの考え方
  3. キッチンのレイアウトの種類と特徴
  4. キッチンのレイアウトを決めるポイント
  5. キッチンのリフォームアドバイス
  6. キッチンのレイアウトでよくある質問

狭いキッチンでも、工夫しだいで使いやすいレイアウトに変更できます。満足できるキッチンレイアウトにするために、記事を読んでしっかり学んでください。

1.キッチンのレイアウトの基本を学ぼう

最初に、キッチンのレイアウトの基本を学ぶことにしましょう。基本を押さえることで、アレンジもしやすくなりますよ。

1-1.キッチンのレイアウトとは

キッチンのレイアウトとは、コンロ・冷蔵庫・調理台・そのほかの調理器具などを使いやすく配置することを言います。キッチンのレイアウトが良いと、料理がしやすく失敗をしにくくなるほか、でき上がった料理のおいしさも格別でしょう。キッチンのレイアウトに問題がある人は、レイアウトを考え直すことが大切です。

1-2.建築においてキッチンのレイアウトの重要性や目的とは

キッチンは、水回りの部類になります。水回りの設計を含めてキッチンのレイアウトを考えることは、建築においても重要なことだと覚えておきましょう。キッチンの配置やレイアウトによって、建築の難易度も異なります。また、長く暮らすことを目的にした家を考えるときは、キッチンのレイアウトを外すことはできません。良い建築かどうかは、キッチンのレイアウトを見るとわかると言っても良いのです。

2.キッチンのレイアウトの考え方

キッチンのレイアウトは、どのように考えると良いのでしょうか。理想のキッチンレイアウトを実現するための考え方を、学びましょう。

2-1.動線(キッチンワークトライアングル)について

見た目がキレイなキッチンでも、実際に使ってみると使いづらくて困るケースが後を絶ちません。棚の位置が悪くて調理用具が取り出しにくかったり調理中の移動がしづらかったりすることは、致命的です。デザインの良さを重視するばかりに、動線(キッチンワークトライアングル)を無視したキッチンではいけません。キッチンのレイアウトは、きちんと動線(キッチンワークトライアングル)を考えたものにしましょう。

2-2.キッチンのレイアウトデザインを考えよう

キッチンのレイアウトデザインは、いろいろな事例を見て考えてください。素人が思い付くパターンには、限界があります。たとえば、書店でキッチンレイアウトの参考書を読んでも良いでしょう。また、キッチンレイアウトに詳しい専門家や工務店のアドバイスを受けるのも良い方法です。ひとりで考えるよりも、プロのセンスやアイデアを参考にしてください。

2-3.キッチンをレイアウトする目的を考えよう

キッチンをレイアウトする目的について、考えてみましょう。キッチンは、毎日の食事を用意するための場所です。キッチンが使いやすいことで、料理もはかどりおいしいものを作ることができると言っても過言ではありません。使いやすいキッチンレイアウトにすることで、毎日の料理が楽しくなることが家族の健康のためにも大切なのです。使いやすいキッチンは、料理への意欲を増すことにも注目しましょう。家族の健康を守るほか、料理の楽しさを増すためにも、理想のキッチンレイアウトを追求してください。

3.キッチンのレイアウトの種類と特徴

それでは、キッチンのレイアウトの種類と特徴について学びます。どんなキッチンレイアウトの種類があるのか、確認してください。

3-1.I型レイアウト

I型レイアウトのキッチンは、壁に沿ってシンク・調理台・調理器具が直線で並んでいる状態です。ひとつの方向だけにキッチンがあるので、狭いスペースでも置くことができる点がメリットとなるでしょう。デメリットは、調理スペースが狭くなる点やダイニングにいる家族と顔を合わせながら調理ができない点です。I型レイアウトの場合は、冷蔵庫を置く位置によっても使い勝手が変わりますので注意しましょう。

3-2.Ⅱ型レイアウト

Ⅱ型レイアウトは、調理台と調理器具の列とシンクと作業スペースの列が並行な形となります。真ん中に立って作業をするとき、効率が良い点がメリットで前後に振り返る動作が多くなる点がデメリットになると思ってください。Ⅱ型レイアウトは、キッチンスペースが縦長の形をしているときに向きます。

3-3.L型レイアウト

L型レイアウトは、キッチンの壁に沿ってシンク・調理台・調理器具をL字型に並べたレイアウトのことです。キッチンのコーナー部分も利用するため、一時的に食料や調理器具を置くスペースを確保しやすい点もメリットとなります。デメリットとしては、I型レイアウトと比べて広いスペースが必要になることだと認識しましょう。

3-4.U型レイアウト

U型レイアウトは、L字型のレイアウトに加えてもうひとつの方向にもキッチンを追加した形になります。メリットは、収納スペースや調理スペースを多く取ることができる点で、デメリットは多人数の作業には向かない点だと覚えておいてください。なお、U型レイアウトは、ひとりで集中して調理をする環境を好む人に高い支持を受けています。

