キッチンのリフォームを考えている方へ!リフォーム成功3つのコツ


最新の設備が整っている、キレイなキッチンは誰でも憧れですよね。理想のキッチンは新しい家に引っ越しをしなくても、リフォームで手に入れられます。キッチンリフォームを検討中の方に、大切なポイントや失敗例などをご紹介しましょう!

目次

  1. キッチンリフォームのポイントを知ろう
  2. キッチンリフォームの失敗例に学ぶ
  3. キッチンリフォームの相場とは?
  4. まとめ

1.キッチンリフォームのポイントを知ろう

毎日使うキッチンは、清潔で心地よい空間であってほしいものです。

キッチンは料理を作り洗い物をするだけの場所ではなく、家族とのコミュニケーションを図ったり、「食」を楽しんだりするスペースでもあります。

汚れや傷みが目立ち、設備が古くて使い勝手が悪いキッチンは、思いきってリフォームしましょう!

キッチンリフォームはそれなりにお金がかかるので、後で「失敗した」と思わないように、十分に計画を立てて進めてください。

キッチンリフォームのポイントや注意点をご紹介しましょう。

1-1.大切なのは家事動線

家族で話し合った結果、「キッチンリフォームをしよう」と決まったら、まず何から始めますか?

インテリア雑誌やネットなどを参考に、どんなデザインにしようか…を最初に考える人は多いでしょう。

ナチュラルなカントリー風・オシャレなカフェ風・モダンなレストラン風…などと、あれこれとイメージがふくらむのは楽しいのですが、まず先に考えなければならないのが「家事動線」です。

どのような家事動線が一番使いやすいのかは、家族構成や人数、キッチンを使う時間が一番長い人の身長などによって異なります。

基本的には、ガスコンロの隣に調理中の熱い鍋を置けるワークトップがあり、続いて大きめのシンクと食器洗い乾燥機が並んでいるなど、使いやすい構造になっていることが大切です。

普段キッチンでどのような流れで作業をするか、電子レンジやオーブンなどは使いやすい場所に置けるか、調理中に冷蔵庫からスムーズに食材を取り出せるかなど、家事動線を考えながら配置を決めましょう。