3-5.ペニンシュラ型レイアウト

ペニンシュラ型レイアウトとは、対面型のレイアウトの一種でキッチンの左右いずれかが壁に接している形になっているのが特徴です。ペニンシュラ型レイアウトのメリットは、調理をしながらダイニングの様子を観察でき点で、デメリットは調理中の水はねや油はねが心配な点だと認識しましょう。また、収納スペースが少なくなることが多いため、収納はキッチン部分以外に作ることを考えてください。

3-6.アイランド型レイアウト

アイランド型レイアウトは、キッチンが島のように独立している形になっていることが特徴です。どの方向も壁に接していないため、移動が楽だったり大人数で料理をしたりするときに便利な点がメリットだと覚えておきましょう。デメリットとしては、家電や食器棚の配置が難しい点と収納の少なさを挙げることができます。また、アイランド型キッチンを希望するときは、広いスペースが必要になることも頭に入れておきましょう。

4.キッチンのレイアウトを決めるポイント

キッチンのレイアウトを決めるには、どんなポイントを参考にすると良いのでしょうか。理想のキッチンを作るためにも、レイアウトを決めるときのポイントについて解説します。

4-1.家族構成を考えてレイアウトしよう

キッチンは、家族のための食事を用意する場所でもあります。キッチンのレイアウトは、家族構成を考えて行いましょう。子どもが小さいときは、子どもの事故を防ぐために気を付ける必要があります。また、子どもが成長したときに一緒にキッチンに立つこともあるでしょう。家族構成や、家族の将来を考えたキッチンレイアウトにすることはとても大切です。また、人数が増えるほど毎回の料理も大変になりますから余裕のあるレイアウトにするのが理想と言えるでしょうね。

4-2.キッチンの広さを考えてレイアウトしよう

理想のキッチンレイアウトを実現するためには、広さがあると有利です。しかし、現実には狭いキッチンにため息が出る人もいるのではないでしょうか。キッチンが狭くてレイアウトに制限があるときは、今あるスペースを最大限生かすことができるレイアウトを選びましょう。狭いキッチンでも、アイデアしだいで広く見せたりスッキリと配置したりすることも可能です。色使いや収納の工夫も視野に入れて、考えてみましょう。

4-3.キッチンのレイアウトは収納も考慮しよう

キッチンは、大量の調理用具の収納で悩むケースが多いです。キッチンのレイアウトを考えるときは、調理用具の収納も考慮しましょう。調理用具の収納が十分に無いと、いつでも調理用具が出したままになってしまいます。スッキリとしたキッチンを実現するためにも、収納の量を十分に確保することを忘れないでください。

4-4.家電や調理用具の配置も考えたレイアウトをしよう

今は、高機能なキッチン家電や調理用具がたくさんあります。料理好きな人は、たくさんの家電や調理用具を揃(そろ)えていることでしょう。家電や調理用具の配置を考えたレイアウトにした場合、ますます使いやすくすることができます。家電の機能をフルに使うためにも、また、必要なときに必要な調理用具を取り出すためにも、十分に考えてレイアウトしてください。

4-5.キッチンのレイアウトも価格しだい

キッチンのレイアウトを行うとき、予算を考えることも必要です。理想のキッチンレイアウトにするためには、何かとお金が掛かることを認識してください。価格が高いものでも問題無い人は、選択の幅が広がるのは事実です。しかし、現実として予算に限りがある人が多いことでしょう。キッチンのレイアウトを考えてみて、予算をはるかに超えるような場合は見直しをすることも大切ですよ。

4-6.目的に合ったキッチンのレイアウトをしよう

たとえば、家族が多くて大人数でキッチンに立つこと場合もありますよね。また、お菓子作りが趣味の人は広い作業スペースが必要になることでしょう。自分がキッチンに求めることは何かを考えることも、大切です。目的にあったキッチンのレイアウトを考えましょう。見た目の良さやデザインを優先し過ぎて、目的を果たすことができないのはいけませんよ。

4-7.キッチンのレイアウトにかんする最近の傾向は?

キッチンのレイアウトを考えるときには、最近の傾向にかんしても参考してください。最近は、キッチンのレイアウトの中でもシンプルなものが人気です。ものを見せる収納よりは、スッキリと片付けることができるタイプに注目が集まっていることを知っておきましょう。キッチンには、調理用具や電化製品・食器類などたくさんのものがあります。スッキリと収納できるタイプは、必要不可欠だと考えてください。また、住宅事情の影響から狭いキッチンでも空間を有効活用したタイプも人気です。

4-8.キッチンのレイアウトをメーカーで決める

有名メーカーのキッチンは、洗練したデザインや豊富な機能で大人気です。メーカーのカタログを見て気になったものがある場合は、候補として積極的に考えてください。老舗メーカーは、長年の経験と高い技術力を持っています。好きなキッチンメーカーのレイアウトを取り入れることは、結果として満足なものになるでしょう。

4-9.キッチンのレイアウトにかかわるそのほかのポイント

キッチンをレイアウトするときは、使う人の目線にあった高さを意識することも大切です。たとえば、背の低い人にとって高い位置の棚はとても使いにくいことに気付きましょう。主にキッチンを使用する人の身長や、目線の高さに合わせた配置をすると良いキッチンに仕上がります。スッキリしたキッチンレイアウトをするためにも、キッチンで不用なものは処分することも忘れないでくださいね。

4-10.キッチンのレイアウトは本なども参考にしよう

キッチンのレイアウトは、プロや達人の本を参考にするとイメージしやすいでしょう。今回は、評判の良い3冊をご紹介しますから参考にしてください。

4-10-1.「狭くても、料理が楽しい 台所のつくり方」

後藤由紀子「狭くても、料理が楽しい 台所のつくり方」2016年 日本文芸社
後藤由紀子さんの「狭くても、料理が楽しい 台所のつくり方」は、狭いキッチンを上手(じょうず)にレイアウトしている好例です。キッチンが狭くて悩んでいる人にも、大変参考になるので読んでみてください。

4-10-2.「理想を叶(かな)えたキッチンガイド」

エクスナレッジムック「理想を叶(かな)えたキッチンガイド」2014年 エクスナレッジ
エクスナレッジから出た「理想を叶(かな)えたキッチンガイド」は、理想のキッチンのカタログと言えるほどの充実ぶりが魅力です。キッチンのレイアウト変更でも、特にデザインを重視したい人には参考になる点がたくさんみつかるでしょう。

4-10-3.「プロが教えるキッチン設計のコツ」

井上まるみ「プロが教えるキッチン設計のコツ」2004年 学芸出版社
井上まるみさんの「プロが教えるキッチン設計のコツ」は、女性建築家の立場から使いやすいキッチンについてわかりやすく解説した本です。井上さんは栄養士の資格も持っているため、料理をしやすいキッチンとしても参考になるでしょう。

5.キッチンのリフォームアドバイス

では、実際にキッチンのリフォームを行うときのアドバイスをします。キッチンのリフォームのコツをいくつか紹介していますから、ご覧ください。

5-1.キッチンのリフォームにおすすめの時期は?

何か多忙になる年末年始は、キッチンのリフォームには向きません。キッチンを利用することが多くなるため、子どもの休暇期間やお盆などは外した方が良いでしょう。また、キッチンは水回りのリフォームもあるため、梅雨(つゆ)など雨が多かったり湿気がこもりやすかったりする時期は避けることをおすすめします。できるだけ、晴れが続く時期にリフォームをしてください。

5-2.業者選びのポイントを解説

キッチンのレイアウトを変更するためには、業者にリフォーム工事を依頼することになります。良い仕上がりになるかどうかは、業者しだいと考えましょう。良い業者を選ぶためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • キッチンのレイアウトリフォームで実績が多いこと
  • 工務店としての高い技術力と経験があること
  • 見積もりの段階から親切なアドバイスをくれること
  • リフォーム費用が良心的な設定であること
  • 必要以上に契約を急ぐことが無いこと
  • 希望納期にできるだけ合わせてくれること
  • 利用者の評判が良好でリピート率が高いこと
  • 質問に対して誠実な回答ができること
  • アフターサービスも充実していること

良い業者を選ぶことで、満足できるキッチンレイアウトになります。なお、業者選びのときには、以下も参考にしてくださいね。

藤ノ家:http://www.fujinoya-net.com

5-3.キッチンのリフォーム工事日程について

キッチンのリフォームは、簡単なものは数時間で終了します。しかし、シンクの入れ替えや全体のレイアウト変更など大掛かりなものは数日必要だと考えてください。特に家族が多い場合は、キッチンが使えないと困るはずです。キッチンのリフォーム工事中は、外食や惣菜(そうざい)を利用することを計画してください。また、キッチンの工事は騒音が気になることもあります。子どもの試験前は外すなど、日程調整にも頭を使いましょう。

5-4.キッチンのリフォームの見積もりについて

キッチンのリフォームは、まず、見積もりをもらって検討してください。もらった見積もりを見るときは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 見積もりに日付や社印の押印があるか
  • 見積もりの有効期限の記載はあるか
  • 見積もり内容に不明な項目は無いか
  • 見積金額が不当に高くないか
  • 依頼した工事内容の見積もりとなっているか
  • 納期は希望どおりになっているか

少しでも不明な点がある場合は、契約をする前に業者にきちんと確認しましょう。また、いい加減な業者は、見積もりの対応もいい加減です。見積もりをもらう段階で感じが悪い業者は、契約を見送ってください。