1-2.身長に合わせた作りにする

キッチンリフォームのときに意識したいのは、使う人の身長に合ったサイズで設備を作るということです。

洗い物をするシンクや作業用のカウンター、コンロなどは、キッチンを常に使う人の身長に合わせないと疲れます。

腰や腕が疲れるような高さの設備では、途中で休みながら作業をしなければならず効率も落ちるでしょう。

デザインだけではなく「サイズ」も重視してください。

小さなお子さんがいるご家庭では、お子さんの手が届く高さに熱をもつオーブンを置くスペースを作らないなどの配慮も必要でしょう。

1-3.収納スペースは十分に確保しよう

キッチンリフォームのときに大切なのが、十分な収納スペースの確保です。

食材やキッチン用品、食器などがあふれているキッチンは見た目が悪いだけではなく、使い勝手も悪いので料理や後片付けが苦痛になってしまいます。

収納スペースが十分にあれば、食材・飲み物・洗剤やゴミ袋のストック・ひんぱんには使用しない食器や調理家電などを片付けられるのです。

いつでもキレイな状態をたもてるキッチンなら、急なお客さまが来ても慌てずに済むでしょう。

家の構造にもよりますが、もしスペースがあるならウォークインタイプのパントリーもおすすめです。

人が中に入って歩けるだけのスペースがある食材収納庫のことで、さまざまなものを収納できます。

家族や来客が多いご家庭にはぴったりでしょう。

ウォークインパントリーを作るときには、換気システムにも気を付けてください。

1-4.ゴミの保管スペースは広めに

キッチンは大量のゴミがでる場所です。

リフォームのときには、生ゴミ・リサイクルゴミ・不燃ゴミに仕分けしたゴミ箱を置く場所を広めに確保しましょう。

また、ゴミの保管スペースは、料理や洗い物などをするときにジャマにならないような場所に設けてください。

1-5.掃除のしやすさも大切

キッチンリフォームのときは、自分のイメージに合ったデザインやカラーリングにしたいものです。

しかしながら、見た目ばかりを重視してもいけません。

キッチンの壁や収納の扉、シンクやガスコンロなどは、汚れが付きづらく掃除がしやすい素材を選びましょう。

床は食べ物や調味料が落ちやすい場所なので、汚れが目立たない色のほうがおすすめです。

1-6.キッチンのレイアウトを決める

細かい設備を決める前に、まずはキッチンのレイアウトを先に決めましょう。

キッチンリフォームは、家の構造や広さによりどこまで可能なのか異なるため、リフォーム会社と相談が必要になります。

しかしながら、最初に自分たちのイメージを決めておくことが大切なのです。

代表的なキッチンのレイアウトとしては、以下のようなものがあります。

  • I字型キッチン…シンク・調理台・コンロを横並びに配置した、一番シンプルなレイアウトです。
  • Ⅱ字型キッチン…壁に沿ってガスコンロと調理台を置き、並行にシンクや作業台を配置するタイプのレイアウトです。一人がコンロで調理し、もう一人はシンクで洗い物をするなど、二人以上の作業が可能になります。
  • L字型キッチン…シンクとガスコンロ、作業台がL字にレイアウトされたキッチンで効率的に作業ができます。
  • U字型キッチン…コの字型にシンク・ガスコンロ・作業台がレイアウトされたキッチンです。
  • アイランド型キッチン…壁面にキッチンを配置するのではなく、「島」のように独立してダイニングに置くタイプです。

2.キッチンリフォームの失敗例に学ぶ

キッチンリフォームで「失敗した!」という声も少なくありません。

代表的な失敗例を挙げてみましょう。

2-1.対面キッチンにリフォームしたけれど…

  • 「ダイニング側に向いて調理ができ、家族とコミュニケーションが取りやすい対面キッチンにした。しかし、キッチンもダイニングも狭くなってしまった」
  • 「Ⅱ字型キッチンにしたが、通路が狭くて動きづらい」

2-2.アイランド型キッチンにしたけれど…

  • 「独立型のアイランドキッチンにリフォームして、見た目はオシャレになった。しかし、重なった洗い物や使用済みの鍋など散らかっている状態もお客さんからも丸見えになってしまった」
  • 「アイランド型キッチンの周囲を、ぐるぐる子供が追いかけっこして危なかった。結局、後からサクを作らなければいけなくなりムダな出費がかさんだ」

2-3.機能を充実したつもりだったけど…

  • 「シンクを大きくして食器洗い機をビルトインにしたり、コンロを3口のIHにしたりと、充実させたつもりだった。しかし、実際に使ってみると、調理スペースが少なく、シンクの上にプレートを渡して作業しなければならない」

2-4.素材選びに失敗してしまった…

  • 「掃除のしやすい床材を選んだものの、ツルツルと滑りやすく、常に気を付けなければいけない」
  • 「カフェ風のむくの木を使ったカウンターにしたら、ぬれた鍋などを置くことも多かったので黒ずんでしまった」

2-5.ゴミを置く場所が無い

  • 「オシャレなインテリアにこだわったあまりに、ゴミバケツを置く場所がなくなってしまい、廊下に置かなければならなくなった」

3.キッチンリフォームの相場とは?

キッチンリフォームの費用は、家の構造や要望によって異なるので定価はありません。

リフォーム会社に依頼する前に、インターネットの見積もりサイトなどを利用していろいろな例を調べるのがおすすめです。

さまざまなリフォーム例とその金額を見れば、自分の希望するキッチンリフォームにはどれくらいの予算が必要なのか見当が付くでしょう。

また、一般的な例を挙げると…

  • 交換リフォーム…50万円〜
  • 交換+内装変更リフォーム…100万円〜
  • 移動+内装変更リフォーム…170万円〜
  • 壁を取り去りキッチンをオープンにリフォーム…230万円〜

となっています。

キッチンリフォームで一番お金がかかるのはシステムキッチンです。

また、同じ機能でも材質により大きく金額は異なってくるので、どこにこだわるかを決めてから予算を組みましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

ここではキッチンリフォームを検討中の方のために、リフォームが成功する3つのコツをご紹介しました。

  1. キッチンリフォームのポイントを知ろう
  2. キッチンリフォームの失敗例に学ぶ
  3. キッチンリフォームの相場とは?

キッチンリフォームは、誰でも夢がふくらみます。

しかしながら、家事動線や機能、掃除のしやすさなどいろいろな条件を考えなければいけません。

リフォームの前に知っておきたいポイントや、失敗例などを学び予算を決めてからデザインなどを考えましょう。

新しいキッチンで、快適な「食」空間を手に入れてください。