5-5.キッチンのリフォーム費用について

キッチンのリフォーム費用は、多めに見積もっておきましょう。実際に工事をしたときに、追加で工事が必要になることもあるからです。以下は、リフォームに必要な費用の例となるので参考にしてください。

  • キッチンに収納を作成する場合:3万円程度から
  • シンクの入れ替えだけの場合:10万円程度から
  • キッチン全体のレイアウト変更を行う場合:50万円から200万円程度

このほかにも、リフォーム内容によって費用が増減します。自分が希望するリフォーム内容を実現するためには、いくら必要なのかをきちんと把握しておきましょう。特に、水回りや電気設備の導入・変更を伴う場合は、費用が多く掛かることを頭に入れておいてください。

5-6.キッチンのリフォームにかんする注意点

キッチンのリフォームは、信頼できる業者に依頼することが大切です。たとえば、いきなり訪問してきてキッチンのリフォームをすすめてくる業者とは契約をしないでください。中には、特に問題が無いのに重大な欠点があるからリフォームをすぐにするべきだと言ってくる業者もあります。多くの場合、いきなり訪問してくる業者はただ営業成績を上げるためだけにきているため、費用が高いだけでメリットはありません。依頼主のことを考えたキッチンレイアウトを提案できる業者は、豊富な経験を持つことと顧客からの信頼が厚いことが大前提であることを覚えておきましょう。

6.キッチンのレイアウトでよくある質問

キッチンのレイアウトにかんして、よくある質問に回答しましょう。思わぬところで挫折しないためにも、それぞれの内容を確認しておいてください。

6-1.途中でキッチンレイアウトを変更したい場合はどうすれば良い?

キッチンレイアウトを途中で変更したい場合は、どの工程にいるかによって対応が異なります。たとえば、まだ工事に着手していない場合はレイアウトのやり直しも手間が少なくて済むでしょう。しかし、すでにリフォーム工事が始まっている場合、ひとたび工事を中断する必要があります。キッチンのレイアウト変更は多くの人に迷惑が掛かりますから、できるだけ変更しなくて良いようにしてください。レイアウトを変更した場合は、変更のために余分な費用を掛けることにもなります。無駄な費用を掛けないためにも、キッチンのレイアウトは、最初の段階でじっくり考えて決めましょう。

6-2.キッチンの収納を増やすためのリフォームアイデアはありますか?

たとえば、床下収納を作るのもひとつのアイデアです。床下は、通常使う場所ではありません。長期間使わないものを収納するためには、床下収納が力を発揮することでしょう。また、同じ収納設備でも使い方によって収納力に差が出てくるものです。小物類をまとめたり仕切りや小型のつっぱり棒を活用したりするとたくさんのものを収納できるので試してみてください。

6-3.バリアフリーのキッチンにするためには何が必要ですか?

バリアフリーのキッチンは、段差を無くすことを最優先に考えてください。また、できるだけ広いスペースを取ることも大切です。バリアフリーのキッチンにする目的が高齢になったときの準備ならば、背伸びをしなくても届く棚や腰をかがめることをしないでも収納できるスペースを作っておくと良いでしょう。また、バリアフリーのキッチンにかんしては、専門家の意見を参考にすることも検討してくださいね。

6-4.小さな子どもやペットがいる場合、キッチンレイアウトのコツは何?

小さな子どもやペットがいる場合は、キッチンが危険なスペースになることもあります。まずは、小さな子どもやペットが不用意に入ってこないようにキッチンに仕切りを付けてください。将来、子どもが成長したりペットに気を遣う必要が無くなったりしたときに、仕切りを外しましょう。さらに、低い目線でキッチンを見渡したときにケガや災害の原因になるものがあったら取り除いてください。また、キッチンの床に無駄なものを置かないようにすると誤飲を防止できますよ。

6-5.キッチンのレイアウトは何年ぐらいで見直すべきですか?

キッチンにも寿命があるため、新品で導入したシンクでも汚れが取れなくなったり塗装が剝(は)がれたりすることもあります。また、家族構成やライフスタイルの変化で使いづらくなってくるため、数年単位で見直してください。また、キッチンのレイアウト変更には、まとまったお金が必要です。いきなり大きな出費があると大変なため、コツコツと積み立てていくことも考えてくださいね。

まとめ

キッチンが狭くても、レイアウトしだいで使いやすく変更することが可能です。まずは、今のキッチンの状態を把握することから始めましょう。キッチンの広さによっては、理想のレイアウトが実現できない可能性もあります。親切で経験豊富な業者とよく相談をして、リフォーム工事を進めてください。使いやすくて気持ちの良いキッチンは、料理をすることが楽しくなります。自分の理想となるキッチンレイアウトをじっくり研究して、夢を叶(かな)えてくださいね